BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

カンボジアにおける支援活動を考える団体や組織へのサポート

更新日:

途上国の人たちの役に立ちたい。

だけど、そもそもその国のことよく知らないし、何から始めたらいいのかも、自分たちになにができるのかもわからない。

 

想いとは裏腹にのしかかる「現実の壁」を壊すべく、ぼくらは、僕らと同じようにカンボジアにおける支援活動を考える方々のサポートを展開しています。

 





目の前の人たちが笑顔だったらいいのか?

ぼくらは2013年から、カンボジアでの活動を始め、これまで一つの村に特化して、井戸掘りや道の整備、小学校建設、トイレ建設、貯水タンク設置など、様々な活動を展開して来ました。

 

小学校は2016年3月に校舎が完成し、同年11月から開校しました。

 

現在は教育活動のサポートを行いながら、知見を広げるための社会勉強(ぼくらは遠足と呼んでいます)、そして教育の幅を広げるべくアートに関する時間を設けながら、共に未来を切り開くタネを撒いています。

少しずつでも着実に、物事を進めていけるのは、多くの方に支えられ、助けられてきたこれまでと、今も変わらず温かく見守ってくれて、応援してくれる方々のおかげなのです。

 

一人ではできなかったことが実現できて、そのちょっとした行動によって、村の未来も少し変わりました。

 

しかし、この村の未来を守って行くことはもちろん、同じように活動をしようと思っている方や団体のことも気になるようになりました。

 

カンボジアには、まだまだサポートが必要な地域が多く存在します。

 

ですが、ぼくらだけでは、とても他の村や集落にまで、手が回りませんし、目も行き届きません。

 

しかし、ぼくらがやれないことをやれる人たち、やろうとしている人たちがいます。

 

その人達の力になることもまた、社会貢献の一つなのでは?と考えるようになりました。

 

「自分たちだけよければいい」、という発想にも貧しさのタネは孕んでいるのです。

 

余分な労力を削減し活動に集中してもらうために

ぼくらは現地のNPOやNGOの力を使わずに、完全に単独で現地を視察し、行政ともやり取りをし、小学校建設に関する基盤を整えて来ました。

 

経済面の準備だけでなく、このような基盤を整えることにも大変な労力と時間を使うことにもなります。

 

もちろんお金もかかります。

 

「小学校がない村に小学校を建設をする」と決めてから着工までは約2年、開校までは3年の月日が流れました。

 

随分時間もかかってしまったし、遠回りをして来たと思います。

 

特に学生団体として活動する人たちからしたら、計画から視察、実行まで何年もかけられません。

 

そこで支援が必要な地域の選別や視察、現地通訳や交通手段の確保など、これまでの経験を生かしてこちらで用意できるだけの基盤を整えることができます。

 

それだけでなく、活動の軸となる「何が必要か?」「何をすべきか?」についても、相談に乗ることが可能になります。

 

余分な労力をかけずに、自分たちのやろうとしている活動に労力も時間もお金も使って、実現を1日でも早めてもらいたいという願いがあります。

 

安心安全なサポート体制

BORDERLESSに関わるカンボジアメンバー達はそれぞれ、カンボジアでの生活経験が豊富です。

 

メンバーの中には孤児院の運営をしたり、フリースクールでの勤務実績があったり、実際に現地で井戸を掘ったり学校建設に参加したメンバーが多くいます。

 

また、カンボジアの「国王指定ガイド」としてカンボジア国内に数名しかいない、ガイドの中でもトップクラスの人が運営する会社と事業提携を結んだことで、宿泊先や交通手段など、なるべく予算に合わせてプランが組めるだけでなく、日本語や英語が堪能な通訳の派遣も可能です。

 

活動に際しては、こちら側からの「あ〜しろ、こ〜しろ」ではなく、活動主の皆様の「やってみたい」「やりたい」を形にする準備を整えてお待ちしております。

 

一緒に世界の一部を明るくしませんか?

実際にカンボジアで活動していても、なかなか情報交換の場も機会も多くありません。

 

せっかく人のためにやるのであれば、もっとお互いの「できること」で手を取り合えば、もっともっと実現の可能性は高まるはずなのに。

なぜか、そのような場が少ないのも事実です。

 

ぼくらができることって、本当に小さなことばかりです。

 

それでも、小さなことを積み上げて行くと、気づかぬ間にで人が増え、できることが増え、いつのまにか大きな一歩になっていたと気付かされます。

 

ぼくらだけではできないことがあります。

ぼくらにしかできないこともあります。

 

あなたが抱えるカンボジアでの活動、ぜひ実現させませんか?

 

活動に関してのご相談等は、「お問い合わせページ」よりお気軽にお寄せください。

 

>>>お問い合わせに関するプライバシー・ポリシーはこちら

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-LIFESTYLE

Copyright© BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる , 2018 AllRights Reserved.