カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

グレゴリーの超大型バックパック「バルトロ75」を買ったので持ち物全部詰め込んで旅に出たい

登山や長期旅行の際に必要になる大型のバックパック。ぼくは半年ほどカンボジアで生活するにあたり「持ち物は全て大きなバックパック一つにまとめたい」と考えました。

大きなサイズのバックパックはこの世に溢れているけれど、大きさだけで選んで何でもかんでも詰め込んでしまうと

  • 重すぎて背負うのがしんどい
  • 詰め込んだ持ち物が取り出しにくい
  • バックパックの耐久性がなかった

となっては困ります。だから選ぶのに迷いますよね。登山や旅行先で扱いにくいバックパックは身の危険にもつながるのです。

そこに山があったから登るとするならば、絶対外せない買い物がその前にはあります。この記事が大型バックパック選びの一助になりましたら幸いです。

グレゴリーの大型バックパック「バルトロ」

グレゴリーの大型バックパックバルトロ

こちらが今回購入したグレゴリーの大型バックパック「バルトロ」です。

バルトロがグレゴリー製品に名を連ねたのは2008年ということで、比較的新目のモデル。しかし年々改良がなされ、バックパック本体の軽量化や背負いやすさの追求が行われています。素晴らしい企業努力。

グレゴリーの大型バックパック「バルトロ」の容量は4種類

グレゴリーバルトロの容量

一言でバルトロと言っても容量は65L、75L、85L、95Lの4パターン。「何泊するなら〇〇L」とは言い切れないのがバックパック選びの難しさでもあります。同じ期間でも登山や旅行スタイルによって必要なものが異なります。

海外旅行の持ち物

容量より大事にしたい大型バックパックのサイズ選び

グレゴリーのバックパックのサイズ選び

容量は荷物を加減すれば調整が可能ですが、買う時に絶対外したくないのがバックパック本体のサイズ選びです。グレゴリーのバックパックは同じ容量でもS,M,Lサイズがあり、自身の身体に合わせて選ぶことができます。衣類と一緒ですね。ぼくは、バルトロの中でも「75L」「Mサイズ」を買ったことになります。

正しくデザインされたパックは背負うのではなく「靴のように身につける」ものなのです。ウェインは、人々が時間をかけて履き心地の良い靴を慎重に選んでいる事に気が付きました。「人々はこんなにも履き心地を重視して靴を選んでいるのに、どうしてパック選びは同じ様にいかないのだろう?」という疑問を抱いたのです。

引用:グレゴリーHPより 

サイズ選びは専門店でやってもらえる

グレゴリー専門店のノベルティ

「自分の身体に合ったサイズなんてどこでわかるの?」と思いましたか?一番確実なのはGREGORYの専門店へ行くことです。専用のアイテムを使ってトルソー(胴体)の長さを計測してくれます。

ぼくはGREGORYの専門店がない田舎町に暮らしていますが、アウトドアショップの「SWEN」でも同じような計測をしてもらえました。スタッフさん曰く「お客さんの場合MでもLでもイケますね。好みによりますがMの方がよりフィットして疲れにくいと思います」と言われたのでそのようにしました。身長178cm75kgの男性は参考にしてみてください。

大型なのに背負いやすいバックパック「バルトロ」の特徴

ここからはバルトロが大型バックパックなのにも関わらず背負いやすい理由について書きました。

長時間移動でも疲れにくい構造

バルトロのショルダーとウエストベルト

バルトロのショルダーベルトとウエストベルトは、ただ厚みがあって耐久性があるだけでなく、より身体にフィットする構造が仕掛けられています。バックパックは背負うだけでなく、背負って歩くからこそ歩行中もなるべく身体に負担がかかりにくいように重心の位置を調整してくれます。

グレゴリーバルトロの背面構造

フィット感がアップする腰部分のぽっこりとした構造。一度背負ってみるとわかりますが、この部分がうまく腰にフィットすることで体が感じる重さが軽減されます。また背面部と荷物を内蔵する本体との間には隙間があるので硬いものや角ばったものを入れていても、持ち物が背中に当たる不快感はありません。通気性もGOOD。

荷物が取り出しやすい

バックパックのフロントポケット開閉

「バックパックは上から詰め込むので下の荷物が取り出しにくい」という概念を打ちこわしてくれる扱いやすさ。まずフロントポケットが大きく開閉するので、メイン部分の荷物の出し入れが簡単です。

バックパック底部の開閉

メインポケットとは隔てられた底部にも持ち物が収納できます。そしてなんとこの底部のエリアとメインのエリアが内部で仕切られているのですが簡単にアクセス可能。「底の部分にしまったと思ったけどなかったわあっはっは」って時にそのまま仕切りを開ければ、ファスナーを開け直さなくても荷物が取り出せます。非常に便利。

ドリンクホルダーとウエストベルトも便利

バルトロのドリンクポケット

本体側部に用意されているドリンクホルダー。写真ではわかりにくいですが、やや前傾気味にはいちされています。バックパックを背負って歩きながら水筒の出し入れがしやすい構造だそうです。

また、ウエストベルトにも小型のポケットが用意されているのでスマホや小型カメラなどを入れておくのに便利です。

レインカバーはついていなかった

グレゴリーのレインカバー

現行モデルはどうかわかりませんが、ぼくが買った旧モデルではレインカバーは標準装備ではありませんでしたので別売りのものを買いました。ちょうどロゴが切り替わるタイミングだったので、旧ロゴは手に入らず。バルトロ本体は旧ロゴなのにレインカバーは新ロゴ。

購入したバルトロ75に目一杯収納してもいいようにちょっと大きめの80L用レインカバーを買いました。

グレゴリーの大型バックパックバルトロ75まとめ

ということでグレゴリーの大型バックパックバルトロの購入レビューと使い方についてまとめました。たまたま立ち寄ったショップで、「旧ロゴ」の「ネイビー」の「75L」という購入意欲駆り立てる三条件が揃って、しかも30%オフだったので出会って4秒で決済して背負って帰りましたが大満足。いつかはこのバルトロに入る分にまで断捨離して、このバックパック一つで世界中を旅してみたい。

バックパックだけでなくデイリー使いのリュックなどもおすすめを聞かれたら「GREGORYがいいぞ」と言いまくっています。リュックに特化したブランドだからこその安心感とレパートリーがありますので、新しいカバン選びの時の参考にしてみてください。

所有しているグレゴリー製品
グレゴリーの旧ロゴ

グレゴリーの大型バックパックの製品一覧

大型バックパックはメンズとレディースで分かれます。今回紹介したバルトロはメンズです。女性の方はディバというシリーズを検討してみてください。カラーレパートリーも数種類あります。

バルトロの容量別

ディバの容量別

グレゴリーのその他のサイズのリュック

グレゴリーの40Lのリュックのレビューはこちらをどうぞ。

グレゴリーコンパス40のレビュー

グレゴリーの30Lのリュックのレビューはこちらをどうぞ。

グレゴリーのデイアンドハーフパックレビュー

グレゴリーの20L以下のリュックのレビューはこちらをどうぞ。

グレゴリー ハーフデイミニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。