お金をかけずに−14kgを達成した30代の生活習慣

帰宅後はカバンの中身を全部出すようにしている

帰宅後にカバンの中身を全部出すとお金が貯まりやすいみたいな話を聞いたので、鵜呑みにして実践しています。月末にはひゃくまんえんくらい好き勝手に使えたらいいですね。

カバンの中身は毎日全部出すメリット

カバンの中身を全部出している様子

やってみて感じたメリットです。

荷物の無駄を省ける

毎日同じものを持ち歩いていても、必ずしもそれが必要とは限りません。

あると便利だと思って持っていたけど、実はここ1ヶ月全然使っていない荷物がカバンの中にはあったりします。

カバンの中身を毎日リセットすることで、本当に自分に必要なものだけを持って外出することができます。身軽は正義。

明日をイメージしやすい

カバンの中身を全て出した状態で「明日はどんな日になるのか」を想像すると必然的に必要な持ち物が決まってきます。

同時に「プレゼンの準備もうちょいやっとくか」みたいな感じで、翌日のことを具体的にイメージしながら準備が捗ります。

仕事は段取りが8割を占めますので、明日の成功が約束されたようなものです。

作業を効率化させる秘訣「段取り八分の仕事二分」を教えてくれた兄貴の話

少し先もイメージしやすい

荷物を全部出すだけでなくて、財布の中身もすっきりさせておくといいですね。

その日に使ったお金を手帳にメモしたり、レシートを整理したり処分することで財布の中が整います。

同時に残金を確認しておくと「そろそろATM寄っておくか」という段取りもついたり「今週はもう終わるからこのままで乗り切れそうだな無駄遣いはやめよう」といった抑止効果もあります。

無くし物や探し物が減る

毎日出したり入れたりすることで、自分が何を持っているのかが一目瞭然になります。

カバンに入れたはずなのに入っていないとか、家にあるつもりだったのに見当たらないといった探し物の時間を人生から削減できます。

カバンの中身を毎日全部出すデメリット

片付いた部屋の様子

もちろんデメリットもあります。

単純にめんどくさい

まぁめんどくさいです。

慣れるまでの辛抱だとは思います。

疲れ果てた日は無理

疲れ果てて帰ってきた日は無理です。

ベッドで気絶しています。

泥酔した日は無理

泥酔して帰ってきた日も無理です。

玄関で気絶しています。

寝坊すると朝ばたつく

カバンから全部出したはいいものの、翌日の想定や準備をしないまま気絶すると朝バタつきます。

カバンの中身を毎日全部出した感想

率直な感想としては、やった日の翌日は割と高確率で捗る1日を過ごせている気がします。やはり準備は大事ということが言えます。

とは言え途中も書いたように慣れるまではめんどくさいと感じる日もしばしば。新しい習慣が身につくにはおよそ2ヶ月の継続が必要らしいので、頑張って続けてみようと思います。

逆に言えば続けやすい日は適度な疲労と飲みすぎていない証ということで、生活リズムを図る指標にもなりそう。引き続きやってみて気づきがあれば再びシェアします。

帰ってきてダラダラしてしまう人、忘れ物や無くし物が多い人、単純に荷物が多い人は帰宅後に持ち物を鞄から全部出す、をやってみてはいかがでしょうか。

帰宅後のカバンの置き場についても考えました。

帰宅後のカバンの置き場に困るなら宙に浮かせりゃいいじゃない

カバンの中身

カバンの中身とこれからの仕事のこととか公開2020年4月版

カバンの中身あれこれ公開2019年4月版

2018年のカバンの中身

カバンの中身あれこれ公開 2018年4月版

カバンの中身あれこれ公開 2017年4月版

カバンの中身あれこれ公開 2016年4月版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。