カンボジアの農村部からタイへ出稼ぎに行く人がいるって聞いて

カンボジアの農村部からタイへ出稼ぎに行く人たちがいるって話をよく聞くんですけど、出稼ぎがいいか悪いかは別として、タイへ出稼ぎに行かせないようにその村に産業を興そう!貧困を食い止めよう!って言い出す人もいます。

で、タイへ出稼ぎにいくこと以上の成果を約束できて責任を果たせるならいいんですが、事業としてうまくいかなくて資金繰りに困って募金活動に明け暮れたり、自分が食いたいもの食えなくなったり、タイへ行くはずだった人を雇ったのにお金払えないから解雇して一体何がしたいの?ってなったり、でもやっぱり村の人雇いたいんでお金ください、うちの商品買ってくれるとこの子たちが救われますみたいな商売とかはしたくないし、ぼくが逆の立場だったら「あなたたちの夢に付き合っている暇はありません。今日生きるお金と仕事をください。くれないならぼくはタイへ行きますのでほっておいてください」って気持ちになるだろうなって思ったので、やっぱり「勝算もなしに自分のやりたいだけでやってはいけないことだな」って思いました。以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。