YouTube再開しました>>>

シェムリアップからプノンペンへ夜行バスで移動する方法

ちょっと所用でカンボジアの首都・プノンペンへ出かけてきました。今回は仕事終わりにナイトバス(夜行バス)に乗って行ったので、チケットの取り方や乗車、降りてからの注意点などをまとめます。同じ方法でプノンペンを目指す方の参考になりましたら。

シェムリアップからプノンペン行きのバスチケットを買う

事前にバス会社へ直接行くか、宿泊しているホテルやゲストハウスが代行してくれたり、近所の旅行代理店などを紹介してくれると思います。ぼくはバス会社へ直接行きました。今回は「Virakbunthan(ヴィラクブンタン)」というバス会社を使いました。一人11ドル。シェムリアップの地図置いておきます。オールドマーケットのロータリー付近。

シェムリアップからプノンペンへバス移動

チケットを買う時に出発時間に応じて「〇〇時までにここに来てね」と言われるのでそのようにしてください。ホテルやゲストハウスで予約すると迎えにきてくれる場合もあるので相談してみるといいと思います。

バス会社の前にはこのようなバスが待機しています。預入荷物がある場合はサイド部分にいるおじさんにお願いをして積み込んでもらう感じ。

サイズ的には観光バスサイズ。30分から1時間おきに動いているのでちょっと早めに来ると一個前のバスなのか自分が乗るバスなのかわからなくなりますが、運転手さんが時間を教えてくれるので間違えることはないと思います。

バスの中。通路は結構狭いです。大きめのバックパック背負って行くと突っかかると思います。

ナイトバスなのでこのようなふらっとシート。枕とブランケットが備え付けられています。これ乗る時、いつも二人で予約するのでいいですが知らない人とここで朝まで過ごすの結構苦痛ですよね。

貴重品管理は自己責任でよろしくね的なメッセージ。ぼくはいつもリュックのショルダー部分に両足を通して寝るようにしています。財布とかスマホは小さいカバンにまとめて枕の下かズボンの股間部分。

乗ってすぐはエアコンがガンギマリしているので、送風口を調節するといいと思います。あとWi-Fiも一応飛んでるそぶりを見せますが繋がった試しがない。

何回か休憩があるっぽいですが、ぼくは毎回バスが動き出す前には爆睡しているので気づいたらプノンペンです。最近は道がよくなったからなのか、プノンペンまで5時間くらいなんですね。もっとかかる印象だったからびっくり。朝早く着いて降ろされても行くところないので、もう少しゆっくり走ってのんびり寝かせてほしい。こういう時こそ時間にルーズになればいいのに。

バス出口にはハイエナのようにトゥクトゥクドライバーたちが待ち構えています。

鮮やかにPassAppを呼びましょう。値段交渉も場所の説明も不要で便利。登録には電話番号が必要なのでSMARTのSIMを入れておけばOK。

カンボジアのスマホキャリアSMARTのSIMカードは破損すると2ドルで交換、トップアップまでしてくれて実質タダ

まとめ

ということで夜行バスでシェムリアップからプノンペンへ移動する方法でした。朝早くから活動できるので1日が長くなります。

大変ありがたいことに「何か力になれることはありませんか?」と言っていただく機会が増えました。

もしよろしければ、以下のページから活動のサポートをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。