YouTube再開しました>>>

TrancsendのJet Drive Lite 130を買ってMacBook Airのストレージを拡張した

MacBookのストレージ容量

MacBookっていつの間にかこうなりませんか?なりますよね?なので今までは大容量のSDカードを差し込んで使っていました。

こうすることで、外付けHDD持ち歩くのは怠いけどある程度のデータ量は必要な時に便利だし身軽に持ち出せるのです。

SundiskのMicroSD

パソコン作業は大容量MicroSDカードを買って機動力ぶち上げていこう

しかし一般的なSDカードはMacBookに差し込むとはみ出ます。はみ出てて悪いわけじゃないけど、すっきりはしていません。そこでこれ。

TrancsendのJet Drive

TrancsendのJet Driveというものを買えば、スッキリとした見た目と軽量なのにストレージを大容量に拡張することができます。

TrancsendのJet Drive Lite 130を買った

TrancsendのJet Drive Liteの箱

ということで買いました。MacBook Airのストレージを256GB拡張します。

Jet Driveの内容物

内容物です。本体と説明書と関連商品の案内が入っています。

今回はMacBook Air用の256GBのもので大体6,000円弱。最新のMacBook Airは購入時に256GB増やそうとすると20,000円かかるのでお得と言えます。

TramcsendのJet Drive Lite 130の使い方

MacBook AirのSDカードスロットル

こちらが今回の標的、SDカードスロットルです。

使い方はとても簡単。MacBook AirのSDカードスロットルに差し込むだけ。

Jet Driveを差し込んでいる様子

こうやって…

Jet Driveを差し込んだ様子

こうだ!!!

なんとスッキリした見た目なのでしょう。刺さっていることを忘れるくらいのフィット感です。

むしろ抜くのが大変なくらい。

Jet Driveのフォーマット

初めて使う時はShift + ⌘ + Uでディスクユーティリティを立ち上げてJet Driveをフォーマットします。ぼくはMacBook Airでしか使わないので「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選択。

これによってMacBook Air本体のストレージ容量に加えて256GBの容量が確保されました。おめでとうございます。

SDカードスロットル内蔵型のMacBook Air/Proを使っている人で、まだまだ買い替えの予定がない人でストレージの圧迫具合が気になる人や毎回外付けHDD持ち歩くことが煩わしい人にはぴったり。

ただし、MacBookの購入時期によってSDカードスロットルの深さに違いがあるのでご自身のシリーズをご確認の上でご購入ください。

Transcendの耐衝撃ポータブルHDD

Transcend(トランセンド)の耐衝撃外付けHDD4TBを買った

SDカード

MacBook AirでSDカードが読み込めなくなった時に試した4つのこと