セミリタイアした草野球選手の日常ブログ「ポテンヒット」

【マニラ】ニノイ・アキノ空港第2ターミナルのラウンジはプライオリティパスでは入れないのでトランジットがメッチャひま

フィリピンの首都マニラにあるニノイ・アキノ国際空港。ターミナルが全部で4つあるのですが、プライオリティパスで利用できるラウンジは第1ターミナルと第3ターミナルにあるMarhaba LoungeとPAGSS Premium Loungeのみ。第2ターミナルのMabuhay Loungeは対象外です。

ニノイ・アキノ国際空港の第2ターミナルはフィリピン航空専用

ニノイ・アキノ国際空港の第2ターミナルはフィリピン航空とPALエクスプレスの専用ターミナルとなっています。第2ターミナルにはフィリピン航空専用のMabuhay Loungeしかなく、利用できるのはビジネスクラスの乗客のみとなります。

またビジネスクラスでなくても、ANAの上級会員であれば利用できます。最近はプラザ・プレミアム・ラウンジもプライオリティパスの対象から外れたこともあり、いよいよぼくも航空会社の上級会員を目指すぞと心に決めた次第。ハピタス経由でANAカードを発行して、マイルを貯めよう。

プノンペンのプラザ・プレミアム・ラウンジ

ニノイ・アキノ国際空港のターミナル移動

第2ターミナルのラウンジが使えないなら他のターミナルへ行けばいいじゃない、と思うじゃないですか。ところがニノイ・アキノ国際空港のターミナル間はかなり離れているので徒歩での移動は困難です。

移動方法としては空港のシャトルバスを利用するか、タクシーを利用するかが主な方法。シャトルバスは24時間運行しており無料で乗ることができますが、運行間隔がおよそ30分に1本なのでタイミングがよければすぐに乗れるし運が悪いと30分以上待つこともあるそうです。移動順序はターミナル1→ターミナル2→ターミナル4→ターミナル3。

タクシーの方がすぐに乗れて便利ですが、もちろん有料(100〜300ペソくらいが相場)で空港内を走ることはできないので一般道を使っての移動になります。タイミングが悪いと渋滞に巻き込まれて予想以上に時間がかかることもあるらしい。

いずれにせよターミナル移動をする際は一度フィリピンへの入国手続きも必要になり、加えて2022年11月現在はワクチン接種回数による制限もあります。ターミナル移動はかなりの労力がかかるので、フィリピンに慣れていない人やトランジットの時間が少ない人、ワクチンの接種状況によってはおすすめできない選択肢。ラウンジ目的でなく、乗り継ぎの際もなるべく同じターミナルで乗り継ぎできるように予約した方がいいです。

まとめ

ちなみにニノイ・アキノ国際空港の第2ターミナルは、ゆっくり座って時間を潰せる飲食店が少なく、Wi-Fiも数時間で使えなくなったり、使う度にブチブチ切れたりするのでなかなか退屈です。到着前に読みたい本や漫画、映画やゲームなどのコンテンツをダウンロードしておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です