ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

【メガネ・サングラス愛用者へ】「メガネのシャンプー」使うと驚くほどきれいになる

投稿日:2016年5月14日 更新日:

ぼくは昔から視力だけは自慢です。

 

あ、あと虫歯0。

 

これ、数少ないぼくの自慢。

 

メガネやコンタクトとは無縁かと思いきや、サングラスやメガネは実はぼくの生活には切り離せないアイテムです。

IMG_5217

 

「また〜!かっこつけやがって」

って言われるかもしれませんが、使用するには使用する理由があるんです。





知らない間になっていた目の病気

ぼくの右目は「翼状片」と呼ばれる症状が出ています。

 

これは紫外線浴びすぎが原因で起こるらしいです。

 

黒目と白目の境に紫外線が晒されることで目が傷つき、目の防御反応や修復の過程で白目の組織細胞が黒目に食い込んでしまう病気。

わかりやすく言うと、目の白い部分が黒い部分に伸びてきて丸い部分にかかること。

引用:http://kenkoucheck-navi.com/%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A%E3%81%AE%E7%9B%AE%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/

結構見た目でわかっちゃうもんだから、突っ込まれることもしばしば。

 

心配されるのが嫌なので、大抵ぼくは「激辛タンタン麺が跳ねた」と言っていますが。

 

この場を借りて言いたい。

 

タンタン麺のくだりは嘘です!

 

いや!嘘ではないですね。

 

激辛タンタン麺が箸から滑り落ち、激辛スープが眼球に直撃して悶絶したことは確かにあります。

 

あんまりに会う人会う人に「右目どうしたの?」って聞かれるので、勇気を出してあんまり好きじゃない病院へ行ったら翼状片ってことでした。

 

ちなみに、一応聞いてみた。

 

「タンタン麺って可能性はありませんか?」

 

お医者さんは優しく教えてくれました。

 

担々麺で、ここまでの炎症は出ないってことを。

 

そして、眼医者にサングラスを使用することを勧められました。

 

この症状は何か治療しても引っ込むことはないらしい。

 

ただ、黒目を覆い尽くすくらいになっちゃうと手術らしい。

 

い、いやだ…。

 

それだけは。

 

ってことで、サングラスを愛用している理由は単にかっこつけではなく、こんな理由からだったんです。

 

メガネやサングラスの汚れ方は凄まじい

メガネもサングラスも、頻繁に身につけて使用するもの。

 

使用頻度が増えたら汚れ方もはんぱないっす。

 

結構肌のベタベタがつく〜。

 

引かれるかもしれないので、写メは載せないでおきます。はい。

img57964027

そんなぼくが見つけてきて、現在使っているのが「メガネのシャンプー」っていう、本当そのまんまの何のひねりもないネーミング。

 

 

名前はベタだけど威力は抜群。

 

ほぼ毎日お世話になってマッス!

 

メガネのシャンプーの使い方

メガネのシャンプーの使い方はとても簡単です。

 

1回2プッシュくらいで十分。

 

ノズルを引くと、泡が出てくるので直接レンズに当てたら、指で軽くなぞるように広げていく。

 

全体に泡が行き届いたら、すぐに冷水で洗い流し。

 

長時間泡で洗えばいいかって言うとそんなこともないみたいです。

 

逆にパーツとかを傷めるのかもしれませんね。

 

本当、ささっと。

 

冷水ですすいだら、びっくりするほどキュキュッとなります。

 

桜木花道のバッシュ並みに。

 

 

まとめ

使ってみた感想ってほどのことでもないですが、こいつの威力は本当抜群です。

 

メガネ・サングラス愛用者で、汚れがきになる人はぜひ試してみてください。

 

ただ、物によって使えないタイプのメガネやサングラスもあるらしいので、購入前に確認してください。

 

ぼくはOAKLEY(オークリー)のHOLBROOK使っています。

ゴムのパーツとか使っていないタイプなので、気軽に手入れがしやすいモデルってのも選ぶポイントでした。

 

結局何が言いたいかって。

 

目は大事!!

 

以上っす!

 

今回紹介したアイテム

今回使用したアプリ

Amazon アプリ
カテゴリ: ショッピング
現在の価格: 無料
楽天市場
カテゴリ: ショッピング
現在の価格: 無料

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-LIFESTYLE

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.