元高校教師がカンボジアに小学校建ててライターとカフェやってます

これさえあればどこでもオフィス【デジタルノマドの最低限の持ち物】

「ノマドワーカーとして働くには最低限何が必要ですか?」

「おすすめのアイテムやサービスを知りたい」

このような疑問や要望にお答えします。

 

[st-kaiwa1]最低限これだけあればどこにでもオフィスにできます![/st-kaiwa1]

 

時間や場所にとらわれず自由に働きたい。

そんなライフワークスタイルを実現するために、これだけは用意したほうがいいアイテムをまとめました。

 

今回の記事は本当に「最低限」にまとめていますので、「移動」までを含めたデジタルノマドに必要なアイテムはこちらをご覧ください。

[st-card id=7239]

デジタルノマドがどこでもオフィス化するための最低限のアイテムやサービス

デジタルノマドとして働くなら最低限これがあればOK。

  • SIMフリースマホ
  • パソコン
  • HDD
  • ポケットWi-Fi
  • 各種充電器

 

1.SIMフリースマホ

まず絶対的に必要になるスマホ。

世界各国を移動しながら仕事をしたい人はもちろん、日本国内でも固定費を抑えたい人はSIMフリースマホを持つべきです。

 

SIMフリースマホがあれば世界各国のSIMを使えるし、国内にいるときは楽天モバイルなどの格安SIMを使って固定費を抑えながら、ネットが活用できる状態を維持できます。

 

2.パソコン

_ysk7447

ノマドワーカーの代名詞MacBook。

コンパクトで軽量モデルを選ぶことで、移動も楽になります。

 

いくら仕事道具とは言え、決して安い買い物ではないので、ケースも耐久性のあるものを選びたいですね。

_ysk7450

 

3.HDD

_ysk7445

画像や動画を多く扱う人は、パソコン本体の容量を埋めてしまわないようにポータブルHDDが必要です。

4.ポケットWi-Fi

日本はまだまだWi-Fi難民になるので、ポケットWi-Fiが必要ですね。

日本国内での移動が多い人はBroadWiMAX、海外に行く時間も多い人は民泊Wi-Fi(SPACE Wi-Fi)がおすすめです。

 

BroadWiMAXは何と言っても業界最安値(2,726円/月)なのが嬉しいですね。通常2年目以降から値上がりする業者も多いですが、BroadWiMAXは2年過ぎても料金そのままなので、長く使いたいユーザーにおすすめです。

民泊Wi-Fi(SPACE Wi-Fi)は契約の際の事務手数料も2年縛りもないので、突然海外移住が決まったり急に帰国した場合でも気軽に利用できます。もちろん通信制限なし。

 

5.各種充電器

作業は時に長期戦になることもあるので、所有している電子機器の充電器は確保しておきましょう。

なんだかんだで絶対純正品、もしくは認証品を買った方が長持ちします。

 

まとめ

こんな感じで、これさえ持ち歩いていれば、どこにいてもそこがオフィスになってしまうデジタルノマドワーカーの最低限の持ち物をまとめました。

 

この記事を、今日は滞在している大阪のホテルの一室で書いています。(Wi-Fiありません…ポケットWi-Fi持っててよかった)

昨年末くらいから、こうしてホテルで一人仕事する時間がいいなとも感じるようになりました。

 

物や騒音のないシンプルな空間の中でのアイディア出しや執筆は驚くほど集中できます。孤独ですが。

仕事も生活も「これさえあれば!」と自分で思えるものだけ持って、いつもとちょっと違う場所へ足を伸ばしてみましょう。

 

それだけできっと、いつもと違う発見があります。

それが旅になります。例え隣の駅だったとしても。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。