ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




WORLD INFO タイ

スワンナプーム空港からバンコク市街地へ電車(エアポートリンク)での移動方法と時刻表も

投稿日:2017年2月21日 更新日:

せっかくバンコクにいるので、スワンナプームからバンコク市内への行き方について書いておきます。

 

旅慣れたバックパッカー達からしたら、今更感満載な記事ですが、春休みということもあってでしょうか?

 

H◯SとかJ◯Bとか書いたファイルを持って、不安そうにしている大学生たちを多く見かけたので、この記事に行き着けばいいなと思っています。





スワンナプーム空港到着後の流れ

入国審査を終えて荷物を受け取りましょう。

荷物を受け取って、外へ出ると両替所やATM、コーヒー屋さんなどが並んでいます。

その中にSIMを取り扱う店舗があるので、ぼくはいつも到着してすぐにSIMのトップアップを行います。

ぼくが使っているキャリアの料金表はこんな感じ。

市街地で探せば、もっと違う料金設定なのかもしれませんが(実際カンボジアは空港と市街地で違うので)、タイの滞在はだいたいいつも長くても一週間なのであんまり気にしていません。悪しからず。

 

なのでいつも滞在日数に合わせて、ギガ数を決めています。

 

期限が切れてから一ヶ月でSIMは無効になると言われていますが、実際はどうなんでしょうか?

 

毎月のように来ていて思うのですが、当然期限は切れているはずなのに、空港に到着してSIMを入れ替えると電波を拾ってLINEとかメッセンジャーくらいだったら送受信できます。

 

ちなみに空港のWi-Fiも、メールアドレス入れるとフリーで使えるので便利ですよ!

 

スワンナプーム空港内の道順〜エアポートリンクの改札へ

スワンナプーム空港から市街地までのエアポートリンクはここではCity Lineと表記されていますので、表示板に従って下の階へおります。

地下一階に乗り場があります。

この日は朝5時にスワンナプームへ到着だったので、始発までまだ時間があります。

時刻表はこんな感じ(2017年2月現在)

始発は5時54分だったのですが、45分頃から開けてくれて切符というかチップのようなものが買えるようになります。

入るときはここにかざすだけ。(Suicaみたいですね)

出るときは、コインを入れる場所があるので、回収してもらいましょう。

始発電車が到着してもすぐには乗せてもらえず「One minutes wait!!」と言われました。

 

どうやら中をチェックしているようです。

本当にチェックしているのかは不明ですが。

 

ということで、バンコクではバイヨークスカイに滞在していることが多いので、この日もエアポートリンクの終点「パヤータイ」の一つ手前で降りました。

 

パヤータイまで行けばBTS、もう少し手前のペッチャブリで乗り換えたらMRTにも乗り換え可能なので、エアポートリンクは非常に便利な電車です。

 

バイヨークスカイはラーチャプラロップ駅降りてすぐに位置していますし、建物が大きいのですぐに見つけられます。

 

まとめ

発展と歴史が混在する街バンコク。

 

立ち並ぶ高層ビルに「ここは日本か!」というツッコミを入れたくなる一方で、少し目をそらせば東南アジア特有の「なんでもあり感満載な風景」も垣間見えます。

 

今回はスワンナプーム空港からバンコク市街地への移動の仕方について書いてみました。

 

不安そうにしていた大学生達は無事に宿につけたのかな〜とか思いながら、また同じように彷徨う人に読んでもらえたらいいかな〜って感じです。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 自分の本当の価値を知りたい→今の年収に満足してる?無料であなたの適正年収を診断
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-WORLD INFO, タイ

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.