ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

みらいスクール 小学校建設日記

【カンボジア小学校建設】みらいスクール建設日記2日目

投稿日:2015年11月21日 更新日:

2015年11月21日

 

建設2日目。

 

賑やかな初日とは打って変わり、2日目は1人で村入りしちょっとだけ寂しい北川勇介(@yusukeworld_)です。

 

昨日は3名の参加者達とワイワイ作業が始まったので、今日は何となく孤独感。

ネタだらけの地鎮祭から始まった初日の様子はこちらから。

 

「あー、こんな時クメール語が話せたらなー」って思い、最近英語の勉強差し置いて7対3でクメール語に没頭しています。

 

この3年間、何で勉強しようと思えなかったんだろう・・・。

 

自分で自分を責めたい。

[amazonjs asin=”4795842035″ locale=”JP” title=”旅の指さし会話帳〈19〉カンボジア (ここ以外のどこかへ)”]





あって当たり前、がここにはない

今日も昨日に引き続き、土台となる28個の穴掘り作業のつづき。

 

村人も代わる代わる参加してくれるんだけど、みんな陽気に作業しております。

 

鼻歌交じりでクワ振り回してる。

 

農業主体のこの村は、みんな農機具の使い方に慣れていて扱いがうますぎる。

 

余分な力をかけず、効率よく穴を掘る方法を、見よう見まねで体得しようとするも、体力勝負なぼくはどうも力に頼り気味。

 

建設現場と言っても、クワとかスコップとか、そんな道具すらも満足に揃っているわけではないのも事実で。

 

2名の棟梁たちも最低限の道具しか持ってきていないし、手伝いに来てくれる村人たちは、各自で家にあるものを持ち寄って現場まで来てくれている。

 

今あるもので最大のパフォーマンスを出す!ってことを身を以て教わっている気分。

 

そう言えば以前も、道づくりをしていた時に借りていたクワを壊してしまい・・・。

 

すかさず「新しいの買うね。ごめん。」って言ったら「大丈夫大丈夫」ってつなぎ目をキレイに削って接続し直している村人がいて。

 

「なんか・・・すぐお金で解決しようと思ってごめん。」

ってなった日が、ぼくの頭の中には鮮明に残っていて。

 

無いから買う、壊れたから新しくするっていう発想の浅はかさに、自分自身がいかに豊かではないかを思い知らされたな〜ってことを思い出したりしました。

 

にしても。

 

とにかく暑い。

 

Tシャツがすぐに汗まみれになるので上裸で作業をしてたら、作業2日目にして早速皮膚が剥け始めた。

 

そして、手の豆が高校球児ばりになってきた。

 

あー一!!

 

1人だと何もドラマがないわー。笑

 

そして写真もないわ。

 

穴掘ってばかりなので、経過写真も以前変化なし。

 

飽きずに明日も読んでねー。

 

day002

記事の最後に、毎日同じ場所から撮影した経過写真を載せて行きます。

学校建設の様子をぜひチェックしてください。

 

カンボジアの小学校建設を手伝ってくれる方達を募集しています。(現在は募集終了しました)

灼熱の太陽のもと、みんなで汗かいて小学校を完成させませんか?ご参加お待ちしています。

お問い合わせページか、各種SNSなどのDMなどでお気軽にご連絡ください。

 

カンボジアまでの航空券を今すぐチェック!
スカイスキャナーで航空券比較検索

 

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.