White House Cox(ホワイトハウスコックス)をおすすめしたい5つの理由と実用例

[alert title=”追記”]

実はここで紹介している財布、東南アジアのドミトリー宿泊中にスられてしまいまして…

今は別の財布を使っています。

買い直せば済むのですが、それだけではないこの財布とともに過ごす時間も、WHCの魅力なのです。

[/alert] [say img=”https://yusukekitagawa.com/wp-content/uploads/2018/10/jikoji.jpg” name=”ゆーすけ”]お金を盗られたことより、長年エイジングしてきたお気に入りのレザーだっただけにショックは大きいです。[/say]

 

大学生の頃に、ファッション雑誌Beginを読んでいて知ったWhite House Coxというブランド。

その財布に(紙面上で)一目惚れして、すぐに新宿伊勢丹まで見に行った過去を思い出します。

長年憧れてきた財布を、社会人になって購入し、もう8年目の付き合いとなりました。

この記事では、そんな愛用中のWhite House Coxの財布についての魅力と使用例を紹介します。

この記事でわかること
  1. 愛用中のWhite House Coxについて
  2. White House Coxの財布の使用例
  3. White House Coxをおすすめしたい5つの理由

愛用のWhite House Coxについて

IMG_6662

 

伊勢丹とかで見かけることの多いWhite House Coxのシリーズ。

イギリス発祥のレザーブランドで、日本の正規代理店は福岡のframeというお店だけらしいです。

 

使い込めば使い込むほど味が出るブライドルレザーの経年変化皮フェチにはたまらない。

Whitehouse Cox ホワイトハウスコックス

1875年創業以来、高品質の馬具や洗練されたデザインのベルトや鞄、財布など様々なレザーグッズを作り続けているホワイトハウスコックス【Whitehouse Cox】。使用する代表的な革は、強く耐久性のあるイングリッシュブライドルレザーで、約10週間もの間、樹皮や種子など自然の草木を使い丁寧にタンニン鞣しし、さらに天然の染料を革の深部にまで染み込ませ、じっくりと時間をかけたものです。こうしてできた最高の素材を、経験豊かな職人が確かな伝統の技術で形にして行きます。 フレームでは三つ折財布長財布などホワイトハウスコックス製品を数多く取り揃えております。

引用:frame

 

White House Coxの財布の使用例

ぼくが使っているのは以下の3種類。

  1. 二つ折り財布
  2. コインケース
  3. カードケース

 

二つ折り財布

IMG_6664

カードは表面上で6枚収納可能、紙幣の収納スペースは二箇所あります。

また画像で見えているカード収納の裏にも収納スペースあります。

 

この財布を選んだこだわりは、財布本体にコインの収納スペースがないものであること。

コインケースを別で持つことによって、荷物が増えるというデメリットもありますが、それ以上に財布が膨らまないという強力なメリットがあります。

[say img=”https://yusukekitagawa.com/wp-content/uploads/2018/10/jikoji.jpg” name=”ゆーすけ”]パンパンに膨れ上がった財布ってダサいです[/say]

後述しますが、コインはコインケースで管理する方が絶対にスマートです。

White House Coxは、様々な形や種類の財布がラインナップされていますが、この形が薄くてコンパクトで好き。

▼レザータイプが異なりますが見比べてきてください。

コインケース

IMG_6665

 

コインケースの魅力に気が付いたのは大学生の頃。

バイト先のマネージャーがよく休憩時間にジュースをおごってくれたんですが、その時にこれと同じ形のコインケースを使っているのを目にしました。

実は、銭入れの付いていない二つ折りとコインケースの使い分けは、完全にそのマネージャーの使い方に惚れたから。

 

小さい財布の中に小銭を溜め込むことも、溜め込んだ小銭を支払い場面でチマチマ探すのもなんかかっこ悪い。

そう感じたから、余計にこのセットで買うことを学生の頃に決めた記憶があります。

もちろんコインケースも大容量ではないので、小銭もしっかり管理してスマートに支払いを済ませたいですね。

 

[say img=”https://yusukekitagawa.com/wp-content/uploads/2018/10/jikoji.jpg” name=”ゆーすけ”]余談だけど以前、1日の終わりにかき集めて貯め込んで10万円貯金したこともあるぼくです。[/say]

▼形が違うタイプですが、見比べてみてください。

 

カードケース

IMG_6666

頻繁に使わないカード類は、カードケースで保管しています。

教員時代は名刺交換のシーンがあったので、名刺入れとして活用していましたがもう名刺を持つこともないので今は出番の少ないカードたちを保管しています。

 

実はこれ、御殿場アウトレットで見つけたもので、ちょっと柄が特徴的なんです。。

IMG_6663

一般的に出回ってないデザイン。

ブランドロゴがたくさん刻印されています。

だからアウトレット商品なんだろうけど。

 

確か半額くらいで買えました。

珍しいからかぶらないし。

偽物じゃないし。

 

White House Coxをおすすめしたい5つの理由

  1. 高品質のレザーを使用しているので長く使える
  2. エイジング(経年変化)が楽しめる
  3. なかなか人とかぶらない
  4. シンプルで飽きのこないデザイン
  5. ラインナップが豊富なので選びやすい

 

1.高品質のレザーを使用しているので長く使える

White House Coxが使用している代表的なレザーは、イングリッシュブライドルレザーというもので、非常に強く耐久性があるのが特徴です。

もともとはイギリスで馬具の専門店として創業したので、その作りも確かなものが受け継がれています。

 

2.エイジング(経年変化)が楽しめる

White House Coxのレザーは長い期間をかけて天然の染料を革の深部まで染み込ませています。

使い込んでいくほどに「味」のある色味に変化していくので、購入時からは使い込む自分だけの色に染めていくことができるのです。

 

なかなか人とかぶらない

あなたの近くでWhite House Coxを使っている人を、何人見かけたことがありますか?

「みんなが知っているようなハイブランドの財布は使いたくない」

「でも安物ではなく上質なブランドのものを使いたい」

そう感じている人にまさにピッタリなのが、White House Coxの財布です。

 

4.シンプルで飽きのこないデザイン

上質な革を使って職人の手によって丁寧に作られたWhite House Coxの商品はどれも余分なものを一切付け足さない超シンプルデザイン。

長く使える秘訣は素材だけでなく、その見た目にもあります。

 

5. ラインナップが豊富で選びやすい

今回紹介したもの以外にも、いろんな形や色のシリーズを展開しているので好みやライフスタイルに合わせて、自分にピッタリな一つを選ぶことができます。

男女問わず使えるので、性別関係なく選びやすいですよ。

 

White House Coxのおすすめポイントまとめ

IMG_6667

ということで、上質なブライドルレザーを使用したWhite House Coxをおすすめしたい5つの理由を紹介してきました。

世の中には数多くの名作がありますが、このWhite House Coxもその一つ。

本当に自信を持っておすすめできるアイテムです。

White House Coxは、「あげたいプレゼント」としても密かな人気を集めているので贈り物を悩んでいる人は、一度検討してみてはいかがでしょうか?ぼくなら跳ねて踊って喜びます。

[say img=”https://yusukekitagawa.com/wp-content/uploads/2018/10/jikoji.jpg” name=”ゆーすけ”]大切な人の就職祝いなどにはいつもWHCの名刺入れを送っています[/say]

ちなみに、経年変化を楽しむために2ヶ月に1回くらいブライドルレザー専用のオイル塗って、綺麗にしてニヤニヤしてます。

 

自分用はもちろん、贈り物にも最適なWhite House Cox。

ぜひ一度、その手で触れてみてください。虜になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。