Transcend(トランセンド)の耐衝撃外付けHDD4TBを買った

これまで2TBのHDDをデータ保管用に使っていましたが使用容量が1.9GBを超えて動画や写真を保管できなくなりました。データは命だしなんやかんや今のHDDも4年目とかなので大切なデータ類を失う前に対処しましょう。

最近はスマホ一台で作業することを重視しているのですが、まだまだパソコンを持ち歩いて旅先で作業することも多そうなので、かねてより狙っておりました耐衝撃のHDDに手を出しました。Transcend(トランセンド)の4TBのやつです。今までの倍容量。すごい。

カラーバリエーションは青と紫の二種類。容量下げると軍物みたいなミリタリー色のやつもあります。4GBでミリタリーだったらそっち買っただろうけど、今回は容量アップが目的なので青にしました。

外付けHDD買ってからやったこと

  • ディスクユーティリティで消去
  • Mac OS拡張(ジャーナリング)にフォーマット
  • 旧HDDからのんびり移行

新しいHDDなので一度フォーマットしてからデータ移行をしました。基本は全部必要なデータしか保管していませんがこの際なのでデータの断捨離をしながらのんびり移行しました。

その結果、

  • やっぱり無駄なファイルがあったり
  • なんでこのデータがここに?ってのがあったり
  • あちこちにファイルが重複したり

していました。これでスッキリ。

今後の課題はHDD内でファイルの迷子や重複を出さないこと。誰かおすすめのフォルダ分別方法あれば教えてください。

まとめ

ということで、外付けHDDの容量をアップさせて衝撃にも備えました。データを守りながらも外でもガンガン使える攻めのHDD。ただやっぱりずっしりと重たいのでここはデータの終着駅にして普段は頻繁に使うデータをまとめたMicroSDカード差し込んだ方が機動力は高まりそう。上手に使い分けていこうと思います。

ターミネータ10+データ抹消を使って不要なパソコンのデータを削除した

SundiskのMicroSD

パソコン作業は大容量MicroSDカードを買って機動力ぶち上げていこう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。