カンボジア旅行では電源プラグ・コンセント形状はそのまま使える

カンボジアに初めて旅行をされる人には気になって夜も眠れなくなってしまうコンセントの形状。来たことある人ならわかると思いますが、結論としては、日本のAタイプのコンセント形状がそのまま使えるので全く気にしなくてOKです。

カンボジアの電源プラグ・コンセントの形状はそのまま使える

カンボジアでも使える日本のコンセントプラグ

カンボジアではこのような日本と同じ形状のものが使えます。なので変換プラグとかはこの為だけに買わなくてもOKです。よかったですね。浮いたお金でアンコールビールをがぶ飲みしてパブストリートを徘徊しましょう。

カンボジアのコンセントの形状

カンボジアのコンセントの形状

こちら、カンボジアでよく見かけるタイプのコンセント差込口。これ一つで三箇所に差し込めるようになっています。

カンボジアのCタイプコンセント

カンボジアではいわゆるCタイプという形状が一般的ですが、カンボジアのコンセント差込口には日本のAタイプもカンボジアのCタイプも差し込めるような設計になっています。

カンボジアのコンセントに日本のプラグを使用

ここ。

カンボジアのコンセントに日本のプラグを使用している例

ここは縦。

コンセントDタイプ

左下の部分はこう言ったダグトリオみたいなプラグの先端が差し込めるようになっていますが、ここも二本タイプでいけます。

カンボジアのコンセントに日本のプラグを使用してみた

ほら。

カンボジアの電圧も原則気にしなくてもいい

日本とは異なる電圧のカンボジアですが、旅行で訪れる際に持って来るような電子機器類なら変圧器なしで充電が可能です。

旅行で持ち歩きそうな電子機器類といえば

  • パソコン
  • タブレット
  • スマホ
  • デジカメ
  • ドライヤー
  • 電気シェーバー
  • コテ

くらいですよね。

この辺のものは基本的に変圧器なしで使えるものばかりです。最近の電子機器類は世界中で使えるユニバーサルタイプのものも多いですが、メーカーや製造年月日によって異なるので変圧器の購入を考える前に一度チェックしてみると無駄買いしなくてすみます。

電圧が240Vまで対応しているか次第ですのでご自身の商品がどうなのかチェックして見てください。充電器や本体に「INPUT:100-240V」みたいな記載があれば変圧器なしで使えます。

またドライヤーはホテルの各部屋に備え付けがある場合やフロントで貸し出しをしているところもあるので、事前に問い合わせて荷物を減らすことも可能。

もしくは頻繁に海外旅行へ行く人は、各国の電圧に対応したコンパクトタイプを持っておくと便利。

コイズミ ヘアドライヤー タイニー 海外対応 ブラック KDD-0016/K
コイズミ(Koizumi)

ちなみにぼくは日本で買ったバリカンをカンボジアでも使っていますが、対応電圧が240Vまでいけるものを買ったので変圧器なしで使っています。

バリカン

パナソニックのコードレスで使える防水バリカンを買って髪を切りに行く時間を断捨離した

まとめ:カンボジアはコンセントそのままで大丈夫

ということで、カンボジアに旅行で来る場合は日本で使っている電子機器類がそのまま使えることがほとんどなので、コンセントの形状は気にしなくてOKです。

「カンボジアは日本とはコンセントの形状が違うので事前に変換プラグを買いましょう」って書いている人は多分来たことないんだと思います。

今後も引き続きいろんな国へ旅行をするぞ!って場合はコンセントの形状を変えられる変換プラグを持っておくと便利ですが、カンボジア旅行のためだけに買う必要はありませんよって話でした。

日本と違うコンセント形状の国へ行く時の充電器系アイテム

海外旅行に必要なコンセント変換プラグ変えたら全世界対応だけでなく日本でも使えて便利すぎ

カンボジアの関連

アンコールバルーン

アンコールバルーンの気球に乗ってアンコールワット見るの最高だったのでおすすめ

ロリュオストムの帰り道の夕日

カンボジアのシェムリアップに住んで2年が経ったので住みやすさを伝えようと思う

ロリュオストムの様子

ガイドブックに載っていない秘境!カンボジアとタイの国境のロリュオストムへ行ってきた

おすすめの虫除けアイテム

海外生活や旅行で役立つ虫刺され対策薬おすすめ3つ

日本とシェムリアップ往復はベトナム航空が乗り継ぎ時間短いし安くて快適だしLCCよりお得でおすすめ