ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




LIFESTYLE

【5泊6日のベトナム旅行】カバン選びはフォロワーに委ねてグレゴリーのデイ&ハーフ

投稿日:2018年5月22日 更新日:

今回の旅のカバンは、ご覧の通り「デイパック」に決定しました。

ご参加くださいました、Twitterのフォロワーの皆さんありがとうございます。





SNSで決める旅のカバン選び

こんな感じで気軽に呼びかけをしてみました。

旅に必要なものは人ぞれぞれ違うからこそ、自分とは全く異なる他人にカバン選びをしてもらう。

そのカバンの中に入りきるだけの荷物を持って旅に出る。

そんな試みをしてみました。

これ、癖になりそうなので、これからこうやってカバン選びしようかな。

 

反応があると素直に嬉しい

アンケートもそうですが、リプやいいね、リツイートなどSNS上で反応があるとやはり嬉しいものです。

今回のアンケートは締め切りの時点では「エコバック」と「デイパック」が同票数だったので決め切れませんでした。

そこで再度、呼びかけてみた。

「一番最初にリプくれた人の意見に従います〜」という趣旨のツイートをしたら、即リプがあったので約束通りデイパックにしました。

たった一通の「いいね」や「リプライ」も大切にしたいから。

SNSで反応することも世界を創る要素大切なだから。

 

その一人を大切にできる発信者でありたいから

SNS上ではおもしろい人がたくさんいるのですが、そんなおもしろい人たちもあくまでフォロワーさんに支えられているから「影響力を持てる」のだと思います。

 

今結構いろんな人が、ブログのPV数とかSNSのフォロワー数とか、そう言った目で見える数字だけに踊らされているとも感じるんです。

確かに、見た目のわかりやすさが数値で表せると信用の指標にもなる。

 

だけど、それも大事な一要素だけど、それだけではない。

まず大切にしなくてはいけないのは、何もない時から一緒にいてくれた少数の人たち。

ぼくはそう考えています。

千人、一万人のフォロワーの前に、フォロワー数二桁の時からずっと見ていてくれる人たち。

 

だからこそ、SNSって誰かとオンライン上でコミュニケーションを取るためのツールっていう認識を持っておきたいなと思って、今回はこうしてカバン選びをフォロワーさんにお願いしました。

 

リュック一個で行く旅のメリット

何を持って行くか?は公開しないでカバン選びだけをフォロワーさんにお願いをしたので、カバンが決まってからパッキングをしました。

 

カバンの容量に応じて、詰め込むものが変わるということは、絶対必要なもの以外は主観で選んでいることがほとんど。

身の回りには、実は無くてもいいものばかりであって、カバンに容量があったりすると「あれもこれも」と詰め込んでカバンを重くしがちになる。

その時点で、身の危険を自分で引き寄せている。

 

カバンは重たいより軽い方がいいに決まっている。

大きいより小さい方がいいに決まっている。

必要だと思って詰め込んだものも、案外必要なかったりすることに気付くのが移動生活のメリットです。

 

まとめ

決まった場所で管理し切れないほどのモノに囲まれた生活の中ではな感じないものが、移動生活にはたくさんある。

それは自分の所有物がカバンの中身に限定できるから。

 

自分で管理し切れない量や取り扱えない大きさのものは、自分の首を絞める結末になるのです。

 

今回は、久しぶりの旅のカバン選びをフォロワーさんに委ねることで、持って行くカバンの中身選びを見直すきっかけをもらいました。

ご協力(反応して)いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 

引き続き、こう言ったみんなで創るプチ企画やっていこうと思いますので、ぜひTwitterのフォローもよろしくお願いします。

 

▼今回の旅で選ばれたデイパックの記事はこちらです。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.