ストライクゾーン|北川勇介オフィシャルブログ

自分の好きの中で生きる、自分の好きを発信する

北川勇介をフォローする

ITEMS TRAVEL

グレゴリーのデイ&ハーフおすすめの使い方はシングルポケット【間違いない】

投稿日:

「グレゴリーのリュック買いたいな〜」と思いながら、種類が多くて悩んでいる人も多いと思います。

ぼくもそうだったのですが、多くの人が「デイパック」と「デイアンドハーフ」で悩むようです。

 

この2つを大まかに分けると

  • 容量の違い
  • フロントポケットの有無

です。

 

この記事の内容

  1. デイ&ハーフの最大の魅力
  2. デイ&ハーフにシングルポケットの選択肢
  3. デイ&ハーフの使い方

 

デイパックの方が容量が小さいけど、フロントポケットがあります。

デイアンドハーフは容量が大きいけど、フロントポケットがありません。

 

「容量が大きいデイアンドハーフにフロントポケットが付いていたら最高なのに!!」

と何度思ったことか。

 

この記事では、GREGORY愛用歴14年でデイ&ハーフ愛用中のぼくがおすすめの使い方を紹介します。





デイ&ハーフの魅力

デイ&ハーフを他のシリーズと比較した際の最大の魅力は

  • 33Lの大容量
  • 超絶シンプルなつくり。

これに限ります。

 

ごちゃごちゃいろんな機能が付け足されたものより、シンプルで使いやすいものが一番です。

そして、容量は最大の機能ともいえます。

容量だけはどう頑張っても後から付け足すことができないですよね。

 

デイ&ハーフは名前の通り「1日半」の荷物を収納することを想定していますが、側面に4本のコンプレッションストラップがあるため内容量に応じてカバンの容量を調節できます。

 

そのため、荷物があまり多くない日もカバンだけがゴワついて違和感のある見た目になることもありません。

 

デイ&ハーフにシングルポケットという選択肢

シンプルで大容量なデイ&ハーフですが、一つだけ物申すとしたら「シンプルすぎてフロントにすらポケットがない!」ということです。

 

先述しましたが、デイ&ハーフとの対抗馬によく名前を連ねるデイパックにはフロントポケットがあるのです。

ここが我々ユーザーを悩ます最大のポイントでもあルと思っていて。

 

「大容量でシンプルなデイ&ハーフ」か?

「少し容量小さいけどフロントポケットがあるデイパック」か?

となりますよね。

 

ぼくは、デイ&ハーフに決めたわけですが、使っていて「やっぱりフロントポケットがあったらな〜」とか考えちゃうわけです。

そんな時に見つけたのが「シングルポケット」でした。

 

 

シングルポケットがあると

  • 容量が増える(+3L)
  • さっと取り出したい小物が入れられる
  • 他人のリュックと差別化できる

と言ったいいことがあります。

 

デイ&ハーフの使い方

デイ&ハーフの内部構造の特徴は主に2点。

  • ジッパー付きメッシュポケット
  • ノートPCまたは給水用リザーバーを収納できるスリーブ

 

ジッパー付きメッシュポケット

バック本体のおもて面の裏側には、ジッパー付きのメッシュポケットがあります。

以前のモデルはこれすらもなかったそうなので、原稿モデルよりも一貫してシンプルな構造になっていたわけですね。

ぼくはここにMacBookの充電器と一眼レフカメラの予備バッテリーが入っています。

頻繁には使わないけど、必要な時にちょっと取り出したいアイテムを入れておくと、カバンを全て開かなくても取り出せるので便利です。

 

ノートPCまたは給水用リザーバーを収納できるスリーブ

背中側には、スリーブが設置されているのでパソコンなを他のものと区別して収納することができます。

ぼくもここには、ノートパソコンと書類を入れています。

 

シングルポケットには何を入れているの?

フロントポケットがないデイ&ハーフにシングルポケットを取り付けたわけなので、ここは頻繁もしくは緊急時にさっと取り出したいアイテムが入っています。

実際に入れているものはレインカバーとモバイルバッテリーと手帳。

急な雨からカバンやを守ったり、スマホなどの電子機器類が充電切れの時にサッと取り出せます。

 

まとめ

実際の使用例に基づいて、グレゴリーのデイ&ハーフの活用の仕方と、フロントポケットと大容量を求めている方にシングルポケットのおすすめ記事を書きました。

 

このアイテムたちは使用開始から2年以上警戒していますが、全く痛まない耐久性と飽きのこないデザインが気に入っているので、これからも一緒にいろんな世界を飛びまわろうと思います。

 

グレゴリーのリュック選びで「大容量」「フロントにポケットがほしい」人は迷わず、デイ&ハーフとシングルポケットの組み合わせを選んでみてください。

 

▼デイリーユースだけでなく旅行などのバックパック選びにもGREGORYがおすすめ!という記事も書いています。

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



-ITEMS, TRAVEL

Copyright© ストライクゾーン|北川勇介オフィシャルブログ , 2018 AllRights Reserved.