YouTube再開しました>>>

FREITAGのパソコンケース「SLEEVE FOR MACBOOK」を2年半使った感想

パソコンを持ち歩いて仕事をしているのでパソコンケース選びにもこだわりがあります。大切なパソコンを収納するわけなので耐久性があって長く使えるものがいい。

ぼくは2年以上前からFREITAGというメーカーのパソコンケースを使っているんですが、人前でパソコン出すと「それいいですね?どこのですか?」とよく聞かれるので本当は教えたくないけど教えます。

FREITAGのパソコンケース「SLEEVE FOR MACBOOK」

FREITAGのSLEEVE FOR MACBOOK

ぼくが使っているFREITAGのSLEEVE FOR MACBOOKです。

MacBook Airと並べたSLEEVE FOR MACBOOK

MacBook AirやMacBook Proなどサイズだけでなく機種によって選ぶようになっています。

FREITAGの背面

個人的にグッと来たのは背面の部分。できるビジネスマンが使っていそうな書類ケースみたく紐でぐるぐるやるタイプ。しびれます。

FREITAGの内面

内部にはフカフカのパッドが敷かれているのでパソコンを守る力も強そうです。

FREITAGのパソコンケース「SLEEVE FOR MACBOOK」のいいところ

FREITAGというブランドは大学生の頃から知っていたのですが、実際に何か物を買ったのはこのパソコンケースが初めて。実際に使ってみてよかったなって思うことは3つあって

  • 耐久性が高くて長期間使える
  • 使うほどに味が出る
  • 人と絶対被らない

耐久性が高くて長く使える

FREITAGはスイスの会社で、トラックの幌とか車のシートベルトとか自転車のチューブとかを再利用した商品を作っています。そういう物に使われるってことは耐久性や耐水性は抜群。

お値段はそれなりにするのですが長期間使えるので簡単に元が取れます。ぼくは交通事故に遭った際の保険金がガツンと振り込まれたので買いました。いやらしい話ですいません。

使うほどに味が出る

で、長く使っていると味が出ます。損傷とかではなく味。買ったばかりの鮮やかな色もいいけどアクティブな旅にも耐えたスレとか思い出になって最高。使っていて思うのは「ダメになって来たな〜」という感じは一切なくてこれからもまだまだ長いこと現役で頑張ってもらいます。

人と被らない

同じパソコンケースだとしても全く同じ色味のものは存在しないのがFREITAGのすごいところ。なぜなら再利用の素材だから。むしろまったく同じものを作りたくても作れないと言った方が正しい。なので自分好みの色合いを見つけた時は絶対買いです。ぼくはネイビーが好きで差し色にするなら赤が好きなのになぜか緑買っていました。

青色が好きなのにたまに緑のものを買って収集する癖がある

まとめ:FREITAGのパソコンケースおすすめ

ということで引き続き長いこと活躍してもらう予定のFREITAGのSLEEVE FOR MACBOOKを紹介しました。買った時のレビュー記事も当時の写真もないのでわかりにくいと思いますが、2年使ってこんなにきれいな状態なの驚きです。

  • 長く使えるもの
  • 長く使うほど味が出るもの
  • 人と被らないもの

を使いたい人にはおすすめ。パソコンしか入らないので、パソコンケースにガジェット系の小物も一緒に入れたい人には不向きです。

大変ありがたいことに「何か力になれることはありませんか?」と言っていただく機会が増えました。

もしよろしければ、以下のページから活動のサポートをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。