ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

ITEMS

バックパッカーに延長コードは必要です!おすすめはUSB充電できて3m以上

投稿日:2018年8月6日 更新日:

『バックパッカーに延長コードは必要ですか?』

『世界一周や海外旅行に持って行った方がいいですか?』

こういった質問や疑問にお答えしています。

 

この記事を読むとわかること

  • バックパッカーが延長コードを持っていた方がいい理由(3つ)
  • バックパッカーや海外旅行者におすすめの延長コード

 

この記事を書いているぼくは、2013年から日本と海外を行ったり来たりして生活しています。

持ち物は全てリュック二個に収まるほどコンパクトなのですが、その中でも重要なアイテムの一つが延長コードでして、この記事では移動生活を繰り返すことで感じる延長コードの重要性についてまとめています。





バックパッカーが延長コードを持っていた方がいい理由(3つあります)

結論から言うと延長コードは必須です。

その理由は以下の三点。

  1. コンセントはあるのに人数が多すぎる場合
  2. コンセントはあるのに遠い場合
  3. コンセントはあるのになぜそこ?の場合

 

コンセントはあるのに人数が多すぎる場合

共有スペースやカフェでパソコンを利用する場合など、コンセントの数と使いたいユーザーの数があっていない場合があります。

そのような場合には、あなたが延長コード(特に複数口で使えるもの)をサッと取り出すだけで、ヒーローになれます。

 

また、安宿のドミトリーでは各ベッドにコンセントが設置されておらず、二段ベッドの上に当たると使えないなんてこともよくあります。

 

コンセントはあるのに遠い場合

共有スペースやカフェだけでなく、ホテルなどの部屋でコンセントが遠い場合があります。

例えば、枕元でスマホを充電しながら寝たいのに、コンセントは足元にある、ベッドから離れた場所にしかない、なんてことも考えられます。

 

コンセントはあるのになぜそこ?の場合

「なぜここに設置した?」と思わず一人でツッコミを入れたくなるようなホテルも少なくありません。

自分の目線と同じ高さのところにコンセントがあったり、ホテルの部屋にすでに設置されているテレビと冷蔵庫の電源に使われていて、

 

バックパッカーや海外旅行者におすすめの延長コード

これから延長コードを購入するのなら以下の点に注意するといいです。

  1. 複数口あるもの
  2. USB充電ができるもの
  3. 最短でも3m程度

 

複数口あるもの

せっかく延長するわけなので、一度に複数の電子機器類が充電できるような形状のものを選びましょう。

特に、バックパッカーしながらお金も稼ぎたい人には電子機器類の充電は命です。

 

USB充電ができるもの

またアダプタが大きくてかさばるものを使っている場合には、USB充電が複数口で使えると便利ですね。

ぼくはアダプタが2箇所、USB充電が3箇所できるタイプを使っています。

これさえあれば、コンセント差込口が1箇所使えるだけで一度に5台以上の充電が可能になります。

 

3m以上あるもの

ぼくは現在2mのものを持っているのですが、普段何か短くて不便を感じるか?と言われたらないのですが、でもそれはドミ生活をしていないから。

もし、ドミトリー生活を中心に考えているなら、コンセントが二階にはない場合を考えて3m以上あると、安心して各電子機器類を充電できます。

 

まとめ

海外旅行の際に延長コードを持つべき理由をまとめました。

意外と反応があるのが「延長コード?それいる?」って意見ですが、特に旅行先が海外であって、電子機器を複数持っているか、複数人のグループ旅行ならなおさら必要になります。

 

もちろんバックパッカーの一人旅でも、あらゆるシーンで電子機器類の使用・充電に苦しむこともあるので延長コードは持っておくべき必須アイテムだと断言できます。

これから旅に出ようと思っている人や、電子機器類をがっつり持っている人は旅アイテムの候補に加えてみてはいかがでしょうか?

 

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-ITEMS

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.