ストライクゾーン|北川勇介オフィシャルブログ

自分の好きの中で生きる、自分の好きを発信する

北川勇介をフォローする

カンボジア

「思うようにいかない」と嘆く前にカンボジアで働くスキルがあるか?

投稿日:

こんにちは、北川勇介(@yusukeworld_)です。

こんなツイートをしました。

カンボジアに限らずですが、海外にいると日本とは異なる文化の中で生活するわけなので「おいおい、マジか。」って感じることが日中いくつもあります。

でも、これってカンボジアの国柄やカンボジア人のせいにしていないか? とも感じるのです。

 

で、そう言った時に「言葉の壁」を理由にすると、外国語が話せないと海外で働けないとなってしまうので、それも違う。

ただ、英語はともかくとして、クメール語が話せなくても本当にカンボジアで働ける?という問いに対してのぼくの答えは「働けない」でして。

今日はその辺の話をしておこうと思います。

 

この記事を読むとわかること

・カンボジアで働いてうまくいかないのは誰のせい?
・クメール語が話せないとカンボジアで働けないって本当?
・学びを取り入れることに年齢は関係ない





カンボジアで働いて思うようにいかないのは誰のせい?

間違いなく自分のせいでしょう。

 

カンボジア人相手だから、カンボジアあるあるで片付けるなら、別にそれを言い訳にしない場所でやれば良いだけなので。

それも見越して動く必要があります。

 

物価に関してもそうです。

「カンボジアは物価も安いし誰でもビジネスできる」というのは幻想ですし、逆に、「カンボジアは物価が安くて大変。日本ならもっと稼げる。」というのも同じく幻想です。

 

そもそもうまくいかないことを、他人や環境のせいにしているうちは、自分の思うようになんてできるはずがないですよね。

だって、それは他人や環境に身を委ねて生活しているわけなので、自分のことだけ自分が思うようになってほしいなんて、そんな都合のいい話あるかよって思いませんか?

 

カンボジアで働くって決めたのは、ぼくの意志です。

別にカンボジアの誰かに頼まれてここで働いているわけではないので、自分からカンボジアに歩み寄っていく必要があると思うんですね。

 

その「歩み寄り」のために必要なツールの一つが言語です。

 

クメール語が話せないとカンボジアで働けないって本当?

冒頭でも書きましたが、クメール語が話せないとカンボジアでは働けないか?という質問に関しての、ぼくなりの回答は「働けない」なのですが、話せるようになるまで待っていたら人は死ぬし、言語の習得は現地へ来るのが一番手っ取り早いです。

 

なので、少し補足をすると

「クメール語を話せなくても働くことはできるかもしれないけど、いつまでも話せないままでいいとは思わない」というのが正式な回答です。

 

英語が母国語でない者同士が不完全な英語でやりとりをして、日常に差し支えがなかったとしても、それが一緒に働いたり暮らしたりする上で本当のコミュニケーションだと呼べるでしょうか?

少なくともぼくは、そう思えません。

 

同時に「日本語が話せるカンボジア人がスタッフにほしい」ってのも同じことが言えて、話せる人がいてもいいのだけど、相手の語学力に甘んじているだけではお互いのリスペクトはあるのでしょうか?

 

必要なのは、こちらからも学ぼうとする気持ちではないかなと思うのです。

だから「話せなくても何とかなる」ってのも、幻想なのです。

 

学びを取り入れることに年齢は関係ない

こういう話をすると決まって

「若いっていいよね」

「俺はもう歳だからさ」

「私がもう10年若かったらな」

「自分には向いていない、無理」

という変な人たちが現れます。

 

ぶっちゃけ、学びを取り入れることに早いも遅いもないし、そういう言い訳をして何もしないおじさんおばさんが大嫌いです。

年齢とか才能を言い訳にして逃げる人は、一生逃げていればいいです。

 

別にテストで百点取れって話ではないのだから、昨日わからなかったことが今日はわかるといった具合に知識や経験を積み上げていけばいいのでは?と思うのですが、それすらしない人には必ず打ち止めが来ると思っています。

 

自分が部下だったらどんな上司についていきたいですか?

「日本語なんて話せなくても大丈夫」って言っている外国人上司の下で、外国の文化ゴリ押しされた環境下で、働きたいと思いますか?

ぼくはどれだけ多くの給料もらえても嫌です、そんな環境。

 

スタッフがすぐ辞めちゃう、言っても変わらない、ちっとも仕事を覚えない。

それって上司の姿を写しているだけだと思うのです。

 

日本語覚えもしようとしない上司に、仕事覚えろって言われてもバカかって気持ちです。ぼくなら。

 

まとめ

今回の記事をまとめます。

  • 思うようにいかないのは全部自分のせい
  • クメール語が話せなくてもカンボジアで働けます
  • でも、ずっとは無理です
  • 学びを取り入れるのに年齢は関係ありません

 

ぼく自身まだまだカンボジアで働くスキルが足りないなって感じているので、環境に甘えず自戒の念を込めて記事にしました。

1日1単語覚えるだけで、1ヶ月後には使える単語が30も違うわけですから。

 

本当にやりたいことやるために、甘っちょろいことしてられないなって感じです。

実際にどのくらい話せるか?というよりも、本当に必要なスキルは生涯にわたって学び続ける意志を持って行動する力なのだということです。

 

クメール語勉強のために使っているテキスト

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



-カンボジア

Copyright© ストライクゾーン|北川勇介オフィシャルブログ , 2018 AllRights Reserved.