ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

CAMERA

Nikonのフルサイズ一眼レフD750を購入して2年経ったので魅力を存分に語ってみる

投稿日:2018年5月26日 更新日:

「これからNikonの一眼レフカメラを買いたいな」もしくは「近々カメラを買い換えたいな」と考えている人におすすめの記事です。

 

愛用しているNikonのフルサイズ一眼レフD750を購入してから2年が経ったのですが、感想は「買ってよかった」しかないので、今日はD750の魅力を存分に語り尽くして、カメラ選びに迷っている人たちに参考にしてもらえたらなと思います。





Nikon D750の魅力

ぼくが実際に2年間使ってみて抱いたD750の魅力は

  • 軽い
  • 握りやすい
  • 操作しやすい
  • SDカード二枚入る
  • 使っている人が多い

と言ったところです。

 

軽い

数あるNikonのフルサイズ機のラインナップの中で最も軽いD750は『フルサイズ機は重い』という概念を完全に払拭してくれています。

 

握りやすい

軽量感をさらに後押しするのが、右手のグリップの彫りの深さです。

実際に持ってもらうのが一番なので、お近くの取扱店でぜひ実感してください。

この「握りやすさ」があるからこそ、大きめのレンズを取り付けても負担が小さくて済む構造になっています。

 

操作しやすい

一瞬のシャッターチャンスを逃さなくて済むように、ファインダーを覗きながらシャッタースピードやF値の変化させやすい。

そして設定を変更すると親指でオートフォーカスをして、人指し指でシャッターを切ることができます。

 

SDカードが二枚入る

撮影の量が増えても途中で容量不足になりにくいように、SDカードが二枚差し込めます。

 

使っている人が多い

フルサイズ機の中でサイズや重量、価格など非常に手を伸ばしやすいD750はユーザー数も多く操作や設定方法、不具合などが起きた時の対処法などが多く存在しています。

ネットで検索するとたくさん出てくるので、万が一何かあっても安心ですね。

 

本当にコスパがいい買い物とは?

一眼レフとか特にそうだと思いますが、ハマればハマるほど違う機種が気になったり、新しいレンズが欲しくなったりするものです。

そして、その一つ一つは決して安いものではありません。

 

だからこそ、本当にコスパのいい買い物って何だろうってぼくは考えています。

値段の差だけで決めた安いものは、本当にこの先も長いこと大切にしたいと思えるほど愛着を持って買ったものでしょうか?

 

特に仕事ではなく趣味で楽しみたいのなら、ぼくはカメラを何台も買い換えたり、レンズを何本も持ったりって意味ないと思っています。

レンズの管理はとても気を使うし、結局自分が撮りたい写真って決まっていることが多いから、そんなにあらゆるシーンに対応していなくたっていい。

多くのものを持ち歩くことだって楽ではないんです。

 

だからこそ、初心者から中級者まで幅広く使えて、長く愛せる一品を持つべきだと考えています。

安いものをいくつも買うより、多少値段が高くても長年愛せるアイテムを持つべきだと考えているから。

 

そしてD750は、そのような観点からも非常にコスパの良いカメラだと感じます。

関連記事:Nikonのフルサイズ一眼レフD750が実は初心者にもおすすめな理由

 

まとめ

D750を2年間使用したことによる感想を素直に書きました。

もう一度おすすめポイントをまとめておきます。

  • 軽い
  • 握りやすい
  • 操作しやすい
  • SDカードが二枚入る
  • 使っている人が多い

加えて、長い目で見て非常にコスパのいいカメラです。

 

これからもD750を相棒に、旅先や日常の思い出をしっかり切り取っていこうと思います。

もし一眼レフ選びに迷っているのなら、D750が間違いなくおすすめですよ。

 

カメラ買い替えなら古いカメラを下取りに出して更にお得に!

▼カメラを下取りに出すならカメラデイズがおすすめな理由

  • カメラ専門の買取業者だから安心
  • 送料、手数料無料の安心宅配買取可能
  • 5分で完結、事前無料見積もり
  • 他者の見積もりの方が高ければさらに見積もり上乗せ
  • 48時間以内の迅速入金

公式サイトはこちら
http://www.camera-kai-tori.net/

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-CAMERA

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.