ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外生活のこと、働くこと、カラダのこと、旅のこと、好きなこと全部

北川勇介をフォローする

BLOG

【海外ブロガー向け】Contact Form7がうんともすんとも言わない時

投稿日:2018年10月11日 更新日:

プラグインを使ってお問い合わせフォーム作りたいんですけどうまくいきません…

ブログレッスンを行なっている方から、このようなお問い合わせをいただいたので、対策をシェアします。

 

エックスサーバー を使っていて、海外からアクセスしているとContact Form7は動いてくれません。





ブログのお問い合わせフォーム「Contact Form7」が使えない理由

「問い合わせページ」として使ってる人も多いと思います。

実は、海外生活の場合にはサーバーの設定をいじらないと、フォームができても問い合わせメールは待てども待てども届きません。

 

Contact Form7のバージョンが4.8以降から、Rest APIという処理が行われるようになったからです。

エックスサーバー では、海外からのREST APIの利用を禁止しているため、問い合わせ機能が動かないと言った症状に繋がります。

 

これを解決していきましょう。

 

エックスサーバーでREST APIの制限をOFFにする

エックスサーバーのサーバーパネルにログインをして「WordPressセキュリティ設定」を開きます。

 

REST APIを変更したい対象ドメインを選択します。

 

画面を少し下にスクロールすると「REST APIアクセス制限」の項目があります。

現在の設定が「ON」担っている場合は、「OFFにする」をクリックします。

 

これで設定は完了です。

 

REST API制限をOFFにしても動かない時は?

これまで受けた相談では、エックスサーバー側の設定を変えるだけで対処できていますが、

調べると、設定をOFFにしても動かない症状があるようです。

 

他のプラグインが干渉している可能性があります。

以下のプラグインを使用している場合は、一度停止して動作確認をしてみてください。

 

  • Really Simple CAPCHA
  • WP Super Cache

 

それでもダメなら、GoogleChromeのディベロッパーツールでエラーがないかの確認をしてみてください。

 

まとめ

海外生活をしているブロガーは特に当てはまる設定ですが、これ日本国内にいてもOFFにしておいたほうがいいですね。

 

なぜなら、自分自身は日本にいても、海外に住んでいる人から問い合わせや仕事の依頼がくる場合があるから。

その場合に、アクセスをしてくるのは海外在住者なので、せっかくの機会を損なわないためにも、この際設定しておいたほうがよさそうです。

 

ということで、今回はエックスサーバー を使用していて、Contact Form7が動かない時の理由と対策を説明しました。

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。 ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか? 前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。

RECOMMEND



-BLOG

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.