ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




ITEMS

クレカより薄いSIMカードケースホルダーがおすすめだけど買う時の注意点だけシェアさせて

投稿日:

何カ国か移動しながら生活すると、複数のSIMカードの管理がめんどいので、「クレカより薄いSIMカードケースホルダー」を買おうとしたら…

 

ゆーすけ
ちがいがわからん!!

この10円の差は何?

 

ゆーすけ
あれ?なんか同じものが10円違うけど全部そうなってる〜

なら別に600円の方じゃなくていいじゃんって、ちゃんと見ないまま590円の方をポチったんですけど…

 

 

よく見ろ!!

 

 

って数日前の自分に言いたいので記事にしますね。





クレカより薄いSIMカードケースホルダーの10円の差に迫る

クレカより薄いSIMカードケースホルダーを買おうと思っているみなさん、いいですか?

 

まず、ぼくが買った方の画像をご覧ください。590円の方です。

 

続いて10円高い600円の方をご覧ください。

 

 

 

おわかりいただけただろうか?

 

 

届いた商品をワクワクしながら開けて数秒後に

ゆーすけ
あれ?SIMカード入れるスペースがないぞ?変だな〜

なんてなった時には時遅しだよね。

 

なぜなら日本からカンボジアに来る友達の家に送りつけて持ってきてもらったから。

返品・交換できないよね。

 

クレカより薄いSIMカードケースホルダーは600円の方がおすすめ

ということで、10円の差とは思えない差を味わいました。

 

好みの違いあるかもしれませんが、かなり強めの主観入りますが。

複数枚のSIMカード管理するなら絶対600円の方がいいですよ。

 

 

ちゃんと見極めて買ってほしい。

おっちょこちょいしないように気をつけてほしい。

 

 

「一目瞭然だろうが」

って言われるかもしれない。

 

確かに、違いを示すための上の2枚のスクショの画像見たら一目瞭然です。

そりゃこうやって見せられたら、ぼくだって気がつきます。

 

でもタイトルよく見て。

 

商品的にはむしろSIMカードケースホルダーがほしいのであって、変換アダプターはどっちでもいいんだわ。

というか、いらんのだわ。

 

てか、タイトル的にはSIMカードケースホルダーがメインじゃん。完全に。

 

でも、いざ届くとメインはアダプターの方で、カードホルダーはおまけみたいな扱いされてるんだわ。

590円の方は変換アダプターケースホルダー感が強めなんだわ。

 

それがね、余計に悔しいのぼくは。

 

ただ、アイディアはすごくいい

これまでSIMカードの管理ってすごいめんどくさくて。

国またぐ時しか出番ないのに、そのタイミングでパッと現れてくれないと困るし。

 

飛行機が着陸して、機内から出るまでの時間で入れ替えをすることがほとんど。

でもあのタイミングでシートの下にSIMとかピンとかぶちまけたら、おいおい何やってるんだよ〜感が強めじゃん?

 

だからかさばらないのはもちろん、取り替えが手こずらず、細かなSIMが飛び散らないこのカードタイプの発想はいいですね。

財布と一緒に入れておけばいいわけだから楽チンです。

 

薄いとか軽いっていいよね。軽く正義だよね。

 

まとめ

バックパッカー、ノマドワーカー、いろんな国に旅行する人、いろんな国で仕事する人。

みんなにおすすめSIMカードケースホルダーでした。

 

間違っても変換アダプターケースホルダーを買わないように。

いろんな国のSIMを保管できるSIMカードケースホルダーをポチってください。

 

 

小さい頃から「あんたは何回確認しても足りないくらいそそっかしいんだから」って口すっぱく言っていた母親の言葉が染み込む32歳の冬でした。

 

おわり。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-ITEMS

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.