ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

Felice Coffee

【報告】カンボジアでコーヒー屋を一年間経営してきた今感じることとこれからのこと

投稿日:2018年7月1日 更新日:

私ごとですが、およそ一年前に始めたこと。

大好きな国カンボジアで、大好きな仲間たちと、大好きなコーヒーを売るという仕事。

カンボジア・シェムリアップで日本人初のコーヒー屋台(felice coffee)を始めました。

5月21日。   ぼくらにとって忘れられない日がまた一つ増えました。   カンボジア・シェムリアップに日本人初のコーヒー屋台の出店。 小さなカフェを、仲間達とオープンさせることがで …

続きを見る

 

昨日2018.6.30で一度、店を閉めることになりました。

共同で運営していたメンバーが別で経営しているゲストハウスに移転するだけ、という話も出ているみたいですが、ぼくがチームメンバーから受けた報告では「屋台を売るから、エスプレッソマシンはとりあえずゲストハウス」ってことでしたし。

スタッフも一度仕事がなくなってしまうので、Felice Coffeeとしては一度終わりだという認識でいます。

 

この記事では、この一年間で経営に関わらせてもらいながら感じたことなどをまとめています。





今感じていること

今感じている感情は主に3つです。

  • やってよかった
  • でも悔しい
  • そして申し訳ない

 

やってよかった

まずは素直に「思ったことをやってみてよかった」という感想です。

始まりは、ぼくがカンボジアで関わっているみらいスクールの子ども達を思って声をかけてくれたことでした。

 

「子ども達が大きくなってシェムリアップで働きたいって言った時、働く場所があったらよくない?」と。

いざその日が来てからでは遅いと思ったので、誘いに乗っかりました。

そして、その仕事を誘ってくれた仲間も売っていたコーヒーも好きだったこと。

これが決め手で始めたことだったので、好きな国で好きな人たちと好きなものを売るという超ぜいたくな働き方を味わえました。

 

カンボジアのカフェを路上から世界へ通じるお店へ

ネット集客、写真、珈琲。   ぼくが得意だったり好きだったりするものが、3つも揃って活用できるサービスを見つけてしまいました。   というより、なんで今までやらなかったんだろう。笑 …

続きを見る

 

でも悔しい

ですが、経営がうまくいかなくて店を閉めるってのは本当に悔しいですね。

ただ、悔しいとは言いながらも「本当に繁盛させるための行動をお前はとったか?」と言われたら、自信を持って首を縦には振れません。

 

お店は開けていれば誰か来てくれるわけでもないし、店内の衛生問題もメニュー内容も商品の品質も、全て一度やったらOKではなくて日々の管理が必要です。

ぼくにはそれができなかった。やりきれなかった。

 

そして何より申し訳ない

一番はここですね。

スタッフに申し訳がない。

 

ぼくらが始める時に、自分の意思で「ここで働きたい」と言い出したわけでもなく、こちらが新しく始める際にお願いをしたスタッフ達。

そのスタッフ達の仕事がなくなってしまうことは、こちら側の大きな責任です。

スタッフを雇用するということはスタッフとその家族の生活を守ること

独立してから、なかなか誰も教えてくれないことの一つ。   「スタッフを雇う」ということについて書こうと思います。   カンボジアで行なっている事業の一つにFelice Coffee …

続きを見る

 

今別でやっているBASECAMP SIEMREAPでもスタッフが必要なので、一緒に働かないか?と声をかけましたが「考えさせて」ってことでした。

そりゃそうですよね。

一回誘った店が継続不可になって閉まったのだから、他の店で誘ったっていつまで働けるか信用してもらえるはずもないです。

情けない。

 

これからのこと

一年間本気でコーヒーのこと勉強して来たから、いい財産になりました。

 

コーヒー豆にただお湯をかけて飲んでいるだけで、おいしいと思っていた数年前の自分。

ラテとカプチーノ違いもわからなかったし、アラビカとかロブスタとか、本当に無知なことから始まりました。

それでも「コーヒーが好き」と言っていたら仕事になって。

 

バリスタ修行どころか、カフェ勤務経験もないのにお店に立って。

美味しくないとあっさり言われて、夜な夜な店にこもって研究してみたり。

泡立たないカプチーノの泡を繰り返し練習して、ミルクがぶ飲みして気持ちわるくなったり。

扱っているコーヒー豆の農家が知りたくて、チェンライまで行ってみたり。

タイ・チェンライのコーヒー農家を訪ねて

「チェンライのコーヒーは有名」 そんな言葉だけを信じて、何の下調べもなく安易に乗り込んだタイ・チェンライ。   到着早々、コーヒー農園への行き方を聞き歩くも、多くの人が知らないという事実。 …

続きを見る

 

一杯のコーヒーで幸せを届けるって意味を込めたFelice(幸せ)って意味に負けないくらい、目の前の一杯を追いかけてきたなぁと。

 

なんか、文字にするとさみしいですね。

 

これから。

カンボジアでのぼくの実働はBASECAMP SIEMREAP(@basecamp_sr)一本になります。

>>>公式HP

 

カフェのスタッフが働きたいと言い出した時は、真っ先に受け入れたいなと。

あと、コーヒーマシンはなくなりましたが、ウチはハンドドリップ追求し続けているのでおいしいコーヒーは引き続き出せます。

 

ラテとかカプチーノとか、こったメニューは一緒にやっていたメンバー達のゲストハウスでもしかしたら飲める日が来るのかもしれません。

なので、味とかメニューとかのことに関する問い合わせは、そちらへお願いします。

 

まとめ

ということで、たった一年ちょっとの期間でしたが、ご愛顧いただいた皆様本当にありがとうございました。

ビジネスって本当楽しいけど、楽なことではないですね。

 

小さなコーヒー屋台で学んだこと(スキルや知識)は、BASECAMP SIEMREAPで惜しみなく発揮していきますので、引き続きよろしくお願いします。

カンボジアのコーヒー屋台で学んだ暑い国での冷たい飲み物のおいしい作り方

先日も少し記事にの中で触れましたが、カンボジアはものすごく暑い国なのですぐに冷たい飲み物が飲みたくなるのですが、その暑さ故に冷たい飲み物を提供するって実は簡単ではないです。   実際にカフェ …

続きを見る

 

今日もぼくはカンボジア・シェムリアップで元気にいきています。

 

遊びに来てね。

スカイスキャナーの航空券比較でシェムリアップ行きのチケットを調べてみる。

>>>スカイスキャナー

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-Felice Coffee

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.