格安SIMのLINEモバイルを契約したら料金安いし通信速度速いしよかった

海外に住むようになってから日本の携帯電話番号いらないかなって思ってOCN モバイル ONE解約したけどやっぱり必要でLINEモバイルの音声通話SIMを契約しました。

LINEモバイルにした理由

  • 評判良かった
  • 安い
  • テザリングできる
  • マイル貯まる
  • 契約のサイトわかりやすい

という理由のもとにLINEモバイルを契約。

評判がいい

LINEモバイル、いろいろなサイトでも高評価レビューされてたしTwitterとかで調べても通信速度が早いって言われてていいかもって思いました。

安い

データ通信3G+SMS+音声通話付きで月額1,690円です。使わなかったデータ通信量は翌月末まで繰り越せてお得。

テザリングできる

ちょっとパソコンでカタカタしたいなーでもネット環境ないなーって時に便利。3GBでテザリングって気づいたらデータ残量なくなっていそうで不安でしたが、LINEアプリでLINEモバイルと友達になると簡単に教えてくれてわかりやすい。

LINEモバイルのデータ残量確認画面

マイルたまる

マイルが貯まるっていうか直接は貯まりません。LINEポイントを東京メトロポイントに変えると東京メトロポイントをANAマイルに変えられる鉄板ルート。東京メトロポイントとANAマイルの相性の良さは抜群なので取りこぼしなく着実に貯めておきたい。

LINEモバイルを契約しよう

Amazonにはスターターキットを買うと初回契約時にだいたいものも必要になる事務手数料3,000円がお得になります。絶対買おう。

ちなみに近所の家電量販店でも売っていたのですがレジへ持ってくと「あーこれ今品切れですね」っていう「じゃー入荷するまで置いておかんでください」っていう気持ちになることが数件あったのでAmazonで探そう。

ネットで契約

スタータキットが届くとエントリーコードが記載されているのでLINEモバイルのサイトで入力すると事務手数料が無料になります。

サイト自体は非常にみやすく使いやすいので契約もスムーズ。

SIMカード到着

LINEモバイルのSIMカード

で、ちゃんと登録ができると数日後にSIMカードが届きます。iPhoneの場合はnanoSIMカード。通信速度の評判が特によかったソフトバンクにしました。他にもdocomoやauも選べます。

届いたSIMをスマホに入れたらすぐ使えるわけではないので以下の設定が必要になります。

  1. 利用開始手続き
  2. APN

開通手続きはLINEモバイルのWebサイト上で行うか、LINEモバイルのカスタマーセンター(0120-889-279)に電話をします。利用開始には2時間程度かかりますが17時以降の手続きは翌日にまわされる可能性もあります。

APN設定はWi-Fi環境下で以下のサイトに進み、インストールをクリックするだけです。簡単。

まとめ

ということでLINEモバイルユーザーとなり晴れて日本の電話番号もGETしました。一週間程度使ってみて不具合やトラブルはもちろんないし、通信速度もサクサクで最高です。

せっかく新規契約するし、契約後1年未満の解約には違約金かかるってことで絶対に後悔したくなかった今回のSIM選び。いろいろ調べてみた結果どこのサイトでも「なんだかんだLINEモバイルが一番」ってことだったので、そんなにこだわりなくて「格安SIMに変更したいけどおすすめわからん」「結局格安SIMはどうしたらいいの」ってレベルの人はLINEモバイルを契約しておけば間違い無いと思います。