【21日目】カンボジアの小学校建設開始から3週間が経ちました

2015年12月14日【建設21日目】

今日で建設から三週間が経った。何にもなかった草っ原に穴を掘った初日

いつまで穴掘りが続くのかってほど途方も無い作業だったけど、鉄筋を立ててモルタルを流し込んで基礎ができた。

レンガを積み上げて、土を入れて、高さの底上げをした。

初日からしばらくは、日々定点で撮っている写真も変化が見えないままだったけど、現場には毎日変化が出ていて、それはそれでおもしろい。

作業とは関係ないドラマも溢れていて、本当は全てを文章にして記事として出せたらいいのに。

建設現場から今日の一コマ

img_5242

この画像の意味。

 

 

おわかりいただけただろうか…?

 

 

 

わからなかった人のために、裏側をお見せしよう。

img_5243

今度こそおわかりいただけただろうか?

手袋の右手と右手を持って来てしまったぜ。

img_5244

左手の甲は無駄に滑らないけど、手のひらはズタズタだぜ!?

やっちまったぜ。

カンボジアへ来る前にAmazonでまとめ買いしたこいつ。

3枚組でコスパいいし、洗ってもすぐ乾くし、グリップ力が強力で言うことなしなんだけど。

洗濯が続くと、見分けがつかなくなるよね。

すごいことをしていると言われて感じること

シティゲストハウスに戻ると宿泊者のパクさん(奥さんが超美人)と出逢った。

一緒にビール飲んでるとすぐに意気投合して、恒例の「何やってるんですか〜」って話からの「手伝いたい」と言ってくれたので、すぐに日程を調整することに。近日中に来てくれるかな。

パクさんは、ぼくのことすごく持ち上げてくれるけど、褒められることになれていないので背中が痒くそうです。

カンボジアの小学校建設自体は、「すごいこと」でも「壮大なこと」でもなくて、ぼく自身も身の丈以上のことができるとも思っていない。

何事にも本当はすごいとかそんなのなくて、いろんなことを始めることは簡単だけれど、続けるのは本当にしんどい。

ぼくに収益が生まれるわけでもない学校建設プロジェクトは、多分話しても伝わらないことも多いです。

それでも収益になりもしないことを好きで3年続けて来ていることがぼくの自信だし、これからの決断にも勇気をくれる。

と思っています。

それよりも、出逢った人達や知った人たちがすぐに現場に駆けつけてくれる。

この事実の方がぼくにとっては「すごいこと」であって、そういった人たちの存在がまたぼくに頑張る理由をくれるんです。

まとめ

建設開始から3週間が経ちました。

ギャグっぽく書きましたが、ボーッとして手袋間違えるほど、そろそろ身体が疲れて来ました。

ケガする前に明日はゆっくり休んで、また頑張ろうと思います。

ブログを書くことも、なんか惰性っぽくなって来てちっとも頭が働きません。

「初心をわすれないことが大事」

ビールを飲みながらそんなことを語り合いました。

金子さんは明日から、ゲストハウスOPENした頃のように帽子キャラで行くそうです。

day021

昨日の建設現場

【20日目】ピンク色のロン毛現る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。