コンポントム遠征二泊三日

カンボジアの首都プノンペンと観光都市シェムリアップのちょうど真ん中くらいにあるコンポントムという街へ行ってきました。今回は観光というより遠征です。

コンポントム1日目

カンボジアで乗っているバイク

シェムリアップからコンポントムまではおよそ130kmくらい。今回も自慢の愛車「HADA800号」で向かいます。

カリマーのAirport Pro70を背負って旅行する様子

ちなみに今回のメインイベントは野球の試合をしに行くことです。なのでパッキングリストに野球用品が追加されました。背負えるキャリーケース「カリマーのAirportPro70」を持っていてよかったですね。

カンボジアの道端で売っている砂糖黍ジュース

我々のカンボジア旅のお供、サトウキビジュースをゲット。

休憩で立ち止まった木陰の近くにあった家。THE!!カンボジアの田舎の家!!!って感じで良さげ。「ここ買って住むのもありじゃね?」などという会話になりました。空き家なのかは知りませんが。

コンポントムで泊まったホテル

家を出て3時間半ほどでホテルに到着。今回は日本人経営の「Sambor Village Hotel」に宿泊をしました。舞さん、約2年半ぶり。会いたかったよ。

ホテルの宿泊レビューは別で書きましたので、コンポントムへ行く用事のある人は参考にしてみてください。カンボジア第3の世界遺産「サンボープレイクック」に行きたい人にも便利だと思います。

ライオンの彫刻

昼食は舞さんのホテルで、みんなで食べました。どれもうまい。

2年半ぶりに会うと、舞さんの息子のカイチもめっちゃ成長していました。かわいいけど活発でやんちゃでちょっと生意気でたまにちょっと舞さん見ていないところでしばいたろかなって思いますがとってもかわいい。

そんなカイチはポケモンにハマりだしたらしく、時折ポケモンネタで偉そうな態度をとってくるのですが

「はい、カイチは今破壊光線を使ったので反動で動けません!俺の攻撃!」
「サンダースはイーブイがかみなりのいしを使ったやつじゃん?では、ほのおのいしを使うとなんでしょうか?…ブースターでした!」
「ピカチュウが10万ボルト?レベル上げても覚えないよ?わざマシン何番使った?」

などと言い返してマウントを取り大人の威厳を保ちました。ポケモン(赤緑)に費やした時間なら、おじさんまだ負けていないはず。

で、食後はそんなカイチとプールで遊びまくり。疲れたので「ちょっと部屋に帰って休むから夕方また遊ぼう」と伝えたら20分後に迎えにきました。早くね?出発の時間だと言っています。どこへ?

男二人で散歩へ行くようです。広場まで来ました。

カイチの両親が数年前にオフィスを構えていたところの目の前です。

この写真は5年前の八木夫婦とそのオフィスでの一コマ。カイチがまだ赤ちゃん。この頃は彼らとも行動することが多く、ちょくちょくコンポントムへ来ていました。

で、そのオフィスだった場所の目の前の広場の現在はこのような。子どもが絶対好きなやつがおいてあります。

ハマーのHシリーズとか、メルセデスのゲレンデバーゲンなどの高級車もありますが、そんなものには目もくれません。

これがいいらしい。自然に乗り出したけど、お小遣いは持ってきたのでしょうか?(一回1ドル)(カイチは途中気に入らなくて車種変更したので2ドル)

電動です。結構速度が出るマシンでどんどん進みます。見えなくなるくらいまでビュンビュン行ってしまうので、慌てて追いかけると「おっそいなー」と言われる。

アイスをたかられました。ママには内緒らしい。

その後、でっかいコウロギのモニュメントを見たり

アイラブコンポントムの何かを見たり

独立記念塔に登って高いところでヒュンってしてみたり

しながら無事ホテルへ。途中歩きたくなさそうにしてたけど、頑張って歩いてました。えらいえらい。到着して早々「ママには内緒でアイス食べた」とママに報告。男同士の約束では?

休む間もなく、カイチが「船を見せてあげる」ってことでホテル前の斜面を下ってセン川へ。このボートでサンボープレイクックへ行くツアー(片道4時間)もあるらしいです。

小さい船長さん。

夕飯は舞さんおすすめのバンチャエウのお店へ。当初は彼女と二人で行くはずが、カイチもどうしても行きたいらしく4人で。

乾杯。

いろいろ話ができて楽しかったです。

牛串。ビール泥棒。

こちらがバンチャエウ。カンボジア版お好み焼きといったところでしょうか。一番好きなカンボジア料理かもしれない。

ホテル戻ってから再びビール。舞さん、普段あまり深酒に付き合う方ではないのですが、この日はホテル帰ってからも一緒に飲んでくれました。嬉しい。

カイチは途中から眠そうな目を擦りながら一緒に起きててくれました。楽しい時間は先寝るの嫌なんだよね。その気持ちわかりまくる。で、21時頃にはお開き。

コンポントム2日目

朝食メニュー。ここはパンとかピーナッツバターとかジャムとかいろいろ自家製で作ってます。選ぶの楽しい。

朝食会場。

からの眺め。

モダンで洗練されたスタイリッシュなホテルもいいですが、こういうネイチャーな雰囲気なホテルで過ごすと心からのんびりできていい。目を凝らして見るとこのビオトープで瞑想している人が見えます。

朝食。

この日は野球の試合があるので炭水化物多めに摂取。

食べてすぐ出発。ホテルからさらにプノンペン方面へ走ること約40分。

カンボジアの野球場

野球場につきました。

試合前ノック。すでにこれだけでも楽しい。

試合前ミーティング。この日はベンチスタートだったので、序盤は塁審。草野球は試合に出ても出なくてもみんなで楽しむものです。審判、ランナーコーチ、ボールボーイ、バット引きなど裏方もやりましょう。

試合開始。ケガなく頑張りましょう。

試合終了。負けました。一人だけお辞儀の角度が人と合っていません。

個人成績は3打数1安打でしたが、ほかの2凡退の内容が悪すぎた。合っていないタイミングのまま早いカウントで手を出しちゃいかん。合っていない原因はバットスイングのイメージと現実のギャップだと思うので、次の試合まで毎日の素振りの数を倍にして調整します。

野球は楽しい。何より子どもらが楽しそう人やっているのがいい。

お昼。試合後にチームのみんなと球場近くのレストランで食べたチャーハン。出てくるのに1時間以上かかりました。4ドル。もう行くことはないと思う。

で、試合終わった直後から右膝が猛烈に痛い。全く曲げることができません。激しくぶつけたとか心当たりがないので怖い。外傷も見受けられない。インターネットパワーを駆使して調べた結果、多分ですが、鵞足炎と呼ばれるもの。

  • カンボジア入国隔離2週間で運動不足になり
  • 隔離明けから十分なトレーニングができないまま
  • 負荷のかかりやすいポジションを守ったこと
  • 18年使っているスパイクのクッション性がほぼゼロで突き上げみたいになったこと

が原因と思われます。体づくりを怠った罰ですね。次の試合までずっとストレッチしておきます。

暗くなる前に夕飯を食べましょう。曲がらない膝でなんとかバイクに乗って中心部へ。市場の周辺ではカンボジア正月特有の水かけをやっておりました。なるべくかからないように走っていましたが、ダメでした。角曲がったらモロに水を食らって急ブレーキ。咄嗟に足をついて痛い!!!もう!!!バカ!!!

この際なので言わせていただくと、水を掛け合うのは勝手ですがやりたい人同士でやってほしい。通りすがりの人に無差別で水かけるのマジやめてほしい。この日はカメラも持っていたので、濡らされた場で一応持ち物チェック。カメラは無事でしたが、嫌そうな顔して水かけた人見たら「正月なんだから怒るな」って言われました。

じゃ正月ならあなたは何をしても怒りませんか?その結果大切なものを壊されても文句言いませんか?ならこの場であなたの大切なものに水かけて沈めたろか!!!って気持ちをグッと堪えて退散。ちなみに正月だからと言われましたが、よくよく考えるとこの日は正月から1週間以上経った日です。いつまでやるのこれ?

で、いい感じのお店を発見したので入りました。

こういう感じの。タイで言うところのチムチュムみたいな。水かけられて冷たいので鍋屋さんが恋しい。

食材たちです。

おいしかったです。Sambor Village Hotelからも歩いてすぐなので、次また泊まった時も行くと思う。

好きな具材を追加することも可能。豚骨がめちゃうま。

この店のすぐ近くにスカイバーのネオンが輝いていたのですが、膝が痛すぎて元気がないので二次会は行かず帰って寝ました。

コンポントム3日目

3日目。前日よりも膝が痛くなっています。朝食会場は2階なのですが、登れないので下の階で用意してもらいました。

このホテルにはココという名前のなつこい猫がいます。とてもかわいいのですが、今日に限っては膝の上に飛び乗ってきてほしくなかった。乗った瞬間がとても痛かったです。

かわいいので許しました。

ぼくの動きを見かねたスタッフさんがくれたタイガーバーム染み込ませたようなの。

めちゃめちゃヒリヒリする。このヒリヒリで痛みを紛らわす作戦なのかなってくらいヒリヒリする。

ということで、足が痛くて何もできないのでご飯食べたら荷物まとめてチェックアウト。舞さんとカイチはぼくらが試合に行っている間にプノンペンに行ってしまい会えませんでしたが、二泊三日でお世話になりました。また試合ある時は泊まりにきます。

コンポントムとシェムリアップの中間地点くらいのコンポンクデイで立ち寄った食堂。

バーイサイチュルーク(豚肉乗せご飯)を食べました。

食後はちょっと走った先のAmazonでコーヒー買って、のんびり家に帰りました。

まとめ

と言うことで今回は野球の試合にいくためにコンポントムへ。そしてどうせ行くなら、舞さんのホテルに泊まりたいなってことで二泊三日の遠征となりました。野球以外にもおいしい、楽しいがいっぱいでいい旅でした。

足を痛めたことで何もしたくなくなるという経験を通じて、ケガに限らず体を思い通りに動かし健康に保つことは今後の人生のイベントを積極的に楽しんでいくために第一に優先すべき項目だと再認識しました。仮にお金と時間がどれだけあっても、体が元気じゃなけりゃ楽しめるものもの楽しめない。

ある程度年齢を重ねると、人は生きていればどんどん衰えていきます。若い頃には平気でできたことも、年齢を重ねるとできなくなることもある。だったらいろんなチャンスを失う前に、あらゆる経験をしていきたい。何かを始めるのに遅すぎることはないって言うけど、遅すぎることも中にはある。そういった後悔を一つでも減らすために、健康に留意しつつ、お金と時間を「今」何に使うべきかを考えて意識的に生きていきたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。