ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

カンボジアの小学校建設を終えて帰って来た日のこととこれからのこと

更新日:

去る3月19日、ここ数年の人生の軸にのようになっていたメインイベント、カンボジアでの小学校建設を終えて無事日本へ帰国しました。

 

ご協力いただきましたみなさん、本当にありがとうございました!

 

カンボジアの小学校建設に関する記事はこちらでもまとめています。

カンボジア小学校建設の始まりから開校までがわかる話。

3年かけて実現したカンボジアの小学校建設プロジェクト。   伝えなくちゃって思いながら、伝えることのできなかったぼくの大切な仲間達へ、いつも応援してくれている皆様への感謝の気持ちと。 &nb …

続きを見る

カンボジアに小学校を建設してよかった10のこと

カンボジアに建設した小学校が2016年の11月に開校しました。   工事期間は、2015年11月から2016年3月までのおよそ4ヶ月ですが、やると決めてから校舎の完成までは2年半、開校までは …

続きを見る

 

帰国してから1週間が経とうとしていますが「おつかれさま」「おかえり」という声と同じくらい「これからどうするの?」ということをよく聞かれますので、今後の展望をまとめてみました。





久しぶりに帰国して感じること

帰国してすぐに達成したやりたいことリスト

帰国便は、中国・上海を経由して名古屋の中部国際空港(セントレア)に降り立ちました。

 

到着してすぐ、セントレア内にある温泉で5ヶ月ぶりの「お湯に浸かる」という極楽を楽しんだあと、一番好きな「キリン一番搾り」を美味しくいただきました。

 

日本に帰ったらやりたかったことの二つがいきなりできてテンション上がります。

 

どうでもいいですね。はい。

 

帰国して気づいたこと

携帯電話のキャリアが使えなくなっている

空港までは大学時代の友人でもあり、カンボジアまで学校建設を手伝いに来てくれた将太(@shotayamagiwa)が来てくれました。

 

カンボジアの小学校が完成したら現地でウクレレを披露すためにウクレレ教室まで通ったのにカンボジアまでは来なかった将太の彼女も一緒に。

 

でしたが、到着したことを知らせようにもスマホが使えなくて、なかなか合流できずに戸惑いました。

 

言葉の通じる国で電波が通じない・・・。

 

後日わかったことですが、日本を離れている間に母親にauに提出するように頼んでおいた書類の件。

 

基本使用料を一番安いものに変更するはずが、母親は何を間違ったのか「解約手続き」をしたようです。

 

もういっそのこと電話番号なしで行こうか迷っています。

 

(追記)

現在は、格安SIMOCN モバイル ONEに切り替えているので、日本の電話番号もあります。

月額1,700円くらい。

まだ三大キャリアに高額な使用量払っているんですか?

 

日本は寒い

「暖冬」だとか「春が来た」とか言う割に嘘つけ!!

 

日本めっちゃさみーっす。

 

昨年10月から今年の3月まで日本の冬から逃げ、花粉症から逃げ。

 

毎日40度近い気温の中で、土木作業をやり抜いたぼくの毛穴は全開で、寒さセンサーが超敏感になっている模様です。

S__96043022

将太たちと食べに行った中華料理屋さんで、将太が汗かきながら麻婆豆腐をほうばる横でぼくは震えが止まりませんでした。

 

カンボジアから帰国して考えているこれからのこと

そろそろまじめなこと書きます。

 

そんなこんなで日本の気候に未だ対応していないのですが、そんなことも言ってられず・・・。

 

ゆっくりできるかなって思ったのもつかの間。

 

新たな事業の一手に踏み込もうとしている最中です。

 

ぼくの次の一手は、生まれ育った地元静岡県掛川市での新規事業(予定)。

 

とは言っても、事業を行うにあたって必要な資金は我が家にはありません。

 

本当どうしましょう。

 

なんてことも言ってられないので、スタートアップに必要な資金は0で行きます!

 

0円ゲストハウス、もしくはシェアハウスを始めようと思っています。

 

カンボジアでの生活で学んだことを生かして

何か足りないものを買い足して行くよりも、今あるものから何かを生み出せる方がよっぽど豊かだということをカンボジアの小学校建設を通じて、現地の人たちの暮らしから学びました。

 

いきなり理想の形からはできないのは重々承知ですが、時間と想いを積み重ねていけばいいものは創れるのだと信じています。

 

お客さんと一緒に創り上げていく新しいライフスタイルの形を目指して。

 

カンボジアの農村部で得たヒントから、地域の活性化を図り地元を盛り上げる。

 

その収益で、再びアジアのルーラルエリアの課題解決に着手する。

 

そんな流れでいこうかと考えているところです。

 

お金はないけど時間はたっぷりあるので、いろんな物件見て回っています。

 

掛川市の皆様、オススメの物件・不動産情報あったらぜひ教えてください。

 

結局何か一つ終わっても、次のやりたいことが待っている、仕事はなくても自分で生み出していく。

 

そんな一生になりそうです。

 

まとめ

具体的な中身については今後も決まり次第公開していきますが、ざっくり大雑把に考えている今後のビジョンについてまとめました。

 

もちろんうまくいくことばかりでも思い通りいくことばかりでもないと思います。

 

途中で試行錯誤を繰り返しながら、もしかしたら今言っていることも変わるかもしれません。

 

ですが、学校建設前からこうしてブログを書き続けてきたことで見てくれている人も増え、今後のこと聞かれたり仕事の依頼とかメディア出演の依頼とかいただけるのは本当にありがたいことでもあります。

 

そして、興味を持ってくれている人たちに今後の発信を続けることで今後もあらゆる可能性が広がっていくと確信しています。

 

それは、ぼく一人ではできないことが、誰かとの縁でつながり広がっていくという可能性。

 

できないことができるにかわる確率が上がれば、少しでも世の中は明るくすることができるのだと確信しているからこそ、一区切りついたこれからも発信するということは辞めずに、ビジョンを共有していければと思っています。

 

カンボジアの小学校建設は終わりましたが、これからも北川勇介をよろしくお願いします。

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-LIFESTYLE

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.