ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

年末だから言っておく。新年に初詣に行くなら必ず今月中にお礼参りした方がいいですよって話

更新日:

festival-645642_640

ぼくが無宗教だという話は以前もしたと思います。

 

神社の回し者ではありません。

 

ぼくは神社へのお参りも滅多にしないし、お守りとかも持っていません。

関連記事:何かあってから縋り始めるくらいなら、ぼくは最初から素直に大人の話を聞く

 

年が明けると「初詣に行こう」って声は聞かれますが、年末に「お礼参りに行こう」って声は聞かれないので書いてみようと思った次第です。

 

「行くに決まってんだろ!」って人は読まなくていいです。

 

でも「お礼参り?なんですか、それ?」って人も結構多く見受けられたので、神社とかに関わらずコミュニケーションの一環として知っておいた方がいいかと思います。





そもそも初詣とは?

元々は「年籠り」(としこもり、としごもり)と言い、家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に籠る習慣であった。やがて年籠りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」との2つに分かれ、元日詣が今日の初詣の原形となった。

江戸時代末期までの元日の社寺参拝としては、氏神に参詣したり、居住地から見て恵方にあたる社寺に参詣(恵方詣り)したりといったことが行われた[1]

「年籠り」形式を踏まず、単に寺社に「元日詣」を行うだけの初詣が習慣化したのはそれほど古い時代ではなく、明治中期のこととされている。また、氏神や恵方とは関係なく、有名な寺社に参詣することが一般的になった。俳句で「初詣」が季語として歳時記に採用されたのは明治末期であり、実際に「初詣」を詠んだ俳句が登場するのは大正時代以降であるという[2]

引用元:ウィキペディア

 

結構昔からあるのかと思いきや、意外と「初詣」自体の歴史は長くないんですね。

 

勝手に平安時代くらいとかからあるのかと思っていました。

 

みなさんは毎年初詣行きますか?

 

行かれる方はどんなお願いをされますか?

 

・大学に合格しますように

・希望の会社の内定がもらえますように

・今年中に結婚できますように

 

いろんなお願いがあると思います。

 

そして叶ったかどうかなんてどうでもいいんです。

 

そのお願いをするだけして、その結果をきちんと神様に報告していますか?

 

お礼参りとは?

お礼参り(おれいまいり)とは、神社仏閣に願を掛け、その願いが成就した時に、お礼として礼拝布施[要出典]を行なうこと

引用元:ウィキペディア

ここでは「願いが成就した時に」と書いていますが、本当にそれでいいんでしょうか?

 

これって、神仏周辺のことだけでなく、日常の中でも忘れられがちな大切なことだと思います。

 

コミュニケーションを一方通行の都合のいいものにしない

「〇〇したいです」と言っておきながら、それが叶ったのかどうかも知らされない。

 

これ日常に置き換えてみてください。

 

大切な友達が『今から大好きな彼に告白してくる!』と知らされて、その後の結果を知らされなかったら。

 

どう思いますか?

 

不安ですよね。心配ですよね。

 

教員時代もよくありました。

 

「あ〜今週、この生徒は就職試験だな〜」って把握していても受かったのか、落ちたのか。

 

「全然言ってこない〜!早く教えてくれ〜!」みたいなこと。

 

結果がどうこうではなない、顔を出す、挨拶をすることが大事

思い通りになったからいい。

 

思い通り行かなかったからダメ。

 

人生そんなもんじゃないと思います。

 

それよりもちゃんとお世話になった人の元へ顔を出す。

 

心配してくれたり、応援してくれている人の元へ挨拶に行く。

 

合格とか内定とか結婚とか、ハッピーな報告がお土産ではなく、節目ごとに顔を出すことが何よりのお土産だと思うし、そうやって繋がる人間関係の先に信頼は生まれて行くのだと思うのです。

 

教え子だから、可愛い後輩だから、大切なお客さんだから、それだけで面倒見てくれる人もいます。

 

でも、その先の信用を得るためには足を運ぶ。

 

これが一番だと思うのです。

 

あとは呼ばれたらすぐ行くってことも。

 

まとめ

例え話が日常的になりすぎましたが、神様に1年の祈願をしたのであれば、今年どんな年だったのか、何ができて何ができなかったのか、きちんと顔を出すことが礼節だとぼくは思います。

 

ぼくの周りにも呼んだらすぐくる人(たまに呼んでないのにくる人)もいるし、呼んでも何かと来ない人もいる。

 

それももちろん自由です。

 

足を使う。

 

これってチャンスを掴む一歩だと思います。

 

ぼくも呼ばれたらなるべくすぐ行くようにしています。

 

行った先に、絶対面白いことあるから。ヒントがあるから。チャンスがあるから。

 

そしてお世話になった人の元へは、自分から顔を出す。

 

こういうこと忘れずに生きていこうと思います。

 

現代の世の中でいうと「古いな〜」とか言われるかもしれませんが、自分が大事にしていることは大事にしたいなと。

 

それだけです。

 

初詣で神様にお願いしたこと、今年のうちに報告しに行ってみてはいかがですか?

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-LIFESTYLE

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.