お金をかけずに−14kgを達成した30代の生活習慣

帰宅後のカバンの置き場に困るなら宙に浮かせりゃいいじゃない

自宅に帰ってくるとこのように思ったことはありませんか?

「カバンの置き場所が…ねえ…」

自分の家なのに、ですよ?不思議な感覚です。

で、どこに置くのか問題ですが床はなんとなく嫌です。何か一つ床に起き始めたらそれ以外のものも「まあいいか」という気持ちになって、床に物が溢れていくからです。こうやって何か一つくらい「まあいいか」という気持ちが積み重なると人生も次第に「まあいいか」になっていきます。

ちなみに「これくらいいいだろう」「自分くらいいいだろう」という意識が溢れているのが世の中です。そうやってみんなが好き勝手やり始めたらこの世はどんどん荒廃していく。防ぎましょう。

帰宅後のカバンの置き場を解決する

そこで社会問題解決のためにこのようなものを買いました。

  • ステンレスのシュッとした見た目で
  • 対荷重10kgまでイケて
  • 壁に穴を開けたりしなくていい

という優れもののフック。4個入り。

使い道としては、玄関入ってすぐのところに2つくっつけてバイクのヘルメットを吊るす用にしました。

トイレのドアに貼り付けたフック

あとトイレの個室に入った時にもカバンをどこに置くか迷いませんか?

大抵のトイレはドアの裏にカバンを引っ掛けておけるフックがついているので、我が家もそうしようと思って貼り付けたところで我に返り「家のトイレにカバン持ち込むことないかも」と思ったのですが、シールの粘着力が強すぎて外れない。外れないけど困りません。もしかしたら漏れそうになりながら自宅にたどり着いて、一目散にトイレに駆け込む日があるかもしれないからです。この日みたいに。

壁に貼ったフック

ということで残り一つをクローゼット付近の壁に貼り付けて、持ち帰ったカバンを宙に吊るして保管することに成功しました。

帰宅後のカバンの置き場に困っている人、床に物を置きたくない人、ソファとか椅子にも置きたくない人、賃貸で壁に穴を開けにくい人は導入をおすすめします。

関連記事

帰宅後はカバンから全ての荷物を出すのもおすすめ。

カバンの中身を全部出している様子

帰宅後はカバンの中身を全部出すようにしている

(追記)こんなアイテムもおすすめ

持ち運べるバッグハンガーClipa(クリッパ)はカバン好き全員持つべき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。