ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




FREELANCE

レバテックフリーランスのサイトで働き方が特集されたから見てね

投稿日:

ぼくの書いた働き方の記事が、フリーランス向けの求人サイト「レバテックフリーランス」のサイトで掲載されました。

仕事した感じです。読んでね。





レバテックフリーランスに特集された記事

掲載されたのは以下の記事で、『やる気がでないフリーランスに読んでほしい!モチベーションを上げるための参考記事特集』というページの、しかもトップに載せてもらっています。

 

▼掲載された記事はこちら

 

要は自分に甘いくせに、自宅という最高にダラダラできる環境下で、ダラダラしないための働き方のコツみたいなもの。

 

「だったらカフェに行けや」

 

という話は受け付けていなくて。

 

テンションは下がるものだから、高ければいいものでもないし、下がったらダメってことでもない。

ただ、下がるという事実を自覚して、そんな自分と向き合っていこうよ。という話。

 

ただ、下がりっぱなしも良くないのでそのままにしないで、上げていく方法ヒントみたいなものを、自分に甘すぎる自分自身の経験に基づいて書いています。

 

自分の書いた記事が誰かに読まれたり特集されることは嬉しい

以前も、このブログ内で書き続けている“モノ”のレビューが、外部の方の目に触れて、そこから仕事が広がります。

 

ANA STOREさんの特集なんて二回も呼んでもらっちゃって、光栄です。

 

例え、仕事自体は単発だとしても、嬉しいことです。

自分が書いたものが誰かに読まれるって。

 

ぼくはこれからも「自分の好きなことの中(ストライクゾーン)」で生きて、それを発信していきます。

その発信が誰かを元気にしたり、クスッとさせたり、迷っている背中を押せる言葉になりましたら幸いです。

 

レバテックフリーランスとは?

ここでちょっとPR。

今回記事を特集してくれたレバテックフリーランスとは?

 

レバテックフリーランスは、フリーランスのエンジニア・デザイナーに向けた、案件情報を提供するサービスです。

引用元;公式HP

 

仕事を受注したいフリーランスと、仕事を依頼したい企業を繋いでくれます。

仕事を依頼したい企業と直接取引をしているため、受注できる案件は高額なものが多いです。

 

専門的知識を持ったコーディネーターが万全のサポート体制で支えてくれるので、登録したてで慣れない時も安心して相談ができます。

非公開求人を含めて1,100件の案件から選べて、マッチング率も高いです。

 

仕事を受注したいフリーランサーも含めて、独立を考えている人や情報を集めたい人は無料登録をしておくべきですね。

平均年収862万円、78,000人以上から選ばれていて、満足の92.6%のフリーランス専門エージェントをぜひ活用してみてください。

 

まとめ

「文章を書くことが好き」

それだけで続けてきたブログですが、知らず知らずのうちに誰かに何かを与えられるようになりました。

 

全然読まれもしなかった時は「ブログ書いてるの?ww」って言われたりもしたのに。

読まれるようになると一定数わいてくる「今度ブログで紹介してよ〜」という、見返り満載感でサービスを受けるのは嫌いです。

 

でも、ぼくはぼくが「いいな」って思えるものは、惜しみなく書きます。

だからもし、「紹介してほしいいいもの」があるとか、「北川勇介や北川勇介の記事を特集したい」とかあったら教えてください。

 

問い合わせはきちんと返します。(時間かかる時あるけど)

力になれることはやります。(ギャラの話したら返事なくなるってことだけはやめてください。)

 

好きなものを好きだと言う。

ただ、それだけのことですが、ぼくはぼくの言葉と写真で発信を続けていきます。

 

んちゃ。

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-FREELANCE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.