ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




LIFESTYLE

やりたいこととやらなくてはいけないことが一致しない時にまずやること

投稿日:2018年9月24日 更新日:

ぼくはアイテムが好きだ。

バックパックに何を詰めて出かけようとか、他の人のおすすめアイテムとか見るのが超好きなのだが、なぜかぼくのインスタ(@yusukeworld)は、ガジェット系のネタをアップすると「いいね」が極端に少ない。ww

 

このブログでは何度も書いているけれど、ぼくの全荷物はリュック二個に全てが収まる。

そんな荷物を、リュック一個にできないかな〜と日々模索している。

 

別にミニマリストになりたい訳でも、名乗りたい訳でもない。

ただ、ぼくは自己管理能力が低いのだ。

 

小学生の頃、泊りがけの野球の遠征ではパンツをホテルに忘れ。

中学生の頃、学校の宿泊訓練ではパンツを宿泊施設に忘れ。

 

親からは「あんたはどこか行くと必ず何か無くして帰ってくるから余分なもの持っていくのやめなさい」とよく言われたものだった。

何か無くすって無くしたのは多分パンツだけなんだけど、人の印象とはそんなものだ。

 

話がやや脱線したけど、ぼくは今でも自己管理能力は低めだと自負している。(今年32)

 

だから、やるべきことは全てメモに書き出さないとできないし、物は多いと管理しきれない。

家は広すぎても管理しきれないし、食べ物は買いすぎると使いきれず終わる。

 

だから、今の自分ができることに注目するようにしている。

日常生活も仕事も何もかも。

 

かっこよく(?)言うと「今を生きる」。

俺、今を生きてる、なう。(かっこわる)

 

「今を生きる」って言うのは簡単でも、その気になって考えてみると意外と難しい。

だって、ぼくもあなたも今、生きているのだから。

 

では、今を生きるってどう言うことかって突き詰めて考えていくと、「今やるべきことに100%集中する」ということにたどり着いた。

 

考えてみてほしい。

今、自分がやるべきことに100%集中できているだろうか?

 

そう考えるようになってから、大切にしていることがある。

やるべきことを先延ばしにせず、

やらなくていいことをいかにやらないようにするか

ということ。

 

そのためには、やるべきことを見える状態にして、一つずつ消化していく。

目的はやるべきことを淡々とこなして、やりたいことをやる時間を確保すること

全てはこのためだ。

 

やるべきことをやらずに、楽しいこと、好きなことだけはできないのだから。

やりたいこととやらなくてはいけないことが一致しない人は、やりたいことをやるためになる早でやるべきことを終わらせることなのだ。

 

やるべきことを見える状態にするとは、全て文字として書き起こすこと。

つまり、メモ。

 

ぼくはメモをとることを昔から大事にしていて、何でもかんでもとにかく書く。

なぜなら、自己管理能力が低いから、書いておかないと忘れたり、やらなかったりするからだ。(2回目)

 

やりたいこととやるべきことが一致しない人は、まず全てを書き出してみることをおすすめしたい。

別に、やりたいことをやれていない人が、ぼくと同じように自己管理能力が低いとは言っているのではない。

 

でも試してみてほしい。

全てを書く。これでもかってほど書き出す。

書いたことをこなしていく。それだけだ。

 

明日にしようと思っていたことも今日できるかもしれない。

来週までと思っていたものは、今週中には片付けられるかもしれない。

 

頭の中での想像と、書き出して文字として捉えるのではだいぶ違う。

予定が前倒しできたら、それだけやりたいことに集中できる日も前倒しにできる可能性があるのだ。

 

逆に、今日やるべきことを疎かにして、先延ばしにしていると、自分がやりたいことに集中できる日も先延ばしになってしまうから。

 

たかがメモ。

されどメモ。

 

メモを取ることで、人生が変わると言っても過言ではない。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 自分の本当の価値を知りたい→今の年収に満足してる?無料であなたの適正年収を診断
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.