カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

5泊6日ベトナム旅行のカバンの中身

普段住んでいるカンボジアのシェムリアップから首都のプノンペンを経由してベトナムのホーチミンまで向かいます。

ベトナム旅の目的と経路

  • 在カンボジア日本大使館でパスポートを更新
  • 一度出国して再入国時に新規でビザを取得

という理由からお隣のベトナムを選択。タイ・カンボジア間の国境は何度も経験があるもののベトナム・カンボジア間の国境は行ったことないぞ!なんならベトナムそのものに行ったことないぞってことで、カンボジアの首都プノンペンからはバス移動で陸路で国境越え。ベトナムはホーチミンを目指します。

ベトナム旅行のカバンの中身

今回の旅の持ち物です。

MacBook Air

おなじみの仕事道具。隙間時間にサクサクやります。ケースもおなじみFREITAG。

FREITAGのSLEEVE FOR MACBOOK

Nikon D750

行ったことない国へ行くのにテンションが上がったのでいい感じの写真を撮ろうと思ってフルサイズ一眼レフを連れ出しました。

外付けHDD

撮った写真とかを保管しておく用。特にこだわりはなくて三年くらい前に買った2TBのやつ。そろそろ一杯になりそうなので新調したい。

iPhone5S

SIMフリーのiPhoneSEがほしい

今だに愛用中のiPhone5S。続々と新しいiPhoneが出るので完全に買い替えるタイミングを失っている。この際壊れる手前まで行こうと思う。

SIMフリーのiPhoneSEがほしい

BOSE Soundrink Micro

ホテルとかプールサイドとかでいい音で好きな音楽を聴こうと思って持ってきたアイテム。持ち運びに便利なサイズ感で防水なので安心。超絶おすすめ。

BOSEのスピーカー

モバイルバッテリー

急速充電器とモバイルバッテリーが一つになっている最強アイテム。ホテルでは普通にコンセントにさして電子機器を急速充電しながら、外出する時は一緒に持ち出せばコンセントさせない場所でも充電が可能。

トラベルポーチ

歯ブラシとかシャンプー類とかゴシゴシタオルとかをまとめたモンベルのアメニティポーチ。1年くらい使っているけど軽くていろいろ収納できて便利なのでおすすめ。破れたりしても同じもの買うと思う。

水筒

今回は長距離バスに乗っての移動を予定しているので、せっかく買った水が途中で常温になったら辛いなってことで魔法瓶の水筒を連れてきました。あと烏龍茶のティーパックも数袋持ってきたので水に飽きたらお茶を出します。

衣類

  • ティーシャツ
  • 短パン
  • 下着

を3着ずつ適当に見繕ってきました。洗濯しながら回して行く運用。衣類は無印良品のケースに入れています。短パンはどれも水着にもなるハイブリッドタイプなのでプールがあるホテルでは水にも入れるしすぐ乾く。

スクラバウォッシュ

衣類の洗濯を簡単に行えるスクラバウォッシュも携帯。現地でのランドリー利用と併用しながら使うと便利。ランドリーは楽だけど移動日までに返却されるかとかの心配もあるので移動日前とかはおすすめ。

防寒着

あと移動用のバスとか各種施設のエアコンが効きすぎている場合の寒さ対策としてパタゴニアのトレントシェルも持ってきました。急な雨にもバッチリ。

財布

バンコクで買ったL字ファスナーのレザーウォレット。最小限の現金とカード。カンボジアもベトナムも硬貨がないので関係ないですが、多少の小銭も入るので硬貨のある国でも使いやすい。

パスポート

今回の更新の目的でもあるパスポート。思えば大学の卒業旅行のために取得したパスポートですが予想を超えていろんな国へ行きました。ありがとう。パスポートの更新がないときでも

  • 出入国
  • ホテル宿泊
  • 身分証明

などに必須。海外旅行の際は何を差し置いても持たなくてはいけない必需品。

ベトナム旅行のカバン選び

5泊6日ベトナム旅行のカバンの中身

 

で、今回の旅のカバンはTwitterのフォロワーさんに決めてもらうスタイルで、ご覧の通り「デイアンドハーフ」に決定しました。上の持ち物たちをこのカバン一つに詰めて出発。

デイアンドハーフパックの使い方

5泊6日ベトナム旅行の追記

無事にパスポート更新。

カンボジア出国不可。

関連記事

セントレアの名鉄線乗り場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。