ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




みらいスクール 小学校建設日記

Day18. 下へ下へ張り巡らせた土台の上に積み上げていく未来

投稿日:2015年12月11日 更新日:

2015年12月11日【建設18日目】

 

昨日は不慮の事故で村に行けずでした。

 

以下昨日のできごと。





バイクは突然止まる

朝起きて、いつも通り支度をしてゲストハウスを出た。

 

そしたらバイクが止まった。(ここまではよくある)

 

エンジンがかからない。(まぁたまにある)

 

セルが回らない。(はじめて)

 

バッテリー周りとスターター周りを一通りチェックしてみた。

 

う〜ん。

直らんかった。

 

仕方がないのでバイク屋へ行くことに。

エンジンがかからん上に、バイクを押すには重たすぎるので、トゥクトゥクを捕まえた。

img_5222

 

タオルがボロすぎて切れた。

結局腕力勝負。

img_5223

(しゅういち撮影)

 

必死さが伝わらんと思うけど、左腕の握力がだいぶ鍛えられた。

 

多分だけど。

本当多分だけど。

 

 

左腕伸びたわ。

 

 

カンボジアでバイクが突然止まったら、トゥクトゥク牽引。

お試しあれ。

 

切り替えて普段できないこと

と言うことでで、昨日はとことん作業日。

 

動画作って、写真焼いて、そこそこ充実した1日だった。

img_5224

カンボジアのシェムリアップのナイトマーケットない、サブーサバイのお店で買えまーす!

(現在は終了しました。お買い上げありがとうございました。)

 

ぼく自身、子どもたちの写真をポストカードにするのは最初すごい躊躇した。

 

なんか子どもの笑顔とか、村とかを見世物にしている気がして仕方なかった。

 

もしこのポストカードの収益が、ぼくの給料になるなら絶対やらない。

 

絶対に。

 

でも、この収益は全て建設した小学校の机・椅子の費用になる。

 

子どもたちも学校づくりを手伝ってくれているし、この収益が100%彼らに宦官できるなら意味があると思ってぼくは卸すことにした。

 

賛否両論あるあろうけど、自分たちの手で自分たちが通う学校を創る。

 

そう決めたから、ぼくはやりきろうと思う。

 

そういえば。

 

同じドミのはるきちゃんが、店頭用のポップを英語訳してくれた。

img_5225

ビール二杯で。

 

はるきちゃん、ありがとう!

 

今日のできごと

ほんで、今朝からまたロンデン村へ。

 

今日はシースマのみくちゃんが二度目の登場です。img_5228

現場に女の子が来ると大工さんたちのやる気が全然ちがう。(まぁわからんくもない)

ホンさん、昼から飲みすぎ。

 

二人いる大工さんのもう一人ロムさんは、作業に邪魔な木の根っこを引き抜こうとして腰を痛めて戦線離脱。

ひたすら食事当番している。

 

img_5226

今まで作って来た土台の中に土をぶち込んで土地を底上げ。

昨日まで積み上げたレンガは壁ではなくて、土台になるものだったのね。

 

見えなくなっちゃった。

 

こうなっただけで、初めてこの土地を訪れた時と全然雰囲気が違う。

 

今まで地中に向かって作業することが多かったで、あまり変化が見られなかったけど。

 

ここからは上へ上へ箱が伸びて行くよ〜。

今月22日から年明けにかけてたくさん人が来るで、日々変化を楽しんでもらえそう〜!

 

年内までどこまで進んでいくのか。

随時更新していくので、これからもブログ読んでください。

 

PS

しゅういちとみくちゃんは村で出るもの何でも食べるよ。驚き。

食えばいいってもんじゃないから。

 

day018

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.