海外生活ときどき旅。7年目4カ国。

【4日目】カンボジアでクメール語は話せなくても大丈夫は多分錯覚

2015年11月23日【建設4日目】

昨日に引き続き、自分とは関係なさそうなことまで大切にしてくれている人と一緒に村へ行ってきました北川勇介(@yusukeworld)です。

 

本気の想いが生み出すコミュニケーション

今日はSEED OF SMILEという団体のみくが参加してくれた。

SEED OF SMILE(通称シースマ)も年明けから学校建設を始めるそうだ。

そんな大切な時期なのに、こちらの学校建設を手伝いに来てくれて感謝しかないっす。

シースマの現地駐在員として活動するみくが、ロンデン村まで手伝いに来てくれたんだけど、21歳の底なしの体力はハンパねえ!!

(追記)

シースマの学校建設は終了し、みくも任期を終えて帰国しました。

 

休めって言わないと休まないほど、無限に穴掘り続けてくれた。

ちなみに先日の乙女社長かんちゃんの穴が不完全すぎて、手直ししてたのはここだけの話。

みくは穴掘って、子ども達とも遊んでくれて元気すぎた。

それから、現地駐在員ってだけあって、現地のクメール語もかなり話せる。

住んでりゃ話せるようになるかって言われたら違うけど、多分これはみくの本気の証なんだなって感じさせられた。

みくが関わっている村の人や子ども達と、もっとコミュニケーション取りたいからって本気で勉強したんだろうなって思わせられるほど、ここの村の人ともちゃんとコミュニケーションとりながら動いてくれていた。

 

クメール語だけでなく英語もそうだけど、話せるか話せないかで言ったら話せた方がいいかもしれない。

でも、何語が話せるとか、何ヶ国語話せるとか、そんなことよりもっと大事なのは「話せたとしたら伝えたいことを自分が分かっていること」ではないでしょうか?

英語が話せたら伝えたいこと、まずは日本語で日本人に話せるか?ってこと。

miku1

子ども達にも大人気のみく。

きっと気持ちとか想いってのは伝わるんだろうね。

特に子ども達には。

 

毎日邪魔しに遊びにくる子ども達。

今日は制裁を加えてやりました!笑

img_5091

みんな黙々と石を運ぶ中、ぼくだけ子ども運び。

子どもの遊びは終わりがないから本当怖いっす!

img_5092

 

カンボジアで支援活動を行うSEED OF SMILEも小学校建設開始間近

シースマも、年明けからの小学校建設に向けて忙しい中手伝ってくれたみくちゃん、ありがとう!(こちらも人募集してるっぽいです!)

(追記)

こちらの募集は終了しました。

miku2

シースマの情報はこちらからチェックしてね〜!

SEED OF SMILE (シースマのTwitterに飛びます。)

 

本日は穴掘りの手直しの方がメインになってしまい、28個まだ達成できず!

未だ変化のない写真ですが、どうか飽きずに引き続きよろしく〜!

 

day004

記事の最後に、毎日同じ場所から撮影した経過写真を載せて行きます。

学校建設の様子をぜひチェックしてください。

 

▼カンボジアまでの格安航空券を今すぐチェック!

スカイスキャナーで航空券比較検索

 

(追記)

クラウドファンディングでご支援いただきましたパトロンの皆様には、この定点観察の写真をつないだ限定ムービーを公開しています。

指定されたメールアドレスに、リンクを送ってありますので是非確認してください!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。