ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外生活のこと、働くこと、カラダのこと、旅のこと、好きなこと全部

北川勇介をフォローする

BLOG

久しぶりに頭にきたSNSでのこと

投稿日:2018年5月3日 更新日:

久しぶりにSNS上で頭に来ることがあったので書き留めておきます。

これも発信の一つ。おかしいことはおかしいと言いたいから。

 

詳しくはBASECAMP SIEMREAPのTwitterアカウント(@basecamp_sr)をいくつか見てくれたら、誰がどんなこと言っているかわかると思う。

もしくは前回の記事(関連記事:発信するおもしろさと怖さ。SNSは独り言でもなんでもない)を読んでくれたらと思います。

 

ことの発端は、BASECAMP SIEMREAPでのサービスを告知するためのツイートへの一通のリプ。

「うちは1000リエルでコピーも取れますよ」って内容の告知をしたら、「街中では100リエルですよ?」みたいなリプが来た。

「うん、そういうところもあるよね。」

「そういうところに行ったらいいんじゃない?」

「で、何が言いたいの?」

って感じだった。

 

同じようなサービスでも店ごとに価格設定は違って当然だし、価格の違いには必ず理由がある。

それはカンボジアだろうが日本だろうが同じこと。

スーパーが変われば野菜の値段も変わる。

飲み屋が変わればビールの値段も変わる。

それと同じだと思っている。

だから、値段の差だけを求めている人へはぼくらのサービスは届かないと思っている。

それは仕方のないことだし、安い店を知っているならそちらへ行けばいい。

ぼくらの店には、コピー代が安い店にはないサービスも揃っている。

だからこの価格。

そのサービスが不要であれば、やはり同じように安いお店へ行けばいい。

決めるのは全部お客さんだから。

 

みたいな内容で返信しました。

 

本当それだけのこと。で終わるはずだった。

 

こちらの主張は、相手側には「商売人の理論」という一言で片付けられ、その後も自分のTwitterで言いたいこと言い放題。

 

それ以上のことを何も言っていないのに「外国人価格で金を取ろうとしている」だとか「カンボジアで商売している日本人は日本で通用するのか」とか「ローカルの10倍で売るとはなんてやつだ!」みたいなこと。

そんな内容をつぶやいていた。

もう一人で勝手に暴走しちゃってて大変。

 

本当そのままツイート内容を全部掲載したいくらいなんだけど、一度BASECAMP SIEMREAPのブログで掲載したら

「他人のツイートを個人のブログに載せるな!」

的な内容の連絡をもらった。

だったら書くんじゃねぇ。www

 

しかも勝手にブログに載せることを「違法だ」とか決めつけてるから、Twitterの規約のリンクを送って違法でないことを主張したら

「勝手な解釈で悪用している」

とかまで言いだす始末。

違法だって言い放ったことは撤回もしないし謝罪もない。

(やりとり全部 スクショで証拠画像撮ってあるからな!消したって無駄だぞ!)

 

Twitterで公開されていることは、世界中で誰にでも閲覧できる権利がある。

そういう規約。

だからブログに掲載して「こんな考え方の人がいます」って情報を世の中に公開したら、ブログに勝手に掲載されることが気に入らないらしいから、今こうして手書きで全部書いてやる。

 

違法じゃないことがわかると「削除依頼を出しているんだから消せ」みたいなことまで言い出した。

 

「言いたいことは言う」

「勝手な解釈で載せられるのは嫌だ」

じゃ、なんで全体公開でやってんだよwwwって話。

言われたことぜーーーーーーんぶ自分の意見を添えてリツイートしてやろうか!

 

まぁそこまではいいよ。

相手側の言葉を借りたら「100歩譲って」やる。

 

昨日に至っては、シェムリアップの日本食屋全体への批判であったり、特定のお店のことを名指しで「ここでは買わない」って書いたり、ぼくの大切な人のお店や、コミュニティのことまでとやかく言いだした。

 

ここまで来たらマジで許せん!

 

俺のことは何とでも言え!

だけど、直接ここと関係ない人やものや場所のことまで言われる筋合いはない!

 

情報を発信する以上、ぼくはどこから、誰から、なんと言われようと仕方のないことだと覚悟しています。

例えネガティブであろうと、書けば反応がある。

それってすごく幸せなことです。

 

でもちょっと思うんです。

 

SNSとか特に、匿名で顔写真出さなければ、誰かを特定できないだろうと思い込んでいる人は特に、何を言っても大丈夫って思ってるんじゃないかなって。

その発言に責任は取れるのかなって。

 

 

言葉って誰かを追い詰めたり、悲しませたり、嫌な気持ちにさせるためにあるんじゃないと思うんです。

 

言いたいことは言えばいい。

だけど、言ったことへの責任は伴うし、それによって相手はどう感じるか、聞いた人はどう思うか?も大事だと。

 

その言葉を世界中へ届けるSNSというものも、本来の使い方ってなんなんだろって感じたここ数日でした。

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。 ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか? 前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。

RECOMMEND



-BLOG

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.