ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

親に反対ばかりされるのは自分の覚悟が足りないから

投稿日:

『親が自分のやりたいことを尊重してくれない』

『やりたいことを言っても反対ばかりされる』

『親の言う通りばかり生きたくない』

と悩んでいる学生に向けて書いています。

 

元高校教師だからなのか、こう言った相談事は結構多めにもらいます、北川勇介(@yusukeworld_)です。

 

結論から言うと、親に反対ばかりされるのは自分の覚悟が足りないからです。

逆に言うと親ごとき言いくるめられないようなら、その先で訪れる壁を超えられるはずがありません。

なぜなら、親こそ最大の壁でありつつ、最高の味方でもあるからです。

 

自分の子どものことを思って反対している、いわば「愛のある否定」すら覆せないようでは、世の中で誰もあなたのプレゼンを聞いてくれません。

世の中はそこまで優しくないのも事実の一つだからです。

 





反対ばかりしてくる親には最大の覚悟をぶつけろ

「私は本気です!」「覚悟決めています」なんて言葉は、一万回言ったところでどうでもいいことです。

そんなの誰でも言えるから。

 

大切なのは、行動です。

行動こそ一番届かせやすいメッセージでもあるから。

そして、行動こそが周囲を変える最も簡単でわかりやすい手段でもあるからです。

 

そしてその行動は、できるだけ即行動がいいです。

「鉄は熱いうちに打て」と言いますが、熱意や行動も冷める前に動くべきです。

 

反対ばかりする親の不満を言う前に知恵を絞れ

例えば「学費の面で進学を反対」と言われた友人がいるのですが、その彼はすぐに奨学金について調べました。

 

親が学費を払ってくれないのなら、有利子で10万円、無利子で6万円の奨学金を二つ借りることができれば進学できると考えたのです。

結果としてぼくの友人は、有利子の10万円の奨学金で年間120万円までの学費を工面し、無利子の6万円で住める家を探し、足りない部分はアルバイトで賄うという生活をしていました。

 

私立大学の学費を自分で支払い、一人暮らしをして、勉強も部活もアルバイトもする。

それだけ、彼がその学校に通いたい情熱は本気だったのです。

 

ぼくは、これが本当の覚悟だと思っていて「〇〇だから反対だと親に言われました」程度で諦める夢は、本気の夢ではないと思っています。

 

就活が終わったら、社会人になったら、30歳になるまでには、と思うことは今やったらいいです。

学生ではなく社会人になってからできることは、社会人になってからやればいかもしれません。

でも、学生でもできることは学生のうちにやった方がいいです。

 

「学生のうちに」と言うより、いくつになっても今できることを今やらない癖が身につくと、結果何事も先延ばしにして、できない理由を人や環境のせいにしてしまいがちだからです。

 

反対をしてくる親への覚悟があるなら今やれよ

「今は学生でアルバイト代しか使えないのでお金がありませんが、社会人になったら副業もして自由に生活したいです」

と言っている子がいました。

 

その副業、今やれば?

と答えると

「今は今でやることあって忙しいので」

と言います。

 

ってことはきっと、社会人になっても本業が忙しくて時間ないって言うよ。

今できないことが、社会人になったらできると思いますか?

 

中学生卒業時期に「高校生になったら…!」

高校卒業時に「大学生になったら…!」

で、ステージが変われば自分を変えることができましたか?

 

まとめ

家庭環境や状況は人さまざまだ、という前提を踏まえた上で、上っ面の覚悟で親が応援してくれないと嘆く人がいます。

本当に応援してもらえないなら、一円も支払ってもらわずやればいい。

それだけです。

 

一方で、少しでも子どもにお金を使いたいのに使えない親もいるし、もっと親に甘えたいのに甘えられない運命の人だっています。

反対されることも含めて、親に甘えられる環境がいかに恵まれているか?は考えた方がいいです。

 

そのような環境にいながら親のせいにして行動できない人は、都合が悪くなるとまた何かのせいにして逃げるから。

 

今、ぼくの周りには、自分が生きていくこと、家族を食わせていくこと、やりたいことをやるための我慢の時期でシビアな生活をしている人たちがたくさんいます。

ぼくと彼らの状況は違うけど、彼らの目つきを見ていると自分の本気がいかにぬるいか?に気付かされます。

 

本気なんて別に誰かと比べるものでもないかもしれませんが、自分以外に大切なものがある人たちの本気は強いです。

親の反対に甘えてながら踏み込めないそれは、本気ではなくただのエゴではないですか?

 

動きましょう。

 

行動だけが自分を変えてくれます。

そして、行動こそ周囲に伝わるシンプルなメッセージでもあるのです。

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-LIFESTYLE

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.