ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




WORLD INFO

【超簡単】日本国外でのパスポート更新と申請から発行までの期間や費用

投稿日:

現在、生活の拠点を置いているカンボジアでパスポートを更新しました。

超絶簡単だったので、紹介します。

滞在している国によって異なる部分もあるかと思いますが、その辺は予めご了承ください。





海外の日本大使館でパスポートを更新する方法

日本大使館の場所と開館時間を事前に調べておきましょう。

土日祝日などに加えて、その国の祝日も閉館日になっている可能性もあります。

 

場所と開館時間がわかれば突撃するだけです。

事前予約も必要ありません。

 

申請期間中はパスポートを預けることになるので、必ず事前にコピーをとっておきましょう。

 

個人情報の取り扱いに関して

記入が求められる「本籍地」「現住所」「電話番号」等が曖昧な人は事前にノートやメモ用紙に書いておきましょう。

スマホやタブレットなどで個人情報を管理している人は注意です。

 

パスポート申請から受け取りまでの期間と費用や必要なもの

パスポートの更新に必要なものは以下の通りです。

  • 現行のパスポート
  • 証明写真(4.5×3.5cm)
  • 申請書類(大使館でもらえる)
  • 手数料(受け取り時に支払い)

 

ぼくが大使館を訪れたのは5月21日の朝。

この日は、現行のパスポートと証明写真だけ持って行きました。

 

窓口で申請書類をもらって、必要事項記載後に証明写真を添えて窓口に出すと受取日が書かれた引換券が渡されます。

初日はこれで完了。

 

申請から2日後の5月23日、無事に新しいパスポートを手に入れました。

受取日は、引換券と手数料を持って再度日本大使館へ向かい新しいパスポートをもらいます。

古いパスポートは穴が空いて返却されます。

 

カンボジアで申請した場合の手数料は以下の通り。

10年パスポート・・・570,000リエル($142.5)

5年パスポート・・・395,000リエル($98.75)

カンボジアは4,000リエル=$1で換算されることが多く、街中ではリエルでもドルでも支払いが可能ですが、大使館の場合は必ずリエルをお釣りなく用意して行きましょう。

大使館内でドルからリエルの両替はしてもらえませんので、予め両替所等で準備しておいてください。

まとめ

ということで、海外(カンボジア)の日本大使館でパスポートを更新する方法についてまとめました。

海外でパスポートを更新しようと思っている方の参考になりましたら嬉しいです。

 

パスポートの更新自体は超絶簡単なのですが、この後実は「出国」に関して若干トラブりました。

その辺の記事はまた別でまとめます。(関連記事:【出国不可】海外でパスポートの更新をしたら出国する前に注意したいたった1つのこと

 

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-WORLD INFO

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.