YouTube再開しました>>>

ブログで稼ぐことにこだわる理由

こんにちは、北川勇介です。

一応ブログ書いて飯を食っています。
東京の家賃を払いながらだと厳しいかもしれないけど、東南アジアにいれば余裕です。

もちろん現状に満足はしておらず、もっと余裕の幅を広げていくために、引き続きブログを頑張りたい。

この記事では、ブログを頑張る理由に触れながらブログで稼ぐことのおすすめを紹介したいと思います。

ブログで稼ぐことにこだわる理由

主な理由は二つあって

  • 時間や場所にとらわれないから
  • 自分が働かないと終わるってことがないから

です。

時間や場所にとらわれないから

理想的な働き方ですね。

満員電車も交通渋滞も残業もありません。

個人的には、カンボジアに小学校を建設したのでそこの様子を定期的に見に来たり、何か問題があったら駆けつける生活のために最適。

会社とかに所属して働いていると「すいません、明日からカンボジア行くので休みます」とか簡単じゃないことが多いと思うので、日本にいてもカンボジアにいてもその他の国にいても仕事が成立するこの恩恵に感謝しています。

弱点はインターネット環境と電源がなくなるとただの廃人ってことです。

自分が働かないと終わるってことがないから

例えばぼくが一人でパン屋さんをやっていたら、ぼくがパンを作らないと売るものがありません。

つまり、ぼくが休んだら収入はゼロ。

自分がやりたかった仕事をすることは良いことだと思いますが、「その働き方はいつまでできるのか?」を考えておかないと、体に不調が出たりした時に一気に収入が止まります。

ブログは過去に書いた記事がお金を稼いでくれます。

今日何か記事を書かないからと言って収入が止まることはありません。

逆に毎日書いているのに収入が止まるってリスクもありますが、収入源を分散しておけばそういった場合も大怪我しなくてすみます。

ブログで稼ぐことのすすめ

ブログで稼ぐスキルは持っておくといいですよって話をします。

心が安定する

冒頭でお伝えした通りですが、ぼくの現時点でのブログの収益だと東京の家賃だと厳しいけど、東南アジアなら余裕です。

生活コストを下げても最低限度の幸福を維持しながら暮らしていけるので、心が安定します。

やりたいことが広がる

東南アジアにいても朝から晩まで働いてその国でギリギリの給料しかもらえないと萎えますが、特別我慢することもなく最低限度の幸福を感じながら暮らしていると、他のことに目がむきます。

経験がそのまま収入アップにつながる

言ってしまえばブログとは生きる土台です。

時間場所問わず働いて「これだけ稼げたぞ」って実感が湧けば、あとはいろんなことに挑戦をしたり学びを増やしたりしてその土台を太くしていくのみです。

仲間集め

カンボジアに小学校を建設した時もそうでしたが、発信をしていると見ていてくれる人がいて応援してもらいやすくなります。

自分というものを理解してもらいやすいツールにもできるし、同じような考えや同調してくれる人が集まってきてくれたりするので、ブログやっててよかったって気持ちに包まれます。

社会や世の中に自分を変えられないため

これは多少大袈裟で曖昧な言い方かもしれませんが、世界でとんでもないことが起きてぼくらの生活がガラッと変わったとしても、多分ブログを書いてきた人は生き残りやすいと思う。

ブログを書けば良いってものじゃないかもしれないですけど、マーケティング感覚を養ったり、人に刺さりやすい言葉を選んだり、喜んでもらえるコンテンツのアイディアが浮かびやすかったりするので、多分ですけど何かあってもきっと大丈夫な気がします。

まとめ

ということで引き続き、ブログで稼ぐことにこだわりながら生きる土台を強く太くして、大切なひと・こと・もの・ばしょを守れるように頑張ります。

はやくぷろぶろがーになれるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。