ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




LIFESTYLE

すぐやる習慣を身につけることが、思い通りの結果につながっている

投稿日:2016年3月31日 更新日:

マザーテレサの名言「習慣に気をつけなさい、それはいつか・・・」

ぼくはマザーテレサを尊敬しているので、彼女の本をよく読むのですが、マザーテレサの名言の中でも一番心に残っているのが、以下の言葉です。

思考に気をつけなさい。

それはいつか言葉に変わるから。

言葉に気をつけなさい。

それはいつか行動に変わるから。

行動に気をつけなさい。

それはいつか習慣に変わるから。

習慣に気をつけなさい。

それはいつか性格に変わるから。

性格に気をつけなさい。

それはいつか運命に変わるから。
by マサーテレサ

 

すぐやる癖を身につける

ぼくは何か目の前にやるべきことが訪れた時には、すぐやるってことを心がけています。

 

時にそれは「勢い」とか「ノリ」とか「準備不足」という言葉で表される時もありますが・・・。

 

でも不思議なもので、上手くいってる時は「行動力」とか「実行力」とか、割となんか綺麗な言葉でまとめられたりします。

 

やらない理由を探すのは簡単です。

 

ですが、やる理由も同じくらい簡単に見つけられます。

 

ぼくの場合は、「後回しにした方が100倍めんどくさい。」と自分に言い聞かせています。

 

やりたいことがやれないストレス

例えば、こうやってブログを書いている時に何か頼まれごとをされると正直めんどくさいです。

(あんまりLINEとか開きたくない・・・笑)

 

「書いてからにしてよ」って思うこともありますし、ぼくも「書き終わってからにしようかな」って考えたりもします。

 

もちろん順序や優先順位は大事です。

 

ですが、基本的にはめんどくさいことから片付けた方がスッキリするのも確かです。

 

やらなくてはいけないことを終わらせた方が、やりたいことにもっと打ち込める

「明日までにやっといて!」って頼まれた仕事は、原則今日の内に終わらせた方がいいです。

今日終わらせてしまえば、明日はそのこと考えなくてもよくなるので。

 

今日も明日も「やらなくてはいけないこと」と「やりたいこと」を中途半端に考え続けるくらいなら、今日なるべく早く「やらなくてはいけないこと」を終わらせた方が、今日の残りの時間から明日はやりたいことをやる時間が確保できます。

 

それによって「やりたいこと」の質も上がります。

 

やっておいた方がいいことも早めに終わらせる

例えばトイレが汚れている。

例えば食べ終わった食器がまだ洗っていない。

例えば洗濯物が干しっぱなし。

 

そんな日常にある風景も後回しにするか、今やるかでだいぶ違います。

 

特に、例に挙げた食器や洗濯物は家族の構成人数によって異なりますが、たいして時間のかかることではないです。

それなのに、後回しにすればするほど気が重いし、めんどくさく感じるのはぼくだけでしょうか?

 

めんどくさいって気持ちと同時に「やらなくてもいい理由」を探し始めます。

自分の身の回りにある、大して重要ではないけど重要そうな自分がやりたいことを優先させようとします。

 

それが、ぼくの場合はブログです。

「すぐにアップしなくちゃ!」って記事は大してないのに、今すぐアップしなくてはいけないって言いながら、やりたくないことよりブログの優先順位がいかにも上かのように思い込み始めます。

 

いかにも大事そうなフリをして、今忙しいかのように振舞って、何となく理由をつけてやらない方法を探します。

こんな甘すぎる人間です。ぼく。

 

ですが、それって実はとんでもなくもったいないことです。

 

やるべきことを先延ばしにすると目標達成も先延ばしになる

ぼくはいつも4つのメモを持ち歩いています。

人生でやることリスト、今年のやることリスト、今月のやることリスト、今日のやることリストの4つです。

 

今日のやることリストが全部終わらないと、明日のリストにまた付け加えなくてはいけません。

 

一つ二つならまだしも、一度先延ばしした癖は徐々に体に染み付いて来ます。

 

今日できなかったことを翌日に持ち込むことで、翌日のやりたいことは明後日に、1週間後にとずれ込む可能性を孕んでいます。

 

こうして先延ばしにした小さな物事が、自分の目標達成をまた少し先延ばしにしているので、終わらせられることはなるべく早く終わらせるようにぼくは心がけています。

 

何からしたらいいかわからない人へ

やらなきゃいけないのはわかっているのに、何から進めていいかわからない。

そんな思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

「何からしたらいいかわからない」という状態は、脳内だけで考えすぎているので理解が難しいケースがほとんどです。

 

そんな場合にはメモを取るのがオススメです。

 

途中も書きましたが、ぼくが管理しているメモのうち一つは「今日のやることリスト」なので、毎日更新されます。

 

そのため、夜寝る前に、朝起きてから思い出したりした時に、今日のやることに加えていきます。

 

文字として、目に見える状態になっていれば、あとはそれを片付けて行くだけなので、その日のやることが毎日片付いて充実感に満たされますよ。

 

紙は本当何でもいいと思います。ぼくは使わない紙に何でも書いて、その日が終わる時に捨てるようにしています。

 

まとめ

 

いろいろ書いて来ましたが、ごちゃごちゃ考えすぎると、動けなくなることも増えるので、「とりあえずやってみる」というスタンスが一番いいと思います。

 

優先順位も何もかも置いておいてとりあえずできることからすぐ片付けてみると、自分なりの順位づけやスタイルができてきます。

 

「これが終わったら」とか「落ち着いたらまとめて」とかそんな言い訳置いておいて、今やることを今片付けてみましょう。

 

自分の心のめんどくさいに気が付いて、逃げずに目の前のことやってみる。

 

そうやって生きることがきっと丁寧に生きるってことなんだと思います。

 

すぐやる癖をつけておくことが、いざ本気になって何かやりたい時にすぐ動ける習慣をつくるとぼくは信じているので、簡単なことすらできないのに、難しいことすぐやろうなんて無理無理!って今日も自分に言い聞かせています。

 

(追記)

この記事書いた後に、この本が出ていたので立ち読みしてみました。

脳科学的にも、すぐやるのはいいみたいですね。

 

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.