お金をかけずに−14kgを達成した30代の生活習慣

旅先でも仕事するためにモバイルプリンターCanonのiP100を買った

こんにちは北川勇介(@yusukeworld_)です。

ぼくは今カンボジアにいます。多分もう半年近くは住む予定。そんなぼくの持ち物の中にプリンターがあります。カンボジアにきてまだ二週間ちょいですが結構な確率でいろんな人に「それいる?」と聞かれました。ということでこの記事では、海外に持って行けるほどの超コンパクトなモバイルプリンターCanon ip100を紹介します。

Canonのモバイルプリンターip100を買った経緯

以前自宅で使っていたいわゆるプリンター(品番忘れた)がクッッッッッッソ遅くてA4の書類一枚コピーするのに何分待たせんだよって感じでした。すぐにヤフオクで売りに出してプリンター代の半分くらい回収。しばらくNPL(Non Printer Life)で問題なかったのですが、急にプリンターがほしくなりました。

ぼくがカメラで撮った写真を現像してほしいという人が現れたからです。で、この時はコンビニのコピー機で印刷してプレゼントしてことなきを得たのですが後日家に遊びに行ったところ、その写真を額に入れて飾ってくれてありましてなんだかノスタルジックな気持ちになりました。

  • そういえば久しぶりに写真印刷したかも
  • 昔はすぐ現像して無印良品の分厚いアルバムに入れて見返してたのに
  • クリエイトで現像すると2枚ずつ印刷してもらえて人にあげれてよかったな
  • 最近は何かあればスマホで済むもんな
  • それはそれで便利だけどなんだか印刷された写真もいいな
  • いろんな人に写真配りたい

という思考回路を経ましてプリンターを再度購入することを決意。即日買いました。

Canonのモバイルプリンターip100を買った

Canon ip100

こちらです。以前と同じようにプリンター買った後に公開したくないのでいろいろ調査したところ、モバイルプリンターと呼ばれる種類があるということを知り「便利そうほしい」と思い、その後は完全にモバイルプリンターに絞って吟味をしました。

最終的にたどり着いたのがこのip100というシリーズです。

Canon ip100の大きさをiPhone5と比較

サイズ感です。何と比較していいかわからず、近くにあったiPhone5Sと比較してみました。

Canon ip100を持った感じ

手で持った感じです。手で持った感じですと言われてもって感じですよね。片手で持てるくらい軽いよってことが伝わっていればOKです。ありがとうございます。

Canon ip100の起動

上蓋を開けてみた感じ。ボタンは二つだけで非常にシンプル。コンパクトなのにA4サイズまで印刷できます。

Canon ip100のレビュー・使ってみた感想

届いてから使ってみた感じです。結論的に買ってよかったです。

印刷

  • 起動が早い
  • 印刷も早い
  • 画質がいい

操作性

  • 簡単
  • 上蓋開けて左側のボタン押したら電源ON
  • 紙が詰まったりしたなんらかのトラブルの場合は右を押したら大体解決する
  • インク交換が簡単

デザイン

シンプルでいい。

従来のプリンターのようにゴツさがないので、持ち歩きせず部屋の中においても存在感を出しすぎずにシュッとしていていい。

誤解

  • Canon ip100の本体だけ買ってもワイヤレス印刷はできない
  • 充電式で使うならこれが必要
  • パソコンとBluetooth接続するならこれが必要

どちらも揃えないと電源に挿したり、パソコンとケーブル接続しなくてはいけません。知らなかったので後日注文しました。

ワイヤレス接続を可能にすることで「プリンター=コンセントの近くに配置(しなさい)」というインテリアの概念を覆してくれます。

Canon ip100の起動

モバイルプリンタCanon ip100をBluetooth接続してワイヤレスで印刷する方法

まとめ

ということでこのような持ち運びに優れたコンパクトタイプなプリンターを持ち歩いております。外出先でも印刷ができて便利なので、他社へプレゼンへ行った際に必要書類が一部足りない場合でも安心です。ぼくはカンボジアで出会った人たちに撮った写真を印刷してプレゼントしています。データではない現像された写真、いいですよ。

MacからCanon ip100へBluetooth接続で印刷するための設定方法

モバイルプリンターのバッグケース

モバイルプリンターCanon ip100のケースになるようなバッグを買った

2015年買ってよかったもの19選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。