人気の入浴剤「BARTH」があれば自宅で簡単に中性重炭酸風呂に浸かれて本当最高

風呂が好きです。その中でも特に炭酸泉が好きです。数年前にネットで見かけた入浴剤BARTH(バース)は自宅で簡単に炭酸風呂が実現できる優れもの。

しかも「冬でもお風呂上がってからずっとポカポカ」「寝つきが良くなったし夜中に起きない」「ぐっすり寝れて朝まで起きなくなった」「肌がキレイになる」などとても好評でずっと気になっていたのですが、

  • カンボジアの自宅に湯船がない
  • てかBARTHが気になってから2年ほど日本に帰れなかった

という理由により、喉から手が出るほど待ち望んで使ってみたかったアイテム。今回の一時帰国を決めてすぐにポチり、隔離中からずっとお世話になっています。

BARTHの外観

こちらがBARTHのパッケージです。販売当初は品薄すぎて再入荷まで時間がかかりまくったり、ヤフオクやメルカリで高値で転売されたりもしていましたが今はLoftとか東急ハンズとか京王アートマンとか百貨店とか行くとよく見かけます。

サイズは3パターンあって、9個入り(990円)・30個入り(2,750円)・90個入り(6,600円)となっております。

このようなタブレットを1回3錠。90個入りの大容量パックを買っても毎日使ったら入浴剤に月間7,000円近く課金することになるので日用使いには不向きかもしれませんが、気温の変化で体がやられたり、眠れない日が続いていたり、疲労が溜まったり、明日はデートだって日とかに入るといいと思います。

BARTHの入浴剤を使ってみた感想

入浴剤そのものは無香料なので、お湯にも香りがつきません。赤ちゃんでも入れるし、洗濯(洗いのみ)でも使えるとのことでした。

「パッケージには1回3錠と書いてあるけど3錠入れるとキマリすぎてヤバいから1錠で試してみるべき」というレビューを見かけて、なんかとんでもないものを買ってしまった気がする…となって初日は間をとって2錠でやってみました。

使用感としてはスーパー銭湯とかで入る炭酸泉みたいな感じはありません。言われなければわからないくらい、シュワシュワも色も香りもない透明な風呂です。入ってすぐに何らかの効果を実感するという人もいるかもしれませんが、個人的には出た後に感じることが多い商品でした。

出た後に感じたこととしては

  • 体がずっと暖かい
  • 東南アジアの気候に慣れすぎた人が真冬の日本に帰ってきた風呂上がりでもポカポカが持続
  • 風呂上がりに半袖や靴下履かなくてもいられる
  • 体(肘とか膝とか踵とか)がカサカサしない
  • 寝つきが良くなった
  • 目覚めも良くなった

という感じでした。ぼくは割と自律神経が乱れやすいからか、疲れやストレスが溜まると寝つきが悪くなります。寝れないまま布団の中でウネウネしているあの時間が本当に嫌いで、寝てもまたすぐに目が覚めたり、寝てるのか起きてるのか夢なのかわからなくなったりする感じが今のところありません。

風呂上がりの暖かさが持続するので、しばらくすると自然と眠くなってきてそのまま布団に入って即寝。夜中も目覚めることもなく、スッと目が覚めたら朝!って日が増えました。

人気の入浴剤BARTHを使って自宅で中性重炭酸風呂を楽しもう

使ってすぐにビックリするほどのわかりやすい効果は出ないけど、体がよくなっていくんだろうなっていう兆しは感じます。日本は徐々に温かくなってきますが、夏でも冬でも体を調子が悪いのはよろしくない。そして自分の体にとってよくない状態のまま過ごす日々もアガらないと思いますので、最近何となく調子悪いなって人はBARTHを入れたお風呂で1時間くらいぼーっとしてみてください。ぼくは一番大きなパックをもう一度買ってカンボジアに持ち帰る予定。

ということでお風呂は最高。全人類みんなが湯船に浸かれば無駄な争いがなくなると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。