ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE ワークスタイル

【2016.4版】ノマドワーカーみたいに移動生活の多いぼくの持ち物はこんな感じ

更新日:

IMG_6655

 

こんにちは、北川勇介(@yusukeworld_)です。

日本へ帰って来てから、ライフスタイルとワークスタイルの垣根がなくすために、所有物の管理を徹底して行なっています。

ぼくは「ノマドワーカー」と呼ばれる職種に対して、別に憧れを持っている訳ではないし、そうなりたいって訳でもありません。

ですが、個人で生きていくための仕事を作ろうとしていたら、カメラとパソコンを持って移動生活なんてしちゃってます。

 

移動生活だからこそ考えるべきことは、必要なものをいかに負担なく持ち歩くか

そして、最重要課題はいかに移動を楽にするか!

これに尽きます。

 

究極的なことを言えば手ぶらが最強だと思うけど、現実問題そうは言っていられないので、最低限の荷物で最大の効果を発揮するためにはどうしたらいいか?

そんなことを常に考えています。

 

ってことで今回は、カンボジアから帰って来て日本国内を行ったり来たりしているぼくのカバンの中身、公開しちゃいます。





実際に使っているカバンとカバンの中身を公開します

IMG_6659

 

GREGORY Day&Half(グレゴリー・デイアンドハーフ)

日中持ち歩くメインバッグは、グレゴリーのデイアンドハーフです。

(このブログでは、ぼくのグレゴリー愛を何度も語っています。)

 

デイアンドハーフの内容量は33Lとかなり大きく、必要なものをがっつり詰め込んでカバン一つで持ち運びできるのがいいですね。

グレゴリーはアウトドアブランドの中でも、リュックやバックパック特化しているブランドなので完全に信頼しきっています。

ちなみに愛用歴は12年目を迎えました。

 

リュックと呼ばれるものは世の中に数多く存在しますが、グレゴリーのリュックはショルダーストラップが、かなりしっかりしているので体にかかる負担が少なく、背負った時に感じる重さが少ないです。

さすが、「バックパックは背負うものではなく着るもの」というコンセプトを持っているだけあります。

 

Nikon D750

この4月からフルサイズ機の一眼レフカメラ、NikonのD750を持ち歩いています。

なぜ今一眼レフカメラを買い換えたのか?Nikon D750購入経緯と仕事について

「自分が本気なら道具はいいものを持ちなさい。そしてその道具に負けない自分になりなさい。」   教師なりたての1年目、先輩の先生からこんな言葉をもらいました。   体育教師だったので …

続きを見る

持っているレンズは、標準ズームの24-120mm F:4と、単焦点レンズ50mm F:1.8の2本です。

海外に行く際も、急な撮影の仕事に備えて2本持っていきますが、日中の持ち運びは原則1本です。

(2018.2 追記:カメラが仕事から趣味になったのでズームレンズは売りました!)

 

みんなが使えるあまり特別でないもので勝負する。がぼくのカメラマンとしての売りです。

関連記事:特別な機材を持たずカメラ一台と標準レンズで勝負

 

MacBook Air

ブログサイトの管理・運営から、写真の編集、オンラインショップの手続きなど、ありとあらゆる仕事を詰めたMacBook Air。

これがないと仕事になりません。

ちなみにブログはWordPress、写真の編集はAdobe Lightroom、オンラインストアはBASEを利用しています。

 

patagonia Torrentshell

突然の雨や防寒対策として、patagoniaのトレントシェルを持ち歩いています。

折りたたむと、とてもコンパクトになるので、かさ張らず持ち運びにがとても楽です。

 

 

ガジェット系

iPhoneの充電器や外付けHDD、パソコンの充電器類は必須アイテムです。

 

外付けHDDはバックアップ用とデータ保管用に2種類持っています。

 

移動生活なので耐衝撃の物を選んでいる。

 

その他はこんな感じ。

関連記事:これさえあればどこでもぼくのオフィスになる仕事セット

 

電子辞書は、移動時間の暇つぶしにちょうどよく、暇つぶしなのに賢くなれる素敵なアイテムです。

 

 

コンセントが少ない時に。

 

メディアの読み込み時に。

参考記事:MacBook AirでSDカードが読み込めなくなった時

 

いつ出国するかわからないので。

 

サングラス

視力はいいのに、眼球がやられているぼくの必需品です。

参考記事:【メガネ・サングラス愛用者へ】「メガネのシャンプー」がすんげーキレイになる

 

 

文房具

デジタル化が進んでも、スケジュールやタスク管理はアナログ。

 

ほぼ日手帳を愛用。

 

ボールペンは絶対これ!

ジェットストリームの書き心地の虜になって早5年。

 

マイボトル・タンブラー

外での不要な買い飲みを減らすために、ぼくはマイボトル・タンブラーを持ち歩いています。

 

冷やした麦茶を持ち歩く時、熱々の珈琲を持ち歩く時で温冷どちらもバッチリです。

関連記事【水筒・マイボトルのススメ】サーモスの山専用ボトル

 

 

その他必要に応じてメンバーチェンジ

もちろん、これで決まりではないです。

 

仕事内容や期間に応じて、入れ替えは行っています。

 

カメラの三脚や着替えなどがその代表。

 

そうやって、毎日好きなものを見渡しながら行うパッキングや準備が意外と楽しいです。

 

ちなみに今回は「財布」とか「スマホ」みたいなのは省きました。

 

 

 

最後に

ちなみに日常使いのカバンは3種類あって、用途に応じて使い分けています。

_ysk5543

(左から12年戦士、講演などのよそ行き、泊りがけの時など)

 

※ライフスタイルとワークスタイルを極限まで考え抜いた2017年版のカバンはこちらです

 

これらのカバンの中身を入れ替えたり、時には少し付け加えたりしながら使っています。

 

毎日使うものだからこそ、とことんこだわって、愛着を持って丁寧に使う。

 

そんなことが、豊かに暮らすと言うことだったりするのかもしれないですね。

 

それから、カバンの中身って心を表すと思います。

 

所有物管理できてないと、持ち物良くなくしたり、どこ行ったかわからんくなってしまう。

 

自分では動かない荷物が、知らない間にどっか行くってことは、自分の心なんてすぐどっか行ってしまうと考えています。

 

ぼくはそうならないようにカバンの中身、部屋の中身を常に調えるようにしています。

 

それがもしかしたら丁寧に生きるってことの一歩目かもしれないから。

 

ではでは!

 

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-LIFESTYLE, ワークスタイル

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.