ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




LIFESTYLE

影響力のある人になるために発信力と説得力が高まる行動をしていく

投稿日:

「今一番欲しいものなに?」

この間ふと聞かれて、瞬時に浮かんだ答えがありました。





北川勇介が今一番ほしいものは「影響力」

「影響力が欲しい!」って答えたら「ハァ?影響力?」って言われて、影響力って何だよ!とまで言われましたが、今切に願っています。

 

欲しい。影響力。

 

影響力って何?

 

ぼくが考える影響力は発信力×説得力です。

 

影響力があるとはどう言う状態のことなのか

例えばテレビの中でよく見かける人、頭が良い人、スポーツ選手やアーティストなど簡単にまとめると「すごい人たち」は、ものすごい影響力があると思います。

 

それはなぜでしょう?

 

おそらく説得力があることを公衆の面前で証明し続けているからだと思います。

 

テレビとかラジオとか雑誌とか、そういった多くの人の目に触れやすいメディアを通じて。

 

つまり、影響力とは発信力と説得力を掛け合わせたものではないかと、ぼくは考えています。

ぼくら素人が影響力を持つためには

ぼくら素人はいきなりテレビなどのメディアに出れる機会など回って来ません。

 

そんなぼくらが影響力を持とうと思ったらどうしたらいいのか?考え抜きました。

 

その前に、ぼくが考える影響力=発信力×説得力についてもう少し掘り下げておきます。

図にするとこんな感じ。

 

発信力とはメディアの威力。

説得力は挑戦や行動の数。

 

つまり、自分がやっていること考えていることを発信し続けることで、自然と影響力は得られるのだと思います。

 

メディアという項目の中にSNSと書きましたが、フリーで使えるSNSにはやはりそれなりの限界があるって言うのは、これまで何度も書いて来ているように、やはり母体となる個人メディアの威力がものを言います。

 

友人・知人に知らせたいだけならSNSでいいでしょう。

ですが、それでは世の中で影響力を持つことはできません。

 

量をこなす、それを続ける

発信力と説得力というぼく個人の定義に基づくなら、必要になってくるのは行動の数と発信の数。

 

つまり、量をこなさなくてはいつまで経っても影響力はないのだということです。

 

どれだけいいものを持っていても「世の中はわかってくれない」のは「世の中に届いていないから」です。

 

そして、待っていても嘆いていても誰も世の中に、自分というものを届けてはくれません。

 

きっと、一昔前だったら個人で影響力を持つことはもっと難しかったと思います。

 

それが今では簡単に個人レベルで取り組んでいることを、世の中に広めていく手法が溢れかえっています。

 

だからこそ、人生はもっとおもしろくもできるし、豊かにすることもできる。

 

そして、自分が豊かになれば守りたい人を守ることも容易になるし、他に力を使えることが増えます。それこそが真の社会貢献だと思うし、その社会貢献がまた自分のビジネスを加速させていく。

 

「いつかいつか」では、人生はすぐ終わってしまうから。

 

ぼくは、これからも発信と挑戦(行動)の数にこだわって生きていきます。

 

影響力ある大人になるために。

 

この記事を読んでくれた人におすすめの記事

 

この記事に関連するおすすめの本

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.