ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




LIFESTYLE

【室内干しの悩みを解決】酸素系漂白剤を使用したら生乾きのイヤな匂いが抑えられる

投稿日:2016年5月12日 更新日:

ここ数日の雨も上がり、今日は気持ちよく晴れて洗濯日和。

 

どうも。洗濯物を洗って干すまでが大好き北川勇介(@yusukeworld_)です。

 

梅雨の時期とか、洗濯物を外に干せないのは痛いですよね。

 

室内干しだとスペース限られてくるし、生乾きの臭いイヤだし。

 

かといって、数日間も洗濯物を溜め込むのも個人的には好きじゃないから、毎日洗濯機は回したい。

 

そもそも、生乾きの匂いって防げないの?

 

そんな疑問を解決すべく、我が家は洗濯の仕方から見直してみました。





酸素系漂白剤を毎日ちょっとずつ使用することが今の所おすすめ!

我が家はもう1年以上酸素系漂白剤をしようしています。

 

多分大方の家が、漂白剤=塩素系だと思うのですが。(ちがったらごめんなさい)

 

酸素系漂白剤って何?って人のために簡単に引用しておきます。

塩素系漂白剤は、次亜塩素酸ナトリウムが主成分です。漂白力が強いので、染料まで脱色してしまうことがあり、色柄物には使用できません。また、強いアルカリ性なので、綿・麻・ポリエステル・アクリル素材のみに使えます。一方、酸素系漂白剤の成分は過酸化水素や過炭酸ナトリウムです。染料を脱色しないので、白物にはもちろん色柄物にも使用することができます。

引用:花王株式会社

 

我が家はこれを知ってから、外で干す時も、中で干す時も毎日ちょびっとずつ洗濯機に酸素系漂白剤を入れるようにしました。

 

室内干しで発生するあのいや〜な匂いは、洗剤カスや洗濯槽内部の汚れが付着して発生するらしい。

 

この酸素系漂白剤は、毎日ちょっとずつ衣類に残った洗剤カスや洗い残した皮脂汚れとかを除去してくれつつ、洗濯機の中まで綺麗にしちゃう一石二鳥アイテムなんです。

 

うちではこれ使っています。

 

ちなみに、初めて使うときはちょびっとじゃなくて一袋贅沢に行ったほうがいいですよ。

 

これまで溜まっていた、洗濯機内部の汚れがどわーって出てくるから!笑

 

詳しく知りたい人は、YouTubeとかで「酸素系漂白剤 洗濯機」とか入れたら動画もワンサカでて来るので、ご覧ください 。(グロいから注意して)

 

酸素系漂白剤の使用をおすすめします

酸素系漂白剤を1年以上使っている我が家は、最近も全く外で衣類を干せなかったのですが、嫌な匂いはほとんどしません。

 

当然室内干しに変わりはないので乾くのめっちゃ遅いし、部屋の中のスペース奪われるのはイヤですが、生乾きの匂いしなくなったのはかなり幸せ度数高めです。

 

洗濯機も毎日使いながら洗ってるって感じだなので、余計に気に入りました。

 

洗濯槽クリーナーみたいなの買うより、絶対にこっちの方がいいとぼくは思います。

 

好みもあると思いますが、是非一度試してみてください。

 

ただ、洗濯機の形状によっては使えない種類もあるらしいので、注意が必要です。

 

 

PS…

パソコンにビールこぼしました。

キーボード内部スッキリさせる裏技知りたいです。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.