ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

WORLD INFO

【出国不可】海外でパスポートの更新をしたら出国する前に注意したいたった1つのこと

投稿日:

前回、海外でパスポートの更新をしたって話(関連記事:【超簡単】日本国外でのパスポート更新と申請から発行までの期限や費用)を書きました。

海外でパスポートを更新すること自体イレギュラーなことかもしれませんが、長期間海外で仕事をしていたり旅をしていれば、なくもないケースです。

実際にぼくが生活しているカンボジアでは、ビザの取得が必須になっていて、カンボジアのようにビザを必要とする国の多くはパスポートの残存期間も重要になるからです。

そこで今回注意したいのが、「ビザの必要な国でパスポートを延長」した際の注意点です。

実体験に基づいて、同じ経験をする人がいないようにまとめておきます。





海外の日本大使館でのパスポート更新は超簡単

カンボジアでのパスポートの更新は超楽でした。

  • 日本大使館へ行き、更新の申請書類を書いて提出
  • 2日後に手数料の支払いと受け取り

これだけです。

【超簡単】日本国外でのパスポート更新と申請から発行までの期間や費用

現在、生活の拠点を置いているカンボジアでパスポートを更新しました。 超絶簡単だったので、紹介します。 初めてパスポートを取得したのは大学四年生の頃。 部活の仲間たちと行く卒業旅行のために取得した10年 …

続きを見る

 

新しいパスポートで出国前に注意すること

更新したパスポートで起きた事例

新しいパスポートを手にしたその日、ぼくはカンボジアとベトナムの国境へ向かうためバスに乗りました。

まさに国境なう!って時に起きたトラブルは「出国不可」。

イミグレ職員の主張はこう。

  • 古いパスポートのビザは期限が残っているから有効
  • だけどパスポートは無効になっているからビザも使えない
  • 古いパスポートのビザを新しいパスポートへ移行させる必要がある
  • その手続きは国境ではできない
  • 首都に戻ってやり直し

 

こっちが何を言っても、イミグレのおじさんたちは「ダメ」の一点張りだったので、これ以上話しても無駄だと判断。

「これで俺たちが間違っていなかったらタダじゃおかねえからな!!」って心の中で叫んで、その日はボーダー近くのゲストハウスへ一泊。

翌日またバスで首都のプノンペンへ戻り、大使館へ駆け込みました。

 

今回起きたことの概要と注意点

結論から言うと「出国できないはずはない」というのが、大使館や移民局からの答えでした。

古いパスポートの貼られたビザが出国と同時に無効になり、再度入国する際には新しいパスポートでビザを取り直す必要があるだけで、出国の際は新旧二冊のパスポートを持って入れば支障はないと。

 

ではなぜ今回ぼくらは出国できなかったのか?というと、それは「地方の国境にはあらゆるケースに対応するためのマニュアルが伝達しきってない可能性があるから」とのことでした。

 

今回利用しようとした経路は、カンボジアのバベットからベトナムのモクバイの間のボーダー。

カンボジア・ベトナム間を陸路で移動する多くの人が利用する場所なのですが、ぼくらのようなパスポート更新して二冊持ち歩いているようなイレギュラーなケースにはどうしたらいいのかわからない担当者が多いそうです。

 

移民局の担当者の方も表現しにくそうでしたが「途上国と呼ばれる国だと起こり得ることかもしれない」と。

まぁ仕方がないことですね。

しっかり情報伝達される日が早く来ることを願うことしか、ぼくらにはできません。

 

新しいパスポートで出国できないことを防ぐ対策は空路

こういったトラブルは他のボーダーでも起きる可能性はあるらしく、カンボジア以外の国でも制度や情報が地方まで届くのに時間を要する国では同じことが起こるかもしれません。

大使館の担当者曰く、空路で出国すればほぼ間違いなく出国できるとのことでした。

 

なので、今後同じように海外でパスポートを更新した場合は出国前に交通手段をしっかり考え、あまりマイナーなものは使わず空路で出国した方が良さそうです。

合わせて、大使館や移民局で出国前に他の手続きが必要ないか確認をしたり、万が一の場合に備えて大使館や移民局の連絡先などを控えておくと国境や空港でトラブルが起こっても慌てなくて済みますね。

 

まとめ

実際の事例に基づいて「海外でパスポートを更新した際の注意点」を記事にしました。

どうか同じようなトラブルに遭う人がいませんように。

 

カンボジアの首都プノンペンでパスポートを更新し、隣国ベトナムまでバスで移動して数日間の海外旅行を楽しむ予定ですが、思わぬ自体によってカンボジア国内旅行になりました。

こんなできごとも楽しみながら、ぼくは今日も元気に生きています。

 

▼カンボジアに関する記事はこちらもあります。

・カンボジアにビジネスの可能性を感じてきたわけじゃないからわからんけどって話

・【超簡単】日本国外でのパスポート更新と申請から発行までの期限や費用

・カンボジア・シェムリアップ空港でのアライバルビザの取り方

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-WORLD INFO

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.