BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

北川勇介をフォローする

FREELANCE

英語を武器にして海外で働くためにやっている勉強法

更新日:

もともと英語が話せなかったどころか、海外旅行にすら積極的ではなかったぼくでしたが、今では英語を活用して海外で仕事をするという人生を歩んでいます。

 

こんな未来を誰が予想したでしょう。

 

学生時代を知る先生にお会いする度に、驚かれます。

 

過去の自分に言えるなら言っときたいものです。

 

その時間、英語の勉強しとけ!

その買い物、マイル貯めとけ!

と。





1 勉強が嫌で嫌でたまらなかった高校生時代

勉強がたまらなく嫌だったから「就職したら勉強しなくていい」という安易な発想で、高卒で働く気満々でした。

 

ただいろいろあって、大学を目指すことになり、必死になって勉強しました。

 

人生で一番勉強したって言えるくらい、大学受験は全てを忘れて勉強に打ち込んだ期間でもあります。

 

ただ、大学に入ることがゴールになってしまっていたぼく。

 

今覚えば、入りたての頃は、それなりに「生きる英語」を使えていたと思います。

(自分で言うのもなんですが)

 

何となく聞き取れていたし、言いたいことは言えていた。

 

それは、大学受験の勉強方法が、問題を解くという日本らしい偏ったものではなく、頭に残る勉強方法、つまり覚えるだけでなく実践的なやり方を知らない間にやっていたんだと思います。

 

ですが、書いたように大学に入ることが目標になっていたぼくがその後、再びあっさり勉強から離れていくことで、せっかく身につけた英語力が失われて行くのも、また早いものでした。

 

そう、桜木花道のように。

 

2 効果的な英語の勉強法

声に出す

大学受験の時、友人の勧めで予備校に通っていました。

 

今でこそあの名台詞「今でしょ!」で有名な林先生も所属している、東進衛星予備校です。

 

そこで受けていた英語の授業が「安河内先生」というスペシャリストの授業でした。(当時はそんなこと知らずに何となく選んだ授業)

 

安河内さんの勉強方はとにかく「声に出して読む」というもの。

 

とにかく言われたまんまやっていたぼくは、最初は知らない単語が多すぎて、長文を読んでいてもちっとも前に進まない状況でしたが、とにかく読んで、調べて、確認をしての繰り返しでした。

 

今もそのやり方しかない

他の勉強法は試していないし、調べてもいないのでわかりませんが、声に出すというのはすごく理にかなっています。

 

ぼくは「脳は理不尽を許さない」という言葉と出会ってから、声に出す効果を信じていますが、おそらく近いものがあるということです。

 

声に出すことでそのまま自分の耳を通じて脳に届きます。

 

こう言えばいいんだって書いて終わりの勉強法は、やった感、わかった感が強いですが、実際に英語を活かしたいのであれば、声に出す方が効率がいいと感じます。

 

また、リスニングの基本は正しい発音からとも言われていますが、声に出すことでなおさら発音も意識できていいです。

 

ぼくが学生時代から活用している電子辞書は、発音機能が付いているので、正しい発音の仕方もわかるので吸収が早いです。

 

テキストは何でもいい

一番迷うのがここだと思います。

 

正直、何でもいいです。大事なのはテキスト一周では何も身につかないので、薄くてまず自分がやり切れるものがいいです。

 

この一周やり切れるかどうかが、結構メンタルには響いています。

 

この「一周やりきり」ができないと、「あ〜俺は結局続かない〜」っていう自己嫌悪に陥るので、まず何でもいいので自分がやり切れる厚さのテキストがオススメです。

 

ぼくはこれを使っていました。

CD付きなので、実際に使える言葉の言い回しの、発音やリスニングにも役立ちます。

 

3 声に出すのが恥ずかしいなら

声に出す勉強は、なるべく大きな声でやった方が自信にもつながります。

 

大きい声を出そう、はっきり話そうとすると自然に姿勢も良くなるからです。

 

ただ、深夜に叫び出すのも、カフェやファミレスで急に大きな声を出すのは、周囲の迷惑になるので、時と場合を選んだ方がいいですが。

 

一人でいるときに、声が出せないなら・・・

 

多分・・話せません。

 

誰も聞いていないのに声が出せない、発音が気になってしまう、流暢に話せないのが恥ずかしい、という時点で英語のコミュニケーションは失敗です。

 

こんなにも間違っても、発音が変でも誰にも何も言われない場所で声が出せないなら、英語を身につけて、誰感伝えて仕事をするのは不可能です。

 

自分ができる範囲からでいいです。黙読ではなく、声に出してみましょう。

 

4 知らない単語の出会い方

自分で決めたテキストを書き出して、声に出す作業だけでも最初は知らない単語と出会います。

 

テキストの中に意味を書いてくれているのもあれば、自分で調べなくてはいけない時もあります。

 

まずはテキストの中にある知らない単語をしらみつぶしでいきましょう。

 

あとは日常の中で、聞いたことあるけど、意味がわからない単語とか出てくるので、スマホのメモ機能などにメモをして、その日の終わりにまとめておきます。

 

日常の中で英語に目を向けるという意識づけができた時点で、かなりの進歩です。

 

そして知らない単語が街にあるということは、逆によく使われる可能性のある単語である可能性が高いです。

 

時間があるときには、映画を見るのもいいですね。

 

最近では様々なオンラインサービスで、定額見放題などのサービスが多くあるので、息抜きも兼ねて映画を見ることをオススメします。

 

ぼくは字幕も無しにして、英語の音声を流しています。

 

最初はマジで意味がわかりませんが、ある日急に、「ん?」「あれ?」と意味を拾える日がくるので、とにかく繰り返し流しましょう。

 

耳も発音も慣れです。

 

5 まとめ

英語を使って仕事をするために継続していることをまとめてみました。

 

いろんな勉強法がありますが、最初からうまく行くはずのものでもないし、慣れること、使ってみることが一番の学習だと思います。

 

英検とかTOEICとか、資格の点数を目標に頑張るのもモチベーションかもしれませんが、ぼくのような立場の人間は、そのような試験で点が稼げても、実践できなかったら意味がありません。

 

とにかく間違っていても、使う機会をつくることが一番大きなステップです。

 

テキストに書いてあることをキレイにノートにまとめるだけでは、話せるようにはなりません。

 

話す、聞く。

 

会話はそうやって成り立っているわけですから、日常の中に使うという機会を設けてみるといいと思います。

 

ぼくはTOEICも英検も受けたことないし、留学経験もありません。

 

きちっと話せているか?と言われれば、まだまだできない部類かもしれません。

 

ですが、ほんのすこしの継続で、今もこうして海外の事業者と仕事ができているわけなので、これからも自分のやりたいことのために、毎日少しずつでも英語のレベルアップのために勉強を継続しようと思います。

 

英語が話せるようになりたいのではなく、海外を飛び回って仕事をする、という自分の夢の実現のために。

 

同じように頑張っている方、こんなオススメ方法もあるよ〜ってのがあったらぜひ教えてください!

 

英語学習におすすめの書籍はこれ!

▼ぼくが今でも愛用している英語のテキスト。言いたいことがすぐに見つかります。

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-FREELANCE

Copyright© BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる , 2018 AllRights Reserved.