ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

【カンボジア】物価が安いと言われる国で暮らすことと働くこと

投稿日:

カンボジアで働いていて感じる不思議は1ドルの差。

他より1ドル高いだけでぼったくりくらいに言われたりもする。
一方で1ドル値引きしても、たった1ドル?的な感じがある。

変な感覚の消費者多いと思う。

 

こんにちは、北川勇介(@yusukeworld_)です。

現在、カンボジアのシェムリアップという街でカレーとコーヒーとチーズケーキのお店(@basecamp_sr)やってます。

カンボジアに来るようになってから6年目くらい。

 





カンボジアは何でもかんでも物価が安い国ではありません

ご来店いただいたお客さんにはよく聞かれることでもあるのが

「なんでカンボジアに住んでいるんですか?」

「なんでカンボジアで仕事しようと思ったんですか?」

というもの。

 

そう言った話をしていくと必ず、「カンボジアで実際に生活してみてどうですか?」という話に行き着きます。

 

カンボジアは物価が安い国と思われがちです。

確かに、屋台で食べるご飯は$1〜$2くらいだし、ビールは$0.5で飲めるし、ゲストハウスのドミトリーとか$5で泊まれたりもします。

ですが、それは一部の事実であって、何でもかんでも安い国ではありません。

 

例えば、観光地として有名なオールドマーケット。

そこでは、旅行客が「値切り」ながら、時には「高すぎだろ!ぼったくり!」と言いながら、買い物をしています。

 

では、そこでお店を出そうとしたら、家賃はいくらくらいでしょうか?

「カンボジアなんだから土地も家賃も安いんでしょ?」

は、大きな間違いです。

 

都内で物件借りるのと同じだと思った方がいいです。

 

物価が安い国で働くことと暮らすことのすれ違い

旅行などで訪れて、その国が好きになって、後々住み着いて、ということも聞きます。

ですが、そこで暮らすとなった時に突きつけられるのは、「物価が安いと言われる国での生活は意外と安くない」という現実です。

 

物価が安いというイメージを持つことは自由ですが、そのようなイメージを持たれている国でビジネスをして、自分で食って行く、というのは想像以上に簡単ではないですよ。

だって、固定費は決して安くないのに、求められるのは低価格だったりするのです。

 

我慢をしてまでできますか?

そういうと、「$100以下の家に暮らして、1日の食費を500円以内に抑えればすごく安く済ませられますよ?」と言い出す変な人がいます。

そりゃそうかもしれないですが、そんな生活望みますか?

 

$1の屋台のご飯が食べたくなる時もあるけど、毎日それしか食べられないって精神衛生上、とてもよくないと思います。

食べたいか、それしか食べられないか、では現状が全然違います。

 

本当は食べたいもの(やりたいこと)がある、だけど我慢!

そこまでして、物価が安いと言われる国で生活したい理由はなんでしょうか?

 

価格を抑える代わりに質も抑えたらいいか?

一食の予算が$1〜$3程度の人には、うちの店は高いと言われます。

一番安いランチメニューでも$6なので、価格差だけ見たら確かに高いです。

 

ですが、使っているものややっていることが違うので、同じ価格で全てのお店が揃えるなんて不可能です。

ウチは海外から運んできた出来合いのものもないし、 お湯に入れるだけ、何かと和えるだけ、みたいな簡単にできるものはありません。

 

そして、コストを抑えるためなら何でもやる店ではないです。

なぜなら、自分たちが口に入れたくないものは使いたくないので。

売れりゃ何でも売る店ではありません。

 

そうなると自然とコストはかかります。

流行りそうなもの、求められていそうなものを売る。

ビジネスとしては確かに大事かもしれません。

 

砂漠で水を売る、ではありませんが、本当に求められている場所では何だって売れると思います。

でも、やるならハイクオリティの物を提供したいし、値段と質がマッチしているサービスにお金を払いたいです。

 

安いからいいだろ。

海外だから仕方がない。

海外で日本クオリティは出せない。

 

と言うのなら、やるべきではないと思います。

場所が変われば質も変わる、ではなく、日々の中で質が進化していくことが大切なのだとぼくは思います。

自分がどんなサービスを求めているか?が自分の出すサービスであると、ぼくは信じています。

 

まとめ

最近、「カンボジアでお店をやりたい」という話をしにきたお客さんたちと話した内容をまとめました。

やる前に知っておいた方がいい事実なので、ぼくらが実際にやってみたことは積極的にシェアします。

 

繰り返しになりますが、ぼくらは見た目の値段が安ければいいかって思いはありません。

「$1ならいいか」っていう価格で妥協できること自体が、貧しい発想だからです。

値段の差には必ず理由があります。

 

賞味期限が切れたもの、ギリギリのもの、傷みかけの食材、〇〇の素みたいな化学調味料などを安く仕入れていれば、安く出せるかもしれませんが、その時点で飲食店としての意地も誇りも手放すのだと思います。

自分の味くらい、自分の手で出せなかったら。

 

ぼくらは自分たちが好きなこの街で、好きなものだけを詰め込んだ空間を作って、人が集まってきやすい空間を作っています。

自分たちが愛せるもの、自分たちの手で作ったものにこだわって、そこに集まってきた人たちを大切にできるように。

 

カンボジアは月いくらあれば暮らせる?在住者が答えます

『東南アジア諸国だと生活コストを抑えられるらしい』 『カンボジアで暮らすための生活費っていくらですか?』 このような疑問や悩みにお答えします。   最近、「東南アジアに住むと生活コストを抑え …

続きを見る

「思うようにいかない」と嘆く前にカンボジアで働くスキルがあるか?

こんにちは、北川勇介(@yusukeworld_)です。 こんなツイートをしました。 カンボジアで働いていると、思うようにいかない時に「まぁ相手はカンボジア人だから」「カンボジアあるある」で片付けてし …

続きを見る

「カンボジアでボランティアしたい」って言うけど本当にボランティアしているのは誰?

大学生の春休みということもあってでしょうか?   今滞在しているゲストハウスにも、カンボジアでボランティア(?)活動をする学生団体を多く見るような気がします。   学生時代に海外に …

続きを見る

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-LIFESTYLE

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.