無印良品のパスポートケースが海外旅行には最高だから貴重品管理にぜひ

旅行の際の予備用の財布兼パスポート入れとして使える無印良品のパスポートが便利です。こういう一個で複数の使い方ができるアイテムは荷物が減らせて便利。

パスポートの保管方法

無印良品のパスポートケースを開くと左側にパスポートがすっぽり収まるメッシュポケットがあります。

おすすめは原本をここに保管しながら、顔写真のページを写真に撮ってスマホ保存しておくと飛行機内とかで出入国カードや税関書類を記入する際に楽です。

ぼくはこの写真をDropboxなどオンライン上に保管しています。こうしておけば、最悪の最悪身ぐるみ剥がされてパスポートもスマホもパソコンも失ったとしても近くのインターネットカフェなどに行って印刷すれば大使館での再発行もスムーズ。

海外で更新したパスポートを持って陸路で出国しようとしたらできなかった

カンボジアの日本大使館でパスポート更新方法とか申請から発行までの期間とか費用とかまとめ

無印良品のパスポートケースのいいこと

  • パスポートの保管ができる
  • エアチケットの保管ができる
  • 予備のお金が保管できる
  • 予備のカード類が保管できる
  • 小銭も保管できる
  • 筆記用具も保管できる

パスポートの保管ができる

パスポートケースと謳っているので当たり前。貴重品なので必要ない時はしっかり保管しておこう。

搭乗券が保管できる

外側のポケットは飛行機の搭乗券がジャストで収まるサイズなので発見されたチケットはここに入れておけば安心。

予備のお金が保管できる

現地で使わないお金とか過去の旅行で残った外貨とか両替する予定がない日本円とかもしもの時のUSDとかを入れています。

予備のクレジットカードも保管できる。

予備のクレジットカードとかキャッシュカードとかもこの中でスタンバッています。出番あったら困る状況だけどないと困るので本当予備。お守り代わり。

小銭も保管できる

重くなるので気は乗りませんがファスナーもあるので小銭の保管もOK。

筆記用具も保管できる

旅先で何かと必要になる筆記用具もパスポートケースに挟んでおけばわざわざ筆記用具入れを持ち歩く必要も無くなります。

パスポートケースのデメリット

あまりないですが、色々入れてあるのでスられたらめんどいってことくらいですが、メインの財布だろうが予備の財布だろうがスられたら気持ちは落ちるし、手続きめんどくさいのでこれはもう用心するしかないです。

貴重品類はいろんな入れ物に分散するという考え方もありますが、何をどこに入れたか探すのも手間だし、いくつもの荷物に気を配るより「こ、これだけはっっ!!お代官様〜!!!!」ってものを一つ死守する方が楽です。

対策とか代案とk

心配な人はカスタマイズしてチェーンをつけるか、こういう類もいいのではないでしょうか?

首から下げる式のもの。これ実は、ぼく自身は使用していないのですが、彼女は首から下げる式のものを長年愛用しているそうです。夜行バスなどの際には、さすがに寝ている間まで気を配れないので貴重品を衣類の中に隠しておけば、カバンの中よりはやや安心ですよね。

ぼくの友人は強盗に遭って背負っていたカバンさら持って行かれたけど、首から吊るして衣類の中で守り抜いた貴重品があって助かったって話はしていました。

まとめ

ということで無印のパスポートケースでパスポートも予備のお金も保管しています。

極端な話、財布とスマホとパスポートがポケットにあればなんとかなるのですが、何があるかもわからないので保管所兼予備のお金たちってスタンスがなんだかんだ使いやすい。

2013年に初めて一人で海外へ行った時から使っていますが、不具合も不便も過度な消耗もないのでこれからもお世話になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。