ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

聞かれてもいないのに勝手に余計なこと言う信用されない人

投稿日:

ちょっと最近気になるシーンに多く遭遇したのでまとめておきますね。

 

今回の話は、コミュニケーションやスキルに関わることです。

 

知らず知らずのうちに、聞かれてもいないのに余計なこと言ってるかもって話です。





英語が話せるかどうかの前に伝えたいことはあるのか?

これに近い話題は以前も別記事(関連記事:本当に大切なことは英語が話せることではなくて話せたら何を伝えたいか)で触れましたが、最近やけにこう言った光景を目にすることが多すぎます。

 

例えば英語が話せるかどうかの前に、話せたら何を伝えたいか?を考えていますか?

 

英語が話せたら海外で働けるのか?

伝えたいことがないのに、わざわざ海外で働く必要はどこにあるのだろうか?

海外に住むことも働くことも、全然特別なものでも珍しいことでもなくなった時代に、それでも海外に住もうと思う理由はなんですか?そこで働く理由はなんですか?日本ではダメなんですか?

 

英語が話せたら海外で働こうともし思っているなら、とりあえず住んでみたらいい。

英語が話せるようになることより、海外に住むことの方がよっぽど楽だから。

 

簡単に弱みを見せる前にやるべきことはある

「人は共感で動くから、弱い部分もさらけ出した方がいい」みたいなことも聞くけど、それはあくまで普段からやることやっている人が見せる弱さの部分であって、最初から「あれができない、これができない」とか聞かれてもいないのに言わなくていい。

やることもやっていない人の弱みからは、共感も支援も応援も生まれない。

 

人間味という意味での「弱み」はやることやっている人のイメージとのギャップがあるから身近に感じやすくなるだけ。

  • イチローにも不安になる時がある
  • 本田圭佑にも不調で悩む時がある
  • 羽生結弦にも苦手な技がある

みたいな例。

特別に見える人、すごいと思われている人、一流と呼ばれる人にも、誰もが抱くような感情や思いが芽生えることに親近感が湧きやすくなるだけ。

 

むしろ、自分にとっての弱みだと思っている部分があるなら、まずやるべきことが他にもある。

やってもいないのに「できません」「苦手です」だなんて、そりゃそうだろ。

 

批判するために聞いていないから安心したらいい

誰かに何かを話そうとしている時も、批判されたりケチつけられたりバカにされたりすることを恐れて、聞かれていないのに余計なこと言わなくていい。

違うことを違うと言う人もいるかもしれないし、どうやって喋ろうがケチをつける人はケチをつける。

それでいいのだと思う。

 

そこで受け入れてもらうための前振りも、話し方の工夫もいらない。聞かれていることに素直に答えたらいいだけ。

そして、勉強不足だな、力が足りないなって思ったのなら、またそれを補う取り組みをしたらいい。

本当それだけのことなのに、勝手な推測や心境の読み合いでいらんこと言わなくていい。

あなたのビジョンは目の前の人納得させるためにあるんじゃないんでしょ?

自分が納得する生き方するためでしょ?

 

「これあんまりおもしろくないんだけどね」って前振りしている芸人の漫才、見たいですか?

 

まとめ

よく言われることでもあるけど、言語は思考から来ている。

だから、その言葉は話し手の頭の中だ。

それを聞かれてもいないこと、それもマイナス要素をいちいち伝えなくていい。

 

やることもやらず、聞いてもいないこと勝手に言う人を信用できますか?

それをあえて狙って言おうとしているなら、最初から他力本願か何かあった時の逃げ口の保険じゃねぇの?と。

「最初に言ったよね?俺できない!って。」みたいな。

 

そう言う言葉を発している人の思考がわかると、とてもじゃないけど仕事の依頼はできないし、一緒に何かしたいとも思わない。

だから必然的に距離を取る。

すると「嫌われた」とか「怒っている」とか言いだす人もいるからめんどくさいのだけど、それ話していると長くなるので今日はここまで。

 

聞かれてもいないことは言わなくてもいい。

ただ、聞かれたら見栄を張らずに正直に答えたらいい。

そして、「できないことや苦手なこと」を「できることや得意」に変えたいならやるしかない。

できませんって言っているだけでは誰も助けてはくれないから。

 

「相手が聞いていること、求めていることは何か?」

ここに集中して、答えましょう!

そして、自分に足りないものは日々補っていきましょう!

できないことが恥ずかしいことではないんです。足りないってわかっているのに何もしないことが恥ずかしい!

 

【「コミュニケーション」や「スキル」に関する記事】

・ハッキリNoと言えないコミュ障の人が損するのは自分の価値を自分で下げているから

・就職しないで起業したりフリーランスになることがすげえことじゃないんだよ

・本当にやりたいことあるなら死ぬ気でやれよ。死なないから

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-LIFESTYLE

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.