カンボジアでおすすめの日本人経営スパ「スパ・クメール」を訪れてマッサージ受けたのでレビュー

スパといわれる場所に行って来ました。そのような場所とは無縁そうなこの私が。旅先でスパやマッサージを楽しみにしている人も多いですよね。

今回は、カンボジアの伝統医療を受け継ぐ確かな技術を持ちながら、英語が苦手な人でも安心の日本人経営のお店「スパ・クメール」に行ってまいりました。

世界遺産アンコールワットへ訪れる予定のある方で、スパをお探しでしたら訪れてみてはいかがでしょうか?

スパ・クメールとは

古代カンボジアの、アンコール王朝時代から受け継がれてきた自然の恵みいっぱいのクメール伝統医療法に、現代の美容とリラクゼーションの技法を加えたサービスを提供しているスパ施設。

伝統医療に基づく問診から体質を診断し、自分自身のためにだけに導き出されるカスタムメイドの施術。

簡単にスパ・クメールのこだわりを紹介します。

こだわり1 体質診断

カンボジアハーブの伝統療法士『クルクメール』の考えを元に開発された体質診断チェックを行なっています。

診断結果に基づいて一人一人に合わせたハーブやオイルを使用しており、トリートメントの後は日常ケアのアドバイスもしてくれます。

こだわり2 高品質な施術とサービス

日本人トレーナーが一から開発・指導した。完全オリジナルのカンボジア式施術です。ゲストに対応するスタッフは全員日本語が堪能で、日本式の高品質なサービスが楽しめます。

メニューと料金は下で説明しています。

こだわり3 タナム・チュポン

800種類以上もの薬草や鉱物から厳選されたハーブを使用しているカンボジア式の伝統サウナ。体内バランスを整え、自然治癒力を高めるクメール伝統医療は体内のデトックスを高めてくれます。

こだわり4 モダンで心安らぐ施設

「伝統とモダン」「無機質と自然」といった対比するコンセプトを、カンボジアの豊かな自然と文化に合わせてデザインされた施設は完全プライベート空間です。

極上の体験が待っています。

スパ・クメール体験記

16時の予約になっていたので、10分前くらいに行きました。もうすでに見た目がハイソです。

Tシャツ・短パンで来たことが恥ずかしくなるくらい・・・。

なんか久しぶりにこういうお店に来て、緊張していました。実は。

受付・カウンセリング

店内に入ると水上に浮いたようなソファが準備されていて、そこでウェルカムドリンクを飲みながら、簡単な問診票が渡されます。日本語の問診票なので、英語が苦手な人も安心です。

ぼくは「アンチ・ストレス・マッサージ」というコースを勧められたので、そちらを受けることにしました。決してストレスフルで働いているわけではないです。はい。

個室ビラへ移動

問診が終わるとガーデンを通って個室のビラへ向かい、着替えを済ませます。このガーデンでは、スパ・クメールが扱うハーブが栽培されていて、先ほどの問診票の結果に合わせて必要なハーブを調合して使用してくれます。

自家栽培ハーブを一人一人に合わせて使用するこだわりが、本物の匂いをさらに漂わせます。

個室ビラは完全にプライベート空間になっています。

シンプルかつおしゃれ〜な空間は、自分の仕事場の参考にもしたいくらいです。

ベッドの上に着替えとタオルが用意されているので、こちらを使用します。

足湯

着替えを済ますと別のガーデンへ移動して、足湯で足を温めてからフットマッサージ、続いてヘッドマッサージをしてくれます。

庭先でマッサージなんて贅沢すぎます。

スパ・クメール内のガーデンの奥にはカンボジアらしい風景が。時間帯によっては、ここから見える夕日も最高なんだとか。

ちなみにぼくの足に塗られているジャリジャリは、庭で採れたハーブの粉末をお湯になじませたもの。

ぼくの足の汚れではございません。マッサージの強さは3段階あって、お好みの強さをあらかじめ選ぶことができます。

ちなみに、ここで働くスタッフの多くは農村部で生活していた子たちらしく、綺麗な容姿とは裏腹にわりかし力強いってのが印象的です。

ぼくは真ん中のレベル2でお願いしました。

フットマッサージ、ヘッドマッサージが終わると、ここでもドリンクが。

アンコールワットから拝む朝日をイメージして作られたバタフライピーティーにマンゴーのジュレ?みたいなものが入っています。

付属のライムを絞ると色が変わるという、ちょっとした仕掛けもゲストの心をくすぐってくれますね。

ビラ内でカンボジア伝統サウナ「チュポン」を体験

フットマッサージが終わると個室へ戻って、30分ほどサウナで汗をかきます。

サウナといっても、日本の銭湯とかにあるような気温の高い修行部屋のような感じではなく、ハーブを蒸したカンボジア伝統のサウナ「チュポン」の形式です。ほのかに暖かい空間にゆっくり座っていると、驚くほど汗が出て来ます。

日本のサウナでの我慢と忍耐はなんだったのかと思うくらい快適なサウナです。

チュポン体験後は冷たいハーブティーが用意されていて、適時水分補給ができるのも嬉しいポイントです。

オイルマッサージ

チュポンの後は引き続き個室でオイルマッサージを受けることになります。

最初に指定した強さでやってくれるので心地いいのはもちろん、途中で強すぎたり物足りなさを感じたらスタッフに言えば対応してくれます。(日本語で大丈夫)

マッサージ中は爆睡してしまったので、あんまりレポ内容がないです・・・。

個室ビラから望むスパ・クメールのガーデン。

シャワーを浴びて受付へ

マッサージが終わったら個室内のシャワーを浴びます。シャンプー、トリートメント、石鹸が用意されるのであらかじめ用意して持っていかなくて大丈夫です。

水圧も強いので、マッサージの後に体に残ったオイルもしっかり洗い流せます。

体質診断に基づく日常ケアのアドバイス

シャワー・着替えを済ませて受付へ戻ると、季節のフルーツを使用したデザートとドリンクが用意されています。

ここでは、最初に行なった体質診断に基づいて日常ケアのアドバイスをしてくれます。

こんな感じで一枚の用紙にまとめてくれていて、もちろん持ち帰ることもできます。

スパ・クメールのトリートメントメニューと料金表

1Dayトリートメント 5h $145

  • ウェルカムドリンク
  • 体質診
  • 足湯
  • チュポン
  • ランチ
  • オイルマッサージ
  • ハーブのスクラブ
  • ティータイム
  • フェイシャル
  • アフタードリンク
ストレス社会で疲れた方へおすすめの、非日常空間で贅沢なひと時を過ごすスパ三昧コース。旅の最終日におすすめしたい、心と身体をリセットできる1日コースになっています。

一番人気! デトックススペシャル

  • ウェルカムドリンク、
  • 体質診断
  • チュポン
  • オイルマッサージ
  • ハーブのスクラブ
  • アフタードリンク

チュポンで汗をかいて代謝を高め、オイルマッサージでリラックス、ハーブスクラブで角質のケアを行うデトックスのパッケージコース。

90分$55、120分$69、180分$105と希望する時間や予算に合わせて選べます。一番人気は120分のコース。

ベーシックコース

  • カンボジア伝統マッサージ(オイル無し)…70分 $45
  • ハーブオイルのアロママッサージ・・・70分 $50
  • ハーブの伝統サウナ&スクラバマッサージ・・・60分 $50
  • ハーブの伝統サウナ&フルーツパック(ヘアパック付き)・・・60分 $50
  • 脚のマッサージ(ハーブのスクラブ&オイル)・・・60分 $40
  • フェシシャルトリートメント・・・65分 $50
  • アンチストレススペシャル・・・120分 469(今回ぼくが受けたのはこちら)

いずれも、上記の料金に加えて10%が課税されます。支払いはUSドル、カンボジアリエル、日本円、クレジットカードの利用も可能です。

まとめ

最初から最後まで随所に見られる、おもてなしの心満載のサービスは、さすが日本クオリティでした。安心の日本人経営、確かな技術を持つ明るいスタッフ、厳選されたこだわりのハーブ類。

カンボジア・シェムリアップを訪れる予定のある方で、スパをお探しでしたら一度検討されてはいかがでしょうか?

スパ・クメールへの予約、問い合わせ

Tel:+855(0)11-345-039(日本語・英語対応)

HP:http://www.spakhmer.com/

Mail:info@spakhmer.com

火曜日は定休日です。宿泊しているホテルまで無料の迎えもあります。

期間限定プレゼント企画(終了しました)

こちらの企画は全て終了しました。次回プレゼント企画をお楽しみに!

2017年〜2018年の年末年始をカンボジア・シェムリアップで過ごされる予定の方に、プレゼントのご案内です。今回、ぼくが施術していただいた「アンチ・ストレス・スペシャル」の2時間コースの30%割引チケット差し上げます。

期間・人数ともに限りがございますのでお問い合わせはお早めに!

ご希望の方は、北川勇介の各SNSでのDMか下記メールアドレスからどうぞ!

info[a]yusukekitagawa.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。