自分の行動次第で自分で選択したことを正解に変えられる

ぼくは基本的に人生の中で巡ってくるいろんな選択や決断そのものに、間違いはないと思っています。

休学することも、留学することも、就職先を決めることも、転職することも、起業することも、自分が選んで決めたことなら何も間違っていないと思います。

ただ、その先々で必ず「壁」が訪れます。大きなものから小さなものまでいろいろ。

その壁にぶつかった時、自分はどうしていくか?ただそれだけのことだと思うんです。

行動次第で「正解」は導き出せる

やりたいことだけやっているように思われがちなぼくですが、やりたくないことだってやっているし、思い通りにいかないことは山ほどあります。

「うまくいかなかったらやめる」

人生そんなに甘いものでもないし、うまくいかないことをうまくいくように変えていくことにも、人生のおもしろさは詰まっていると思います。

そもそも、とことんやってみたけどできなかった、という場合とちょっとやってみたけどできなかった。は、同じ「できなかった」でも全く違います。

目標が達成できたかどうか、やりたいことがやれたかどうか、夢がかなったかどうか。

それは指標の一つであって、中途半端にやった時ほどその指標に届かなかった時、次の一歩は遅くなる。ぼくはそう感じます。

挑戦してみたビジネスが、あらゆる策を尽くしたけど赤字だった。

それは失敗か?と言われたら、ぼくはそうは思いません。

「ビジネス」という目線で見たら失敗かもしれませんが、自分がやろうとしたことをやってみた成果の一つがたまたま「赤字」だっただけで、挑戦したかしなかったかの差は結果以上にとても大きな差があります。

自分が正しいと思った道へ進むだけ

ぼくが行なったカンボジアの小学校建設だってそうです。

「カンボジアに小学校を建てる」この一つの言葉には本当に多くの賛否両論があります。

参考記事:カンボジアの小学校建設は本当に必要なのか?

「カンボジアに小学校は不足しているんですか?」

「カンボジアの支援はまだ必要なんですか?」

このような問い合わせも多くもらいます。

言ってしまえば、不足している場所は不足しているし、必要な場所もあれば不要な場所もある。

それしか言えません。

ただ、「建てる」という選択をした時には、その地域には本当に小学校が必要な要素が揃っていたし、建った今では、その学校を建設したことが正しかったと言えるように行動していく。

本当にそれだけのことです。

必要なのは正解を創り出す行動力と覚悟

これだけ生き方・働き方が多様化しているとは言え、世の中には少なからず同じようなことをしている人たちがたくさんいます。

ですが「覚悟」を持って動いているか、なんとなくやっているか。

それは結局、取り組みや行動に滲み出るものだし、自分次第で変えていくことができます。

人それぞれ、それだけの可能性を秘めているし、なんだってやれる。本気なら。

自分の行動で自分の決断を正解に変えていきましょう。

物事の判断基準は「その選択は自分を理想の未来へ連れていってくれるのか?」で考えるようにしている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。